昨日掲載した「2019年を振り返って(全年齢&R-15同人音声編)」に続いてR-18のランキングです。
今年は作品数が多かったことを考慮し8本まで拡大してお送りします。
2019年発売のR-18同人音声ランキング

第1位 「添い寝フレンドと行く温泉旅行 -おもちゃえっちつき-【フォーリー】
添い寝フレンドと行く温泉旅行 -おもちゃえっちつき-【フォーリー】

友達以上恋人未満の関係にある大学の同級生と温泉旅行に行く作品。
「フォーリー」と呼ばれる新しい技術を取り入れ、物語の一部始終を抜群の臨場感で表現します。
キャラ、ストーリー、効果音、環境音、サービスのすべてが高水準で
彼女とイチャイチャする様子を主人公と同じ視点で楽しむことができます。

第2位 「怠々と甘々。
怠々と甘々。

趣味を通じて知り合い現在は結婚してる女性と家でまったり過ごす作品。
家事や料理はさっぱりだけど愛する人にはとことん尽くす彼女の姿が癒しを
大ボリュームかつ高品質なエッチの数々が興奮を与えてくれてバランスが良いです。
物語の終盤に2人の過去が描かれてる展開も珍しいです。

第3位 「妖艶なお姉さんによる耳元囁き乳首責め
妖艶なお姉さんによる耳元囁き乳首責め

乳首責め専門の風俗店で働いてる女性が乳首をひたすらいじり続ける作品。
エッチシーンのほぼ全部で乳首責めをしたり、シャツ越しに爪で引っ掻くプレイを重点的に行うなど
従来の乳首系作品よりもさらに尖らせた刺激の強いエッチに仕上がってます。
彼女のキャラが穏やかで色っぽく、プレイ中に擬音語を多めに盛り込んだ実用性重視の作りも魅力です。

第4位 「【性感ASMR】やりすぎな耳かき屋さん
【性感ASMR】やりすぎな耳かき屋さん

耳かき屋の店員が耳かきと様々な耳責めをする作品。
耳かきやエッチの序盤にあたる耳舐めまでは割とスタンダードな内容だったのが
その次からプレイがひとつずつ加わり、それに合わせて同時に鳴る音の種類も増えていきます。
ローターと綿棒を組み合わせたようなおもちゃで責めるシーンもあったりと
タイトルの「やりすぎ」感を音で見事に表現してます。

第5位 「援交JKツインズ!3組目! ~逆寝取られ密着濃厚エッチ!~
援交JKツインズ!3組目! ~逆寝取られ密着濃厚エッチ!~

主人公と親しい関係にあるJK姉妹が巧みな色仕掛けをする作品。
シリーズ3作目ということで新たに逆寝取られの要素を盛り込み
左右に密着しながら言葉責めと純粋な快感で少しずつ骨抜きにします。
寝取られにありがちな暗さと重さを和らげる工夫がされてるのも見事です。

第6位 「スルーアの快楽オナニーサポート
スルーアの快楽オナニーサポート

サークルさんの過去作に登場したサキュバスがオナサポをする作品。
全編フルアニメーションという非常にレアな作りに加えて
サキュバスらしさを出しつつ後になるほど心も絡め取っていくM向けのエッチも優れてます。

第7位 「意地悪な後輩ちゃんの甘責め溺愛搾精共依存暮らし with赤ちゃん言葉
意地悪な後輩ちゃんの甘責め溺愛搾精共依存暮らし with赤ちゃん言葉

学校の後輩で現在付き合ってる女の子とややアブノーマルなエッチをする作品。
甘さと意地悪さを融合させたややM向けの言葉責めが秀逸で
後になるほど甘さが強くなる展開にも幸福感を覚えます。
射精時にはほぼ必ずぴゅっぴゅのセリフを言うなど
甘えん坊な男性が喜ぶ要素をしっかり押さえてあって安定感があります。

第8位 「ビッチ姫の耳舐め魔法!?
ビッチ姫の耳舐め魔法!?

エッチ大好きな人だけがいる城に住むお姫様が新任の騎士を変わった手段で調教する作品。
「倍速耳舐め」「四倍耳舐め」という独自のプレイを導入し
耳舐めの量と密度をとんでもなく上げて音に包まれる快感を教えます。
パートごとにシチュや一緒にやるプレイを変えてマンネリ感を打破する工夫もされてます。

以上になります。
良質な有名どころを揃えてみましたが全部聴いてる人はさすがに少ないと思います。

1位の添い寝フレンドと行く温泉旅行 -おもちゃえっちつき-はまさに今年を象徴する作品です。
バイノーラル、ハイレゾ、ASMRに続いてフォーリーが登場し
この作品ではそれがふんだんに用いられてます。
中でも序盤に出てくるバスで移動するシーンは衝撃を受けました。

2位の怠々と甘々。は総合力が売りの作品です。
気だるそうに見えてやることはしっかりやる初子のキャラと甘さ満点なエッチ
そして2人の間に見える強い絆が心身を存分に温めてくれます。
これを制作したテグラユウキさんは他にも数多くの作品をリリースして今年大活躍されてました。

