SEXTHEEND~クリーチャー・逆レイプ強制受胎~

サークル「牛乳ソフト」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、色っぽくて性欲も強い女性型クリーチャーが
出会った男性と激しいエッチをして精液を搾り取ります。

セリフをほとんど挟まずにエッチするのが特徴で
プレイの開始前に片言でしゃべった後はほぼ無言になり
吐息、鼻息、ちゅぱ音、喘ぎ声といった抜き要素をガンガン鳴らして興奮を高めます。
ヤバい描写は特にありませんから、女性に激しく責められるのが好きなら誰でも聴けます。
異星人とのエッチを音で表現
クリーチャーに搾精されるお話。

「…フゥー…フゥー… オ……ト……コ…… オトコ……」
クリーチャーは片言で話すトーンが低い声の女性。
誰もいない廃墟で目覚めた主人公に近づくと
彼を男と認識し、ひとまず体を舐め始めます。

本作品は何らかの事情で子供を欲しがってる彼女が
彼を相手に50分程度の激しいエッチをしてその子種をいただきます。
物語の世界観やキャラ設定といった背景部分にはほとんど触れられておらず
音声開始から3分後には早速エッチが始まります。

「フゥ! フゥ! フゥ! フゥ! フゥ! フゥ! フゥ! フゥ! おっ おっ おっ おっ おっ おっ んぉおおっ」
最大の特徴はエッチのほとんどで言語を使わないこと。
体を舐めてる時は荒い鼻息&ちゅぱ音、SEXはオホ声&効果音といったように
セリフ以外の要素を使ってどんな風に責めてるかを表現します。
片言程度の言葉を話すこともありますが、多く見積もっても全体の10%程度で完全に脇役です。

セリフが挟まらないからこそ音だけを楽しみやすく感じるでしょう。
単調さが出ないように音の位置、距離、鳴らし方を小まめに変えてありますし
女性型の人外に搾り取られる様子をストレートかつエロくお届けします。

同系統の作品を挙げるとするなら
永遠絶頂ロリータハーレム」「悦虐搾精ママハーレム」あたりです。
セリフをあまり使えないハンデがあるので作品数は少ないです。

もうひとつのポイントは責めっぷりの激しさ。
どのプレイも水分高め、ペース速めに設定しがっつく感じでエッチな音を鳴らします。
吐息や鼻息も全体的に熱っぽく、彼女が強い興味を持って彼を責めてるのがわかります。

人間に例えるならエッチがずっとご無沙汰な熟女でしょうか。
大人の色気と下品さを漂わせながら慣れた様子で色んな責めを繰り出します。
時間に対する射精回数も多めですし、年上キャラが好きな人ほど楽しめます。

ちなみに異星人特有のプレイをすることはありませんからエグさは低めです。
主人公が痛みや苦しみを感じたり命を落とすこともありません。
「人間に近い人外とエッチしたらこんな風になるかな?」を音声化してると思ってください。
抜きを第一に考え、それに向けて人外っぽい表現方法を積極的に取り入れてます。
男心をくすぐる音の数々
エッチシーンは4パート43分間。
プレイは耳舐め、キス、全身舐め、フェラ、SEX(騎乗位)です。
SEX、射精の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「これより生命体の確認をおこなう……」
無感情な様子でエッチの開始を宣言したクリーチャーは
主人公に密着し左右の耳を貪るように舐め始めます。

エッチは無抵抗な彼を彼女が一方的に責め続けます。
最初の2パート30分間は舐め重視のプレイ。
トラック2は耳舐めからの全身舐め(約22分)、トラック3はフェラをみっちり行います(約8分)。

「く…ち……し……た……舌」
そして彼女は早速非言語要素を駆使して彼の体を確かめるように味わいます。
さすがに完全な無言だとどこを舐めてるのかわからないので
右耳は「み」など本当に最小限のセリフだけを入れて吐息とちゅぱ音をガンガン鳴らします。

序盤からパワフルに責めてきますから少し驚くかもしれませんね。
子作りできそうな相手にようやく出会えて喜んでる彼女の心情が窺えます。
言葉は確かに少ないですけど彼女が何を思い、感じてるのかがある程度予測できるようになってます。

ちゅぱ音については耳舐めは舌先を小まめに動かしながら合間に啜る
フェラは強めに吸い付いたりハイペースでピストンする、といったように
プレイによって音の鳴らし方を大幅に変えてわかりやすくしてます。
抜きを意識して制作されただけあってエロさが高く、このシーンだけでも抜けるパワーを持ってます。

「おいしい ん、ンフー……ンフー……ンフー……ンフー……もっと……もっとぉ」
特にフェラは「じょりじょり」という筋っぽい音を鳴らしていて結構独特です。
挿し絵を見る限り彼女の口内は上側がヒダになってますから
それを忠実に再現するためにこういう音を取り入れたのでしょう。
トラック2は射精させなかったのが一転して2連続射精させる流れも人外らしくて良いです。

続く2パート13分間は本題の子作り。
トラック4は1回、トラック5は2回の射精に向けていずれも騎乗位で励みます。

「おっ おっ おっ おっ おっ おっ おっ」
開始前に軽いおねだりをすることもありますが
開始後はこれまでと同じく効果音とオホ系の喘ぎ声でプレイの様子をお届けします。
ピストン音も「ぎゅぽっ」という空気混じりの水音でなかなかエロく
彼女が彼の精液を一滴残らず搾り取ろうとする意思が宿ってます。

13分で射精シーンが3回あり、しかもほぼ休憩なしなのが実に人外らしいなと。
子作りできる体勢が整った後はそれに向かって一直線に進みます。
時間は前の2パートの半分以下ですけど内容の濃さはこちらのほうが上だと思います。

実際に聴いてみた感想は「とにかくエロい」です。
プレイ時間がそれほど長くないことを考慮し序盤から飛ばし気味に責めてます。
クリーチャー役の涼貴涼さんもプレイごとの演じ分けをしっかりされてますし
非言語エッチとして十分な品質と実用性を持ってると言えます。

このように、女性が生み出すエッチな音をふんだんに盛り込んだ激しめのエッチが繰り広げられてます。
ストレートな抜きボイス
「細かい設定とかいいからサクッと抜きたい」という人におすすめしたい作品です。

クリーチャーは自分が孕めそうな子種を持ってる主人公から存分に搾ろうと
まずは耳や乳首といった別の性感帯を責めてその資質を探ります。
そして十分な手応えを掴んだ後は騎乗位でガンガン責めて何度も射精へ追い込みます。

色気と積極性を兼ね備えた女性型クリーチャーが男性を責め続けるM向けのシチュ
セリフを必要最低限まで絞り込み、興奮を誘う音でエッチを表現する大胆な作り
序盤から激しく責めたり連続射精へ追い込む人外らしいエッチ。
グロさやヤバさをある程度和らげたうえで抜けるように仕上げてます。

中でも2番目は音声作品における片方を敢えてほぼ切り捨て
その代わりにもう片方を大幅に増強する思い切ったことをされてて面白いです。
吐息、鼻息、ちゅぱ音、喘ぎ声、効果音と音の種類が多く
これらを複数組み合わせてエッチするから臨場感とエロさがあります。

吐息や鼻息は音声だとあまり脚光を浴びない要素なので
これらを上手く活用してる
ところが最も印象的でした。
エッチの様子だけでなく、責めてる相手の心情を描くのにも役立ってます。
実際に聴いてみるとシーンによって随分違うことに気づくでしょう。
喘ぎ声もあんあんではなく「おうんっ」みたいな野性味のある声をメインに据えてます。

プレイがもうちょっとアブノーマルであって欲しいとも感じましたが
非言語エッチで込み入ったことをやると今度は伝わりにくくなりますから
彼女の目的を見据えた無難なところで揃えたのだと思います。

射精シーンは5回。
吐息多め、ちゅぱ音それなり、くちゅ音と喘ぎ声そこそこ、淫語ごく僅かです。

CV:涼貴涼さん
総時間 54:20

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2019年10月4日まで10%OFFの874円で販売されてます。