サークル「殊更クリエイト」さんの無料の催眠音声作品(男女両用)。

今回紹介する作品は、可愛くて好奇心旺盛な女の子が
街中で偶然見つけた人と協力してエッチな実験に挑戦します。

感度を段階的に上げてから息を吹きかけて絶頂させる変わったエッチが行われており
催眠は古典催眠と現代催眠の技術を組み合わせて少しずつ確実に深化させ
エッチもストレートなエロ要素を敢えて削り、暗示と息を吹く音で快感をコントロールします。
感度上昇の限界に挑戦
女の子が催眠をかけてから息を吹きかけてイかせるお話。

「そこのあなた!あなた!そう!そこのあなたです」
女の子は明るくて可愛い声の女の子。
音声を聴く際の注意事項や環境を説明すると
街中で偶然見かけた主人公に声をかけ、テーマの感度上昇に関するお話をします。

本作品は体への刺激をできるだけ与えずにドライ絶頂させることを目的に
彼女が50分をほぼ半々に分けてそれに沿った催眠をかけたり独特なエッチをします。
フェラやSEXといった18禁だとお馴染みなプレイは特にやりませんが
その代わり感度上昇にとても力を入れて弱い責めでも感じられる心と体を作ります。

「よく同人誌なんかで感度が何倍にもなると空気に触れるだけでも気持ちよくなる、とか書かれてますよね? それってどんな感じなんだろう、って思ったことはないですか?」
催眠音声を聴いてると「感度が2倍になる」といったセリフに出会うことがあると思います。
一見すると大げさな言い回しに感じるかもしれませんが
やり方によっては通常よりもずっと敏感にさせることは可能です。
彼女も1人でも多くの聴き手がそうなれるよう一歩ずつ順を追って進めます。

殊更クリエイトさんは今月の頭に「リラクゼーション催眠」を出されたばかりの新しいサークルさんです。
ですが技術力については現時点でかなりのものを持ってらっしゃいます。
冒頭に簡単な雑談をして興味を引くシーンを用意するなど全体的に進め方が丁寧なので
体がピリピリするとか、特定の部位が妙に熱くなるといった変化を実感できるでしょう。

催眠は2パート19分間。
街中で女の子と軽く会話してからホテルへ移動し、ベッドに寝転んで深呼吸や脱力をします。

「すってー 体中に空気が満ちるように はいてー 体から力が抜けるように」
本作品のエッチは結構思い切ったことをしてるので、深い催眠に入れるかどうかが大きな鍵になります。
それを踏まえて深呼吸は吸う時、吐く時両方に軽い暗示を入れてサポートし
その後の脱力も1回だけですが全身に思い切り力を入れて抜く効果的な手段で行います。

「あなたは今、力が抜けて気持ちいいですよね? 力を抜くことは、気持ちいいですよね?」
この催眠で最も面白いのはその次のシーン。
彼女がする様々な質問に対してすべて同じ返事をします。
今リラックスしてるか、彼女の声が気持ちいいかといった現在の状況を確認するものから始まり
後になるほど催眠状態が深まるように質問の内容を変化させます。
たぶん催眠慣れしてる人ならこのパートだけでも中程度まで入れると思います。

2番目の「[3]一度目を覚ましましょう」は本格的な深化。
彼女がカウントを数え上げたら目を覚まし、数え下ろしたら閉じるのを数回繰り返します。

「はい、目を閉じて すーっと、意識が深いところに落ちていく 深いところへと、落ちていく そして、さっきよりも気持ちよく感じる」
各カウントをストレートに数える代わりに前後の暗示を厚めに入れ
2回目以降は「さっきよりも深いところに落ちる」と言って感覚を徐々に強化します。
最後のシーンでは落ちる感覚を味わいやすくする演出もあったりしてなかなか凝ってました。

私が聴いた時も頭を中心に落下感があって気持ちよかったです。
こういうシンプルな技法はサークルさんの力量によって品質が大きく変わります。

軽くリラックスさせてから二段構えで深化させる比較的質の高い催眠です。
女の子の言葉を素直に受け入れられる心と体にすることを目的に
深呼吸、軽い漸進的弛緩法、質問形式のイエスセット、カウントを交えた揺さぶりと
古典催眠、現代催眠両方の技術を組み合わせてスムーズに進めます。

