瞬間催眠リフレ

サークル「オミ・オクル」さんの催眠音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、声も態度もあまあまなお姉さんが
現実世界で頑張ってる人を癒すコンパクトな催眠をかけます。

忙しくて時間があまり取れない人をターゲットにした作りになっており
最初の催眠導入は23分、その先のリフレパートは5~10分と時間をできるだけ切り詰め
その中でタイトルの「瞬間催眠」を成立させるための準備を整えてから
状況に合ったイメージを駆使して短時間のリフレッシュを促します。
瞬間催眠で短時間の癒しを
ミオが催眠をかけてから4つのシチュで癒すお話。

「こんにちは、はじめましての人は、はじめまして」
ミオは甘くておおらかな声の女性。
主人公に挨拶し、作品の概要を説明すると
まずは催眠を知らない人にそれが何かわかりやすく教えます。

本作品は仕事や勉強が忙しくて時間に余裕がない人をリフレッシュさせることを目的に
彼女がおよそ50分に渡ってそれに沿った癒しの催眠を施します。
起床時、寝る前、気持ちを切り替えたい時、集中したい時と
日常生活でよくあるシーンを選び、プラスに働く暗示を入れてそれを応援します。

ちなみに彼女は今年7月に発売された「看取られ音声」にも登場してます。
あちらでは死にゆく人を看取る役をしてましたが
今作ではそういう要素は一切入れずにひたすら癒します。

最大の特徴はタイトルにもなってる瞬間催眠
文字通り瞬時に催眠状態へ誘導することを意味し、これに向けて一歩ずつ丁寧に進めます。

「さすがの私も、初めての人を一瞬で催眠状態にするのは難しいんですよね」
彼女もいきなり瞬間催眠をかけるのは難しいことをよく理解してるので
まずはオーソドックスな誘導を行い、その中に一瞬で落ちられるトリガーを仕込んでおきます。
そして4つの音声でそれを発動してから癒す流れで進めます。

一般的な催眠音声だと導入から解除までを繋げて聴くようになってますが
本作品は初回だけ催眠導入パートを聴き、2回目以降は各シチュのパートをいきなり聴くことを想定してます。
これなら10分もあれば聴けるので、作品のコンセプトである「スキマ時間を使った癒し」に合致します。
サークルさんが新ジャンルとおっしゃられてる通りこういう作品は非常に珍しいです。

「私の言葉が、貴方の心のどこかで、溶けずに残っていて、癒せたら、とても嬉しい、みたいな」
これらを行うミオはふんわりした女性。
全編を通じてのんびりした口調で優しく語りかけます。
ホッとする声質をしてるので声を聞いてるだけで眠くなるかもしれません。
催眠も暗示をガンガン入れたりせず適度な余裕を持たせて安らげる雰囲気を作ります。
イメージを活用した催眠
一番最初の「Track1:導入音声」はおよそ23分間。
最初の5分を使って作品のコンセプトや催眠とは何かを軽く説明してから
楽な姿勢で深呼吸したり部屋の中の一点を見つめて心身の緊張をほぐします。

「身体の余分な力がどんどん抜けていきます。それに合わせて心もいつの間にか、ふわふわと軽くなっていることに、気付いていませんか?」
深呼吸の時は「吸ってー 吐いてー」の掛け声を挟みながら脱力感を伝え
凝視してる時は瞼の重さを感じさせるなど
ミオは普段通りの柔らかな態度で早速癒しを提供します。

技術自体は古典催眠ですけど、セリフの表現をかなり和らげてありました。
彼女の声も相まって割と早い段階から意識がぼんやりしてきます。
まだ始まったばかりなので瞬間催眠は無理に入れず、深化しやすくする方針で進めます。

お次は自分の心の中にある部屋をイメージし
そこに彼女と2人で移動しながら催眠状態をさらに深めます。

「好きな色の壁。お気に入りの家具。部屋の温度は、ちょうどいいくらい」
壁、内装、室温など部屋のイメージを鮮明にする要素をいくつか挙げ
さらに彼女が座るための椅子も用意して寛げる空間を作ります。
本作品は催眠パート、リフレパートいずれもイメージを有効活用しており
それらが持つ印象を通じて癒しの感覚をわかりやすく伝えます。
簡単な素材ばかりなのでよほど苦手な人でもない限りは大丈夫だと思います。

十分にリラックスさせてから深化に移る手堅い催眠です。
聴き手をミオがいる2人だけの部屋まで案内するのを目的に
パートの前半は深呼吸や凝視法といった脱力を重視した技法
後半は作品固有のイメージを交えた深化とシーンごとにやることを変えてスムーズに導きます。

本レビューでは敢えて伏せましたが、瞬間催眠を成立させるための仕込みもこの中で行ってます。
被暗示性が高めの人ならそれに合わせて感覚が変化するのを実感できるのではないかなと。
暗示の表現、分量、入れ方も良いですし催眠初挑戦のサークルさんとは思えないほど安定してます。

Track2以降は本題のリフレ(約25分)。
朝起きた時、一日の終わり、気持ちを切り替える時、集中する時を想定し
彼女が5~10分をかけてそれに合った癒しの言葉を投げかけます。
内容が完全に独立してますから繋げて聴く必要はありません。

「ほうら、ちょっとずつ、身体が暖かくなっていくのがわかりますか? 濡れていた洗濯物が乾くように、あなたの身体から、どんどん眠気が抜けていく」
そしてここでも彼女はイメージを使って感覚を伝えようとします。
朝起きた時は主人公を洗濯物に例えて温かさと爽快感を与え
逆に寝る時は自然が豊かな場所を彼女と散歩しながらゆっくりカウントを数えます。

瞬間催眠は冒頭の1分30秒ほどで行い、あとは時間いっぱい癒します。
どのパートも最後に解除の動作が入りますし本当にコンパクトです。

「緊張してもいい、不安でもいい。それらを、ちゃんと自覚した上で、大きく構える」
個人的に印象に残ったのは最後のTrack5。
なかなか集中できない彼を応援してから解消するコツを伝授します。
こういう場合は何か他のことが気になってるでしょうし
それをなかったことにするのではなく、共存できるように働きかけます。

このように、テーマの瞬間催眠を盛り込んで心をケアする実用性の高い催眠が繰り広げられてます。
ホッとする作品
短時間で実の詰まったサービスをしてくれる癒し系作品です。

ミオは現実世界で頑張ってる主人公の心を少しでも軽くしようと
まずは20分程度の催眠をかけて瞬間催眠に向けた準備を整えます。
そしてリフレパートは瞬間催眠の後にイメージと組み合わせて癒しの暗示を入れます。

おおらかなお姉さんが瞬間催眠リフレに適したリードをするノーマル向けのシチュ
技術を使って2人だけで過ごせる特別な部屋へ案内する催眠パート
時間をできるだけ切り詰めサクッと癒すリフレパート。
総時間の短さが弱点ではなく強みとなるように作品を組み立ててます。

中でも2番目は目的意識を持った誘導をされてて驚きました。
催眠音声を初めて作ったサークルさんだとなんとなく催眠をかけるケースもあるので
作品独自の要素を盛り込みきちんとこなせる時点で十分凄いと言えます。
ミオ役をやられてる月花うさぎさんの声もすごく眠くなるタイプでこの作品に合ってます。

瞬間催眠については人によって上手くいくかどうかに多少の差が出ると思います。
その場合はもう一度催眠パートを聴いて無意識に教えてあげるのがいいでしょう。
催眠パートとリフレパートを繋げても35分程度なので十分短いです。

手軽に、気軽に聴ける作品を求めてる人には特におすすめします。

CV:月花うさぎさん
総時間 48:40

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります