とっても優しいお姉ちゃんだったのに…

サークル「シコらnight」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、優しくてエッチ大好きなお姉ちゃんが
他の男に寝取られる様子を弟視点で楽しみます。

自分が過去にしたエッチの様子をオカズにオナニーさせたり
SEXを見せつけながら野太いオホ声を漏らすなど
寝取られマゾを喜ばせることを強く意識した実用性の高いエッチをするのが特徴です。
お姉ちゃんが持つふたつの顔
お姉ちゃんとエッチしたりその様子を見守るお話。

「んふふ…。なぁに?また…あれ…やって欲しいの?んふふ…」
お姉ちゃんは上品で穏やかな声の女性。
幼児プレイをやって欲しいと言う主人公を嬉しそうに迎えると
すぐさま彼のママになり赤ちゃん言葉手コキを始めます。

本作品はつい1年前まで処女で今はエッチにドハマリしてる彼女が
彼や他の男性を相手に80分程度の独特なエッチをします。
音声開始から1分後には早速エッチを始める抜き重視の作りになっており
手コキ、フェラ、SEX、オナニーといった定番のプレイをじっくりねっとり行います。

「確かに…君はとっても可愛くて、大好きだけど……あの人とのセックスを比べたら…ねぇ…」
しかし2人が直接肌を重ねるのは5パート中1パートしかありません。
他の4パートは彼女がエッチしてるのを盗み聞きしたり
過去にあったエッチな出来事を実況してもらいながらオナニーにふけります。

2人は実の姉弟と恋人を兼ねてるかなり深い関係なのですが
彼のおちんちんが子供サイズなせいでエッチについては物足りないところも感じてました。
そこへ立派なおちんちんを味わう機会が生まれ、彼女の心がどんどん離れていきます。

寝取られる男性の立場で音声を聴くことになりますから
寝取られマゾの属性を持つMな人ほど楽しめるでしょう。
彼女に捨てられる惨めさや他の男に負ける屈辱感ももちろん煽ってきますが
それよりは純粋なエロさを強化してサクッと抜けるように作られてます。

「トロットロになってる、マンヒダを絡み付かせてぇ…おぉんっ……………おじ様のオチンポが満足いただけるようにいたしますので……おぉぉ…んっ…」
それに最も貢献してるのがオホ声。
主にSEXシーンで「あぁん」みたいな可愛い声ではなく
「おぉん」と腹から絞り出すような低く太い声を漏らします。

音声作品だとあまり出てこない声なので、体験版を聴いたら少し驚くかもしれませんね。

彼女がこの声を出すのは他の男とエッチしてる時だけです。
これによってお姉ちゃんがメスになってることをわかりやすく表現します。
フェラする時のちゅぱ音も下品でパワフルなものが多いですし
普段の上品なキャラとのギャップを大きく持たせてエロさを出してます。

優しいお姉ちゃんが他の男に寝取られる展開と下品な音声が満載のエッチ。
シチュとプレイの両方に力を入れてる抜き重視の作品です。
少しずつ離れていく2人の心
エッチシーンは5パート79分間。
プレイは手コキ、キス、フェラ、寝取られ報告、オナニー、SEX(正常位)、お姉ちゃんのディルドオナニーです。
手コキ、SEX、ディルドオナニーの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「こうやって…んっ…ちゅっ……僕ちゃんにチューしながら、いっぱいおちんちんコキ…しちゃいまちゅからねぇ…」
甘えん坊な主人公が喜ぶように口調を赤ちゃん言葉へ変えると
お姉ちゃんは自分の唾液を潤滑油にしておちんちんを優しくしごき始めます。

エッチはシーンによって相手と責め手を変えながら進めます。
一番最初の「1 赤ちゃん言葉手コキ」は彼女が寝取られる前のお話(約15分)。
赤ちゃん言葉で話しかけながら亀頭や竿をゆっくり責めて幸せな射精に導きます。

「だ~いちゅきなママにぃ…カリ首チコチコされてぇ…ちあわちぇ~でちゅねぇ…」
ここでの彼女はお姉ちゃんのイメージ通りに振る舞います。
でちゅまちゅを語尾に入れつつ甘い言葉をガンガン投げかけ
彼がすぐ射精しないよう手加減して心身をバランスよく盛り上げます。

彼女が「くちゅくちゅ」と言った時だけ効果音を鳴らすのも良いですね。
このパートは赤ちゃん言葉が魅力ですから、それを聞きやすくしたうえでプレイにリアリティを与えます。
(射精直前の3分間だけはバックで流れ続けるようになります)
射精シーンでぴゅっぴゅのセリフを言うなど、寝取られ作品とは思えないほど雰囲気が甘いです。

寝取られ成分が出てくるのは次のパートから。
「2 隣の部屋からするのフェラチオ音」は主人公に内緒で他の男とフェラをし(約18分)
「3 寝取られ報告マゾオナニー」はおじさんとエッチした時の体験談を生々しく語ります(約27分)。
ちなみにここで出てくる2人の男性は別人で、前者が寝取られ相手になります。

「やだ……本当に今するの…? 隣で弟が寝てるから今は……」
「最後はドスケベバキュームで……じゅぽん!じゅぽん!じゅぽん!じゅぽん!」

この時点で彼女はもうほぼ快楽堕ちしてるのですが
彼にその事実を知られたくない気持ちもあるようで、フェラの最初に軽く抵抗する仕草を見せます。
しかし男性に言い寄られて観念すると下品でパワフルなちゅぱ音を積極的に鳴らします。
おちんちんをすする時は「ずびびっ」、ピストン時は「ぎゅぽっ」、バキュームは「じゅぶぶー」と
男心をくすぐる音が充実していてかなりエロいです。

フェラパートはセリフよりもちゅぱ音の量が多くなってますから
エッチな音をたくさん聴きたい人には堪らないと思います。
最初は嫌がってたのがすぐノリノリになるところも淫乱な彼女らしいなと。

「最悪…って思ったけど…臭いオチンポを嗅いだ瞬間…お腹の奥…子宮がある所が…きゅん……ってうずいちゃって…」
それに対して寝取られ報告パートは言葉責めが魅力。
おじさん相手にどんなエッチをしたか心情を交えて生々しく語ります。
臨場感を出すためにパートの後半からオホ声と効果音が鳴るようになってまして
その中に主人公のおちんちんと比較する描写を盛り込み惨めな気分も与えます。
オナニーは指示を一切出さずに射精のタイミングだけ合わせる感じです。

最もストレートな寝取られが味わえるのは「4 隣の部屋から見るお姉ちゃんの本当の姿」(約11分)。
2番目のフェラパートとほぼ同じシチュで他の男とSEXする様子を見守ります。

「おっ……おっ……おっ……おぉぉぉぉ……やっぱりこのオチンポ…最高……あっ……あっ……おぉぉぉぉんっ……」
パート開始直後からSEXするおかげでオホ声の割合が高く
繋がってる男性のおちんちんを褒め称え、さらに彼のことをはっきり「好き」と言って
心が既に離れてしまったことを思い知らせます。
中でも絶頂時に漏らす声は一際激しくて鮮烈でした。

これ以前のパートは寝取られマゾな主人公を喜ばせる意味合いもありましたが
このパートで恋人からただの姉弟に戻ったことを明らかにして心を折りにかかります。
純粋なエロさが高めなので心にしこりを感じながら抜けるでしょう。

このように、色んなプレイをしながら2人の心の距離を離していくテーマ性の強いエッチが繰り広げられてます。
エロさの高い寝取られ作品
暗さや重さをある程度和らげた寝取られエッチをする作品です。

お姉ちゃんは寝取られマゾの属性を持つ主人公を興奮させようと
まずは幼児プレイに近いエッチをしてとことん甘やかします。
そして2番目のパート以降は他の男やおじさんと交わってる様子をオカズにオナニーさせます。

優しかったお姉ちゃんが快楽堕ちして寝取られるドM向けのシチュ
物語が進むほど体への責めが弱くなり、その一方で心への責めが強くなる変わった展開
フェラで鳴らす下品なちゅぱ音とSEXで漏らすオホ声。
エロさをひたすら高めることを大事にしながら寝取られプレイを組み立ててます。

中でも3番目は音声作品ではなかなかお目にかかれない要素で個性が強いです。
アヘ声とは明らかに違う野性味のある声でした。
人を選ぶ声なのは否定しませんけど、これによって彼女のメスっぷりをわかりやすく表現できてるのも事実です。
私が知る限りオホ声を出すのは他だとにっち音声工房さんの作品全般くらいです。

聴き終えた時の後味がそれほど悪くなかったのは2人の関係が完全に切れるわけではないからでしょう。
その証拠に最後の「5 お姉ちゃんからのビデオ」ではディルドオナニーを披露します。
普通の男性なら相当に凹むプレゼントでしょうけど
元々寝取られマゾの資質がある彼にとってはむしろご褒美と言えます。
2人の心と体を離したうえで両方の性癖を満たすように締めくくってるのが面白いなと。

射精シーンは5回。
くちゅ音と喘ぎ声多め、淫語とちゅぱ音それなりです。

寝取られを扱った抜きボイスが好きな人には特におすすめします。

CV:分倍河原シホさん
総時間 1:27:42

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります