雪女の宿【エレナ&アイリ編】~雪に閉ざされた宿で、懐かれて、遊ばれる~

雪女の宿【エレナ&アイリ編】~雪に閉ざされた宿で、懐かれて、遊ばれる~(前編)」に引き続いての後編です。
今回は「パート06 散髪と耳舐め」以降の様子を中心に紹介します。
双子とより親密な関係に
2種類のエッチでスッキリした後にするのは散髪と耳舐め(約28分)。
主人公の髪が伸びてるのを気にしたエレナが右
彼女に誘われ一緒にやることになったアイリが左に陣取りハサミの音を鳴らします。

エレナ「まずは 切りやすいように 髪をブラシでとかしまーす」
エレナは普段から宿の人の髪も切ってるだけあって
最初から鼻歌を歌いながら慣れた手つきでハサミを使います。
それに対してアイリはやったことがないようで、ゆっくり慎重に音を鳴らしてました。
エッチで一度逆転した2人の立場がほぼ元に戻ってます。

効果音はシャキシャキという軽快な金属音の中に時折やや粗い音が混じります。
基本はそろえる感じで先端を切り、一部で深くカットしてるのだと思います。
実況のセリフがほとんどないのでもう少し入れたほうがイメージしやすかったかもしれません。
ですがブラシや櫛で髪を撫でる音も入ってたりして結構リアルな散髪と言えます。

エレナ「お兄ちゃんの気持ちよさそうな声 なんだか可愛いね」
またパートの後半からは散髪で耳に入った短い髪を取るために両耳舐めをしてくれます。
気持ちよさそうにしてる彼を「可愛い」と言って喜び
彼を子猫、自分たちを母猫に例えて「にゃー」を語尾につけながら話しかけるなど
3人が初めて出会った頃よりもずっと仲良くなったことを感じさせながら進めます。

散髪の一部っぽい位置づけですが、彼が勃起する描写もありますし
この後から始まる最後のエッチに向けた雰囲気作りの意味合いもあります。
エレナは舐め、アイリは吸いと音の種類を変えてあるのもいいですね。
双子だけど性格が大きく違う2人の特徴が音にきちんと込められてます。
身も心もひとつになるエッチ
後編のエッチシーンは48分間。
プレイはキス、SEX(騎乗位、正常位)、エレナのオナニー、アイリの耳舐め/手マン?です。
SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

エレナ「一番好きな人とはね チューするんだって」
今日のお世話を終えて主人公やアイリと一緒に寝ることにしたエレナは
自分の気持ちを彼にはっきり伝え、さらにファーストキスも捧げます。

エッチは相手によって攻守を入れ替えながら楽しみます。
最初の30分間はアイリと初SEXするシーン。
彼がエレナとキスしてるのに気づくと自分もそれに参加し
それからエレナに手本を見せる形で騎乗位SEXをします。

アイリ「男の人は おちんちんを触れられたり 好きな人とキスしたりすると おちんちんが大きくなって エッチな気持ちになっちゃうの」
エッチに関して何も知らないエレナに男性の生理現象をわかりやすく教え
SEXする時もすっかり濡れてるおまんこや結合部を見せつけて繋がり方を教えます。
実の姉とはいえ他の女性にこういう姿を晒すあたりは彼女らしくてエロいなと。
処女なことを踏まえて挿入に4分もかけ、ピストンを少しずつ速くする緩いスタイルを取ってます。

そして本作品の山場なのでプレイの様子を綿密に描写します。
ちょっぴり痛そうな表情を見せながら大きめのおちんちんをゆっくり迎え入れ
最初はぐちゅぐちゅと小刻みな水音を鳴らしてたのが
ある程度経つと「くちゅっ ぱんっ」というピストン混じりのものに変化します。
合間にキスも挟んできたりと実際のSEXに近い雰囲気を持ってます。

一体感を味わいながら抜けるプレイだなと。
吐息、ちゅぱ音、喘ぎ声、ピストン音を組み合わせて彼女の近さと温もりを表現してます。
処女を捧げてもらい中出しまで決めるシチュも相まっていい気分に浸ることができました。