特に質問するシーンは非常に効果的なアプローチと言えます。
[Enquete]」という作品を聴いたことのある人ならピンと来るのではないでしょうか。
前作が割とガチな古典だったので今回もその線で攻めてくるのかと思いきや
予想外の要素が含まれてて驚いたし面白かったです。
声がVOICEROIDでも気になることなくあっさり入れました。
息だけでイける体に
エッチシーンは2パート23分間。
プレイは感度上昇、息を吹きかけるです。

息を吹きかける際に音が流れます。
セルフはありません。
エッチの途中で服を脱ぐ描写があります。

「あなたの願いって、なんでしたっけ? 感度を上げられること でしたよね? その願い、かなえてあげます」
催眠を使って主人公を自分の虜にした女の子は
いよいよ本題の感度上昇を引き続きゆっくり丁寧に行います。

エッチは体の接触を一切せず声と息だけで絶頂します。
最初の「[4]感度を上げましょう」は感度上昇から1回目のドライを迎えるまでのパート(約19分)。
厚めの前暗示を入れてから短いカウントを数え、さらに追い込み暗示を入れる基本形で徐々に上げていきます。

「足の方から、正座をしてしびれたように足がピリピリする その感覚は腕からも感じる」
「さっきのしびれた感覚が大きくなる ピリピリとしたしびれがビリビリとしたしびれに変化していく」

やることは至ってシンプルですが1回目は手足が痺れる
2回目はそれがさらに強くなる、といった具合に
1セットごとに暗示の内容を多少変えてより強く実感できるようにリードします。
男女両用なことを踏まえて性感帯の描写を「いやらしいところ」とかなりぼかしてました。

ぶっちゃけ全然エロくないのですが、催眠に入っていれば結構気持ちよくなれます。
私が聴いた時は1回目の時点で手のひらや足の裏がピリピリし始め
少し経つとそれがお腹や太ももに広がり、さらにそこがカーッと熱くなりました。
オナニーした時に感じられる純粋な快感とは違うタイプの気持ちよさです。

「全身が少しひんやりとした空気に触れて、なんともいえないぞわぞわが全身に広がる まるで、全身をフェザータッチされているように もどかしい快感が全身に走る」
パート中盤から登場する息を吹きかける責めも同じ要領で進めます。
VOICEROIDにはできないので他サークルさんの音素材を使ってました。
人間が息を吹きかけるのと同じ音が鳴り、その直後に感覚を伝える堅実なアプローチです。
このシーンは音モノを経験してる人のほうが楽しみやすいのではないかなと。
ストレートにやるのではなく、比喩を多少交えてあるのも良い工夫と言えます。

もうひとつの「[5]連続で、何度も」は大幅に尖らせたプレイ(約4分)。
前のパートの最後に行った絶頂を何度も繰り返して限界まで追い込みます。
ちなみにここはオプション扱いで聴く/聴かないを自由に決めていいそうです。

時間が短いのでドM向けと言うほどではないものの
女の子が普段よりもちょっぴり意地悪になってややハードに責めてくれます。
おちんちんを意識させる描写が特にないのに股間の筋肉がずっとビクビクしてました。
同じドライでもふたつのパートで得られる快感にそれなりの違いが見られます。

このように、純粋なエロさではなく技術でイかせる催眠音声らしいエッチが繰り広げられてます。
悶えられる作品
体の感度が上がったことを実感しやすい作品です。

女の子は感度を上げまくったらどうなるかを主人公と協力して解明しようと
まずはやや変わった催眠をかけて自分の声を素直に受け入れられる状態にします。
そしてエッチは感度上昇と息吹きを組み合わせて快感を上げたりドライ絶頂させます。

可愛くてちょっぴりSな女の子が催眠で感度を上げていくノーマル~ややM向けのシチュ
彼女との信頼関係を築きながら少しずつ深化させる堅実な催眠
体への刺激やエロ要素を最低限に留めて快感をコントロールする個性的なエッチ。
テーマ性をしっかり出したうえで気持ちよくなれるように作品を組み立ててます。

中でもエッチは「これぞ催眠音声」と言いたくなるくらい技術に寄せた内容です。
催眠にしっかり入れてないと気持ちよくなれないプレイだからこそ
前段階の催眠誘導や感度上昇をとても丁寧に行います。
2作目でこれだけのものを作れるなら今後のご活躍にも大いに期待できます。

絶頂シーンは7回。
息を吹きかける音それなり、淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

無料ですから興味の湧いた方は是非お試しください。

CV:VOICEROID2 紲星あかりさん
総時間 52:24

視聴&ダウンロードはこちらから
https://ci-en.dlsite.com/creator/5186/article/214748