【ローションガーゼプレイ】おやすみガール~ヒツジさん~【KU100ダミヘ収録】

サークル「お嬢さん堂」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、獣人が現実世界のペットと同じように飼われてる世界で
羊型の女の子が大好きなご主人様にエッチなご奉仕をします。

耳舐めを多めに交えたエロ重視の作りが魅力で
催眠は時間、内容いずれも必要最低限に留め
その代わりエッチは2つのルートを用意し、それぞれで異なるプレイを繰り出します。

視聴前に以下のアイテムを用意しておくとより楽しめます(無しでも可 すべてヤンデレルートで使用)。
ローション、ストッキング、コックリング
可愛い羊娘ちゃんと
ペットのメイが催眠をかけてから色んなエッチをするお話。

「おかえりなさい! ご主人様」
メイは明るくて可憐な声の女の子。
帰宅した主人公を嬉しそうに迎え、今日何をしてたか話すと
すぐさま抱きつきお疲れ気味な彼を癒します。

本作品が技術の進化によって獣人を普通に飼えるようになった世界を舞台に
彼女がご主人様にあたる彼へ100分ほどの癒しとエッチなサービスをします。
同人音声、催眠音声どちらにもなるよう制作されたらしく
製品版には複数のルートが存在し、それぞれで彼女が違う顔を見せてくれます。

具体的には催眠をかけない同人音声ルート、催眠をかけた後にすぐさま寝かせる安眠ルート
催眠後に甘めのエッチをする快楽(健気)ルート、そして意地悪に責める快楽(ヤンデレ)ルートがあります。
一番長いルートでも60分程度で終わりますから全部聴くのはそれほど大変じゃありません。
同人音声ルートは内容を一部改変してあったりと、幅広い聴き手に対応できるよう作られてます。

「メイはご主人様のことが大好きなのに ここで待つことしかできない」
これらを行うメイは小動物的な可愛さを持つ一途な女性。
大好きな彼とずっと一緒にいたいけどそれができない状況をもどかしいと思いつつ
洗濯やお掃除を頑張って彼が安らげる環境を整えます。
そしてエッチに入ると普段よりもSっ気を見せて焦らし気味に責めます。

話し方もごく普通なところを見ると、人間とほぼ同じレベルの知能を持ってるようです。
エッチで意地悪にするのは彼がMだからであって悪意があるわけじゃありません。
好きな人を癒したい、満たしたいからする一種の愛情表現です。
言葉と行為の両方に強い想いが込められてて大事にされたい人ほど満足できます。

催眠はおよそ11分間。
横になって目を瞑り、深呼吸したりそのまま全身を脱力します。

「体が温かくなって 太ももの付け根の力が緩んでいくのを感じていてね」
普段よりも声のトーンが落ちて話すペースも緩やかになり
深呼吸の時は吐いた時にのみリラックスする暗示を入れ
脱力は中枢から末端にかけて感覚を伝播させる流れで進めます。

現役のヒプノセラピストさんが制作されてるだけあって暗示の表現が柔らかく
穏やかな声も相まって聞けば聞くほどホッとします。
途中で羊らしさを感じるイメージを軽く盛り込むなど
短い時間でやることを絞り込み、それを重点的にやってスムーズに深化させます。

リラックスに特化した非常にシンプルな催眠です。
仕事で疲れてる彼を癒やすことを目的に
深呼吸から入って手足と頭に限定した分割弛緩法、そして催眠を深めるキーワードの設定と
催眠音声では王道の技法を作品に合わせて若干アレンジしてます。

時間がかなり短いため中上級者向けだと思いますが
やってる事は理に適ってるし、リラックスしやすいアプローチがされてて結構癒されます。
サークルさんの過去作を視聴済みの方はより入りやすくなるでしょう。
愛を込めて焦らすエッチ
エッチシーンは5パート55分間。
プレイは耳舐め、乳首責め(乳首オナニー)、オナニー、おちんちんをつつく、ローションガーゼプレイ、SEX(騎乗位)、おちんちんの根本を縛るです。

ローションガーゼプレイ、SEX、射精の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。
セルフはありです。
エッチの序盤でパンツを脱ぐ指示が出ます。

「ねぇご主人様 いつもみたいに 頭撫で撫でと キスさせて欲しいな」
催眠を使って主人公を心地いい感覚で包み込んだメイは
体を愛撫しながら耳を舐めてそれをエッチな気分に変換します。

エッチは常に彼女がリードします。
一番最初の「04_ご主人様にご奉仕を?」は共通パート(約15分)。
頭を撫でたりキスして軽く親睦を深めてから
左右の耳をほぼ同じバランスで片方ずつ舐め続けます。

「こうやって耳を舐められていると 頭の奥まで メイの息遣いと水音が響いちゃう」
本作品のエッチは耳舐めにとