サークル「桃色CODE」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、母性を感じる優しくて世話好きな店員が
道草屋を何度も利用してるお客に心のこもったサービスをします。

音とキャラの両方から癒すバランスの取れた作りが魅力で
「おまかせコース」の名の通りほとんどのことを彼女にやってもらい
それらの様子を何気ない会話と優しい音で忠実に表現します。
何でもしてくれる店員さんと
道草屋の店員たびらこが色んなサービスをするお話。

「旦那様 たびです まだ湯船のほうですか?」
たびらこは温かくて柔らかい声のお姉さん。
入浴中の主人公に声をかけてお世話の準備を始めてもいいか尋ねると
上がったところで浴衣を着てもらい改めて挨拶します。

本作品はまだ若いのにしっかり者で世話好きな彼女が
過去に何度も来店してる彼を150分近くに渡って癒したり気持ちよくします。
総時間が長いことを踏まえて入浴後、寝る前、翌日の朝と3つのシーンに分け
それぞれで違うことをやりながらリアルな音をたっぷり鳴らします。

例えば物語の開始直後、彼がお風呂に入ってるシーンではお湯の流れる音が鳴り
湯船から出て脱衣所に向かう時は水の揺れる音、水気を帯びた足音、体をタオルで拭く音
それから戸を開け閉めする音、浴衣に着替える音と本当に多種多様な音でその場の様子を表現します。
質感についてもレベルが高く、目を瞑って聴けば道草屋にいるような感覚が味わえます。

今作は春先のお話ということで環境音は全体的に控えめですが
効果音の量と種類が充実しててものすごく癒されます。
シーンごとにメインのサービスが変わりますからそれぞれを新鮮な気分で聴けるでしょう。

「今回は おまかせコースです」
彼女については文字通り何でもやってくれる気配り上手な女性です。
服を着たりうがいをするあたりは彼にやってもらいますが
顔を洗う、髪を乾かす、歯を磨く、耳を綺麗にする、そしておちんちんをスッキリさせると
できる限りのことを積極的にやってお世話される心地よさを与えます。

ASMR系の作品ですが会話もそれなりにあります。
「前髪さん」と物に対しても人間と同じように接するところに優しさを感じました。
セリフごとの間を長めに取ってゆっくり語りかけるスタイルで効果音と上手く共存させてます。
癒しと爽快感が味わえるサービス
一番最初の「1-湯上がり-しゅわしゅわ炭酸洗顔」でするのは洗顔、ドライヤー、耳の甘噛み(約41分)。
風呂から出たばかりな主人公の首から上をさらにスッキリさせます。

炭酸洗顔はサブタイトルに掲げてるサービスなので13分ほど用意し
炭酸水の栓を開けて洗面器に流してから彼に前かがみになってもらい頬や耳を重点的に洗います。
シュワシュワした爽快な音が至近距離から鳴るおかげで清々しさを感じました。
頬と耳で音の鳴る位置や鳴り方も変わりますし、道草屋シリーズの強みが早速発揮されてます。

「洗ってる間は 目は開けちゃダメですよ? 真っ赤になっちゃいますから」
そして最中はたびらこが彼を気遣いながら何気ない話をして場を和ませます。
声や話し方が子供に接するようで甘やかし成分が強いです。
何をしてるかはほとんど音に任せ、彼女は主に雰囲気作りを頑張ります。

その後に始まるドライヤーや甘噛みも炭酸に負けないくらい癒しのパワーが強いです。
前者は「ぼぼぼぼー」という音が頭部全体を小まめに動きますし
後者はR-18よりもR-15に近いソフトなちゅぱ音を鳴らします。
甘噛みと耳キスを半々くらいの割合でやってました。
道草屋は風俗店じゃありませんからきっかけがない限りエッチなことはやりません。

次の「2-就寝前-おやすみオーラルセラピー」は歯と耳をお手入れするシーン(約67分)。
前半は歯磨きとオーラルセラピー、後半は耳かきをいずれもじっくり行います。

「もう慣れっこですねー 前はちょっと そわそわだったと思うんですけど」
歯磨きは彼女が得意とするサービスなだけあって手並みもスムーズ。
下→上→前と位置を動かし全体を満遍なくお掃除します。
「しゃくしゃく」という小気味よい音が心地よく、微弱な振動も伝わってきて再現度が非常に高いです。
下より上のほうが振動が強いのはより耳に近い位置だからでしょう。
手でやった後は電動歯ブラシも投入する念入りな内容です。

オーラルセラピーは簡単に言えば口内のマッサージ。
チョコレートやミントの味がするジェルを指につけてから丁寧に塗り込みます。

「奥歯のあたりをー むにゅむにゅむにゅむにゅー」
洗ったばかりの食器を撫でる時に鳴る「きゅっきゅっ」に近い音を適度に鳴らしてました。
ただそれだけだとわかりにくいだろうということで実況もそれなりにしてくれます。
耳かきみたいにみんなが知ってるサービスじゃありませんから保険をかけたのでしょう。
右側→左側の順におよそ10分かけてゆっくりやってくれます。

後半の耳かきは約30分を半々に分けて耳かき棒と綿棒を使い分けながらお世話します。
耳かき棒は「ずしゅっ」という乾いてて若干ざらつきのある音
綿棒はそれよりも面積広めで湿り気を帯びた音、と器具ごとに質感に明確な違いを持たせ
前者は短いストロークで掻き出す、後者は前後へ往復させる感じに動かします。
道草屋シリーズは余程の事情でもない限り毎回この構成を貫いてます。

「いつか 一緒にお花見行けると いいですね」
最中の会話は季節に合わせてお花見や散歩といった何気ないものばかり。
彼が既に眠そうなのであまり多く話さずのんびり手を動かします。
時間が手ごろですし寝る前にここだけ聴くと安眠に役立ちそうです。
効果音と鉄瓶に入ったお湯が沸き立つ音だけが流れるひと時はとても静かで落ち着きました。
息子を息子に見立てた音重視のエッチ
エッチシーンは5パート24分間。
プレイは手コキ、耳舐めです。
手コキの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「…ん? 何か お腹乗せてますか?」
次の日の朝、約束した散歩に行こうと主人公の部屋へやって来たたびらこは
声をかけても起きないのに股間だけは盛り上がってることに気づき優しく撫で始めます。

エッチは寝たふりをしてる彼を彼女が起こす名目で責め続けます。
最初の2パート7分間はウォーミングアップに近いプレイ。
「02-早起きなんですね…」はおちんちんを取り出して既に溢れてる我慢汁を拭き取り
「03-旦那様が起きるまで」は保湿用のクリームをローション代わりにしてゆっくりしごきます。

「ねぇ まだ起きてないんですよ 旦那様 もうちょっと遊んだら起きる?」
そして彼女は彼のおちんちんを子供に見立てて話しかけます。
前項でも書いたように道草屋でエッチなことをするのは禁止されてます。
だから彼はまだ起きてないフリをし、彼女は元気なおちんちんに話して遠回しに確認を取ります。
事前に相談したわけではないのでしょうけど、何度もお世話してるおかげで2人とも空気を読むのが上手です。

また道草屋シリーズのR-18作品の慣例として彼女が淫語を言うことは一切ありません。
何をしてるかはすべて音で表現し、そこに行為の様子をほのめかすセリフを挟みます。
これだけだとエロくないと思うでしょうけど
実際は手コキ音が泡交じりのねっとりした音でそれなりのエロさがあります。

「ぜーんぶ 安心しておまかせくださいね」
また「04-座ってくれると」からは横になってた彼が座る体勢に変わり
そこへ彼女が耳舐め手コキをしてさらに追い込みます。
この時点で彼が起きてるのは明らかなのに付き合ってあげるところに優しさを感じました。
最初は多少の戸惑いもありましたけど、やると決めた後は嫌な顔ひとつせずしっかりこなします。

このように、おちんちんもおまかせで気持ちよくしてくれる音を駆使したエッチが繰り広げられてます。
至れり尽くせりな作品
優しい女性にお世話される感覚がリアルに味わえる作品です。

たびらこは道草屋を何度も訪れ自分を指名してくれる主人公をたっぷり癒そうと
お風呂から出た直後は炭酸洗顔と耳の甘噛み、就寝前は歯のケアと耳かきでとことん綺麗にします。
そして翌朝は性欲が溜まってるおちんちんも気持ちよくして心の芯からスッキリさせます。

優しくて気配り上手な店員さんが夜から朝にかけて色んなお世話をする癒し系のシチュ
サービスの一部始終を高品質な音を組み合わせて表現するASMR系の作り
健全なサービスはもちろん、そうでないものまでニコニコ顔でやってくれる彼女のおおらかなキャラ。
キャラと音を違和感なく組み合わせて道草屋の世界へどっぷり浸からせます。

中でも2番目は時間が100分くらいありますし、内容も多種多様で飽きずに聴けます。
炭酸や歯磨きは爽快感、耳の甘噛みや耳かきは安らぎと方向性にも違いが見られます。
サークルさんが3つのシーンに分けてくれてますし、3回に分けて聴くのが丁度いいでしょう。

エッチはシリーズの過去作と同じ露骨なエロを避けて進めます。
音とイメージで興奮させたり抜かせる感じなので画像とセットのほうが使いやすいかもしれません。
ペースはゆっくりだけど結構力強い手コキ音を鳴らしてました。

射精シーンは1回。
くちゅ音とちゅぱ音そこそこ、淫語と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて今回も満点とさせていただきました。
おまけは「10分スヌーズ」と「二度寝用」です。

CV:愛枝今日子さん
総時間 2:50:28(本編…2:28:25 おまけ…22:03)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります