サークル「VOICE LOVER」さんの同人音声作品(R-15指定)。

今回紹介する作品は、添い寝屋本舗で高い人気を誇る小悪魔っぽい小町が
常連客にあたる男性をちょっぴりエッチなサービスで癒します。

「耳舐めリラクゼーション」の名の通り耳舐めを多くやりながら癒すのが特徴で
R-15で出せる範囲のちゅぱ音をシーンによって小まめに変化させながら
バックで流れ続ける雨音や囁き声による優しい言葉を組み合わせて癒しの空間を作ります。
R-15の限界に挑戦
ささやき庵添い寝屋本舗の店員「萌菜」と「合歓(ねむ)」が個別にお世話するお話。

「い、いらっしゃいませ ささやき庵へようこそ」
合歓は明るくて可愛い声の女の子。
少し緊張した様子で主人公に挨拶すると
2種類ある服のうちどちらに着替えるか尋ねます。

本作品は添い寝屋本舗で最も長く続いてるシリーズの第7弾。
小町としての実力はもちろん、サービス精神も旺盛な彼女が
これまで何度も自分を指名してくれてる彼に80分程度の癒されるサービスをします。
毎回お話が独立してますから過去作未視聴でも特に問題はありません。

現在のささやき庵は着替えなどの準備を新人小町が担当してるらしく
今作でも冒頭の12分間は合歓が登場し、その後で萌菜にバトンタッチします。
もしかしたら合歓は今後レギュラー化する予定なのかもしれませんね。

「萌菜のメルティキスで こっちのお耳も溶かしてあげる」
萌菜のサービスについては耳舐めをかなり重視しており
総時間の56%にあたる46分を割いて左右を個別に、あるいは同時に責め続けます。
他にもバックで雨音を流す、耳舐めの前に清涼感のある音を鳴らすなど
会話よりも音を駆使して癒すASMR系の作りになってます。

サービス開始前に雑談をしますけど、その後は音の割合が一気に増えます。
特に耳舐めは作品の肝にあたるので力を入れてました。
R-15の範囲に収まる舐め方を心がけてますが多少のエロさもあります。
性的に興奮するよりも脳がとろける感覚がするんじゃないかなと。

一番最初のトラック0は合歓が活躍するシーン。
慣れない様子で挨拶してから彼の着替えを手伝い、さらに肩揉みで軽く癒します。

「はい では帯締めますね えっと こんな感じで…どうですか?」
彼女は1週間前に入店したばかりなので特別なことはまだできません。
ですが初めてのお客にあたる彼をもてなそうと細かな気配りを見せます。
肩揉みに関しては「ずしゅっ」みたいな布の擦れる音をリズミカルに鳴らしてました。
萌菜とは違った魅力を持つ初々しい女性に描かれてます。
量と深さにこだわった耳舐め
メインヒロインの萌菜が登場するのはトラック1から。
最初に5分程度の雑談をした後、右手に添い寝しまずは主人公を夢の世界へ導きます。
囁き声は添い寝開始からサービス終了までのおよそ60分間続きます。

「バレンタインデー お見えになりませんでしたね?」
彼女は彼がバレンタインデーに来店しなかったことを多少根に持っており
嫌味に感じない程度の文句を言ってから彼女らしいご褒美をあげます。
お客に対して思ってることをはっきり言うのも彼女の魅力ではないかなと。
小悪魔キャラだから彼を弄んでるのかもしれませんね。

最初のサービスにあたる「トラック2 夢入り」は癒しだけを見据えたもの(約11分)。
彼の耳元で囁きながら深呼吸と不思議な音で心身をリラックスさせます。

「辛いこと 嫌なこと 綺麗な雨粒が ぜーんぶ 洗い流してくれる とっても 気持ちいい」
ここで鳴る音はレインスティック、雨音、音叉。
レインスティックは炭酸が弾けるような音が左右にゆっくりスライドし
音叉は「きーん」という澄んだ音を長めの間隔で数回鳴らします。
この後の耳舐めも含めて本作品は水に関する音がいくつも出てきます。
清涼感を覚えるものばかりなので心が洗われる気分がするでしょう。

最大の魅力である耳舐めはトラック3~5。
右→左→両方の順にたっぷり舐めて耳をゾクゾクさせます。
また同時にバックで雨音が流れ続けます(無しも選択可)。

「まだだよ まだ もーっと奥まで 舐めてほしいよね?」
ここでのポイントは3段構えにしてること。
どのパートも耳の外側、内側や穴の入り口、さらに奥とシーンによって位置や舐め方を変えてきます。
基本的には後になるほど音が低く、鈍く、力強くなります。
軽い閉塞感もありますし聴覚と触覚の両方で楽しませてくれます。

またここはASMR色がさらに強くなります。
20~30秒ほど耳を舐め続け、軽くセリフを挟んでから再開するのを繰り返します。
舐めるペースがゆっくりなおかげで舌の細かな動きもわかりやすいです。
水分控えめなので露骨にエロいとは感じませんが、耳に振動がよく伝わってきてこそばゆいです。

この中だとやはり最後の両耳舐めが最も濃いです(約11分)。
パート開始時から声がふたつに増えて両耳を同時に舐め
片方がしゃべってる時はもう片方が舐め続けてちゅぱ音を途切れさせないようにします。
終盤には絶頂を促してるっぽいセリフも言うなど、R-15の範囲内で気持ちよくなれるようにリードします。

このように、癒しの音と耳舐めを組み合わせた心地いいサービスが繰り広げられてます。
癒し重視の耳舐め作品
現在流行ってるプレイをちょっぴりエッチな路線で行う作品です。

萌菜は久しぶりに来店した主人公に自分の魅力を改めてアピールしようと
まずは雑談や音を交えた安眠誘導で耳舐めに集中できる環境を整えます。
そして耳舐めは片方と両方を順にやり、さらに位置を少しずつ奥へ移して音と刺激を送ります。

小悪魔な性格を持つ小町が和やかな雰囲気で常連客をもてなすノーマル向けのシチュ
量が多く種類も多彩な耳舐め、これらの最中に鳴る水に関する音の数々。
どちらかと言えばセリフよりも音で癒すことを意識して作品を組み立ててます。

中でも耳舐めはサークルさんがこのところ特に力を入れてる要素なだけあって
R-15で表現できるギリギリのラインを突いて責め続けます。
水分は低めですが音がコリコリしてるおかげで十分な刺激があり
奥を舐める時は軽い圧迫感もあって実際に舐められてるのに近い感覚が味わえます。

「抜けていく 抜けていく 全身から力が 抜けていく」
あとは夢入りや耳舐め中に催眠暗示っぽいセリフをちょこちょこ言ってました。
これもR-15の範囲内で気持ちよくするための工夫なのでしょう。
萌菜の過去作と同じく攻めの姿勢が窺えます。

耳舐めやASMRが好きな人には特におすすめします。

CV:萌菜…ニャルぽむぽむさん 合歓…彩夢ひなさん
総時間 1:22:18

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2020年5月11日まで15%OFFの935円で販売されてます。

2020年4月30日追記
おまけ音声のひつじ数えが追加されました(14:10)。