3位の妖艶なお姉さんによる耳元囁き乳首責めは
元々乳首系作品に定評のあるサークルさんがさらなる磨きをかけてます。
どのプレイも後ろから抱きついて甘く妖艶な声で囁きながら
「カリカリ」などの掛け声を出してきめ細かくリードします。
通常の射精、ノーハンド射精、ドライオーガズムと絶頂形式に幅を持たせてあるのも面白いです。
2019年注目のサークル
お次は一際目立つ活躍をされたサークルさんの紹介です。
今回は4つ選ばせていただきました(敬称略)。

はちみつトラップ
毒舌クールなメイドお姉ちゃんの甘責め溺愛搾精お叱りご奉仕 with赤ちゃん言葉

ソフトM向けの作品を主に制作されてるサークルさん。
甘さと意地悪さを織り交ぜた絶妙な責めを得意とされており
今年出た4本の作品はいずれも高い人気を得ています。
このあたりの属性を持つ聴き手は多いので、来年も安定した実績を残されると思います。

シコらnight
とっても優しいお姉ちゃんだったのに…

M向けの作品を主に制作されてるサークルさん。
乳首、寝取られ、フェラ特化とジャンルの幅が広くいずれも質が高いです。
中でも乳首は現在出てる3本すべてが3000DLオーバーと高い人気を誇ります。

防鯖潤滑剤
双子でクールなJKアイドルが性処理オナホになってくれる生活。

およそ7年前から活動されてる息の長いサークルさん。
ノーマル向けを中心に幅広いテーマを扱われてて多種多様な物語とエッチを楽しめます。
今年は自サークルはもちろん、シナリオ担当で他のサークルさんへ出張するのをよく見かけました。
これだけの実力、実績、経験を持つ音声ライターさんはなかなかいないと思います。

バブバブの森
先輩上司にバブバブ甘えてみたらいっぱい馬鹿にされた

年上の女性が意地悪したり甘やかすエッチを好まれてるサークルさん。
昨年末に活動を開始し、今年は11本と非常に多くの作品をリリースされました。
業界の流行や傾向を分析したり、新規獲得のための安価な作品を定期的に出すなど
より多くのファンと人気を得るためのプロモーションも行われてました。
業界の流れと来年の展望
最後はR-18同人音声側における今年の大きな特徴や来年に関することを簡単に話します。

今年は昨年とほぼ同じくらいの盛況っぷりでした。
新作の数が昨年に引き続き非常に多かったですし
1000はもちろん、10000DLを超える作品もそれなりにありました。
ですが数が増えすぎた影響で総作品数に対する良作の割合は下がったと思います。

ライトユーザーならまったく気にならないけど、ヘビーユーザーだとやや困るかもしれないといった状況ですね。
数が増えれば以前よりも玉石混交になるのは自然なことですから
同人音声業界がいよいよ成熟してきた結果ではないかと私は考えてます。

今年を象徴するキーワードは3つ。
耳舐め、クーポン、野上菜月さんの復帰です。

耳舐めは昨年以前も割と人気の高いプレイでしたが
今年はそれを取り入れた、あるいはメインテーマにした作品がものすごく多かったです。
参考までに数字を出しますと、今年発売された音声作品が2909本あるのに対し
「耳舐め」タグのついてるものは666本でした(DLsiteのみ 12月20日現在)。
単純計算すると4本に1本の割合で耳舐めが絡んでたことになります。

現在の同人音声は業界が大きくなって色んな作品が出てますから
その中でたったひとつのジャンルがここまで幅を利かせるのは驚異的です。
私が日々音声を聴いてる中でも耳舐めは目に見えて多く、同系統の作品が続かないよう調節してました。

ただし、同じ耳舐めでもサークルさんや作品によって内容は随分違いました。
ストレートに量を追求するもの、質にこだわってるもの、舐め方を他とややずらしてるもの
一緒にやるプレイで個性を出すものなど様々です。
つまり耳舐め作品の増加に伴い耳舐め自体の多様化も進んでるわけです。
来年以降もこの流れは続くと見ています。

クーポンは割引に次ぐ安売りの第二弾として今年から多くの作品に適用されました。
中には100%のものを2枚付属する作品もあって聴き手としては正直ありがたかったです。
しかしこれが加熱するとサークルさんの手元に渡るお金が今まで以上に減り
その結果安定した実績を残せたり資金力のあるサークルさん(プロ集団など)だけが残ることに繋がるかもしれません。

一部の方が「今の同人音声はレッドオーシャン化してる」とおっしゃられてますが
そう言われても仕方ないかなぁと思うほど競争が激化してます。
私は値段よりも質をずっと重視してるので、クーポンの有無を作品の評価に加味する予定はありません。

野上菜月さんの復帰は今年一番の明るいニュースだと思います。
2013年から14年にかけて大活躍した声優さんで現在も根強い人気を誇ります。
優しいお姉ちゃんキャラで有名な方ですが、Sな女性や年下の女の子も演じることができて器用です。
あとは耳舐めに定評があって舐め、吸い、すすりを上手に組み合わせた質の高い責めをされます。

今年は自サークルのAtelier Honey*さんと以前から付き合いのあるサークルさんのみ出演されてましたが
来年からより幅広く依頼を受け付けると宣言されてるので、今後作品で出会う機会が増えると思います。

以上をもってR-18同人音声の総括とさせていただきます。
来年もより多くの良作に出会えることを心より願っております。