エレナ「ア、アイリも 気持ちいいんだ…」
シーンの終盤からエレナがつられてオナニーを始めるのも良いですね。
これまでアイリにずっと押されっぱなしだった彼女がエロい姿を見せてくれます。
女性が2人いるのに見学してるだけというのはもったいないですし
エレナが女性の快感に目覚める様子を描く形でより抜きやすくしてます。

続く18分間はエレナが主役。
アイリとは逆に正常位で彼のおちんちんを受け止め
同じく徐々にペースを上げながらキスもして一緒の絶頂を目指します。
そしてアイリは耳舐めしたり彼の手をおまんこに招いて艶めかしい声を漏らします。

エレナ「苦しいけど あんまり痛くない」
そしてここでも2人の個性が引き立つようにプレイを進めます。
アイリのように積極的な責めをすることはないものの
手加減してる彼にもっと激しくピストンするようおねだりし
終盤は気持ちよさそうな喘ぎ声を漏らして男心をくすぐります。

現時点でアイリに勝てないことを理解したうえで
アイリとできるだけ同じ扱いをされようと頑張る姿が印象的でした。
お絵かきや本の読み聞かせで満足してた時より明らかに成長してるのがわかります。
アイリも1回戦とは別のやり方でサポートして2人の初SEXを上手に盛り上げます。

純粋なエロさではアイリのほうが上に感じましたが
キャラ萌え要素で見るならエレナに軍配が上がると私は思います。

このように、2人の魅力が引き立つように初体験を描いたイチャラブ系のエッチが繰り広げられてます。
温もりを感じる作品
少女たちとの色んなやり取りを通じて幸せになれる作品です。

エレナとアイリは吹雪の中わざわざやって来た主人公を満足させようと
正式な店員ではないことをはっきり告げてからお風呂やお部屋で色んなサービスをします。
そして非エロはエレナ、エロはアイリと得意分野を持たせて2人が同じくらい活躍するように進めます。

活発な姉と内気な妹が協力して癒したり気持ちよくするノーマル向けのシチュ
年齢相応の無邪気な態度でひたすら甘えてくるエレナ
普段は控えめだけどエッチになると大胆な姿を見せるアイリ。
方向性は違うけどそれぞれに合ったやり方で愛情を惜しみなく注ぎます。

私はサークルさんの処女作「雪女の宿【小雪編】」を以前聴いたことがあるので
今作もキャラにギャップを持たせてくるだろうとは予想してました。
ですが実際は良い意味でその斜め上を行く内容になってて面白かったです。

アイリ「らしてっ らしてっ せーしっ せーしほしっ」
特にアイリはスイッチが入ると止まらなくなる性格を持っており
エッチの要所でそれを見せて抜きやすい状況を作ります。
豹変と言うほどではありませんけどキャラが割と変わるので驚く人がいると思います。
おちんちんにむしゃぶりついたり自分から中出しを求める姿にグッと来ました。

それに対してエレナは主人公に懐く少女らしいところを見せ
最後のSEXシーンでちょっぴり大人になります。
これもある種のギャップですよね。
妹を通じてエッチな事に興味を持ち、ハマり始める様子を優しいタッチで描いてます。

エッチは展開、プレイ内容、時間の長さを考えれば「パート07 3人でエッチ」が一番抜けると思います。
それ以前に積み重ねてきたものを全部使って2人との初エッチを盛り上げてます。
非エロは非エロで癒しのパワーが強いですし、キャラやサービスのバランスが取れてる作品と言えます。

後編の射精シーンは2回。
くちゅ音多め、淫語・ちゅぱ音・喘ぎ声それなりです。

可愛い女の子たちとイチャイチャするのが好きな人には特におすすめします。

CV:逢坂成美さん
総時間 3:33:58

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2019年11月22日まで25%OFFの907円で販売されてます。
その場合の点数は10点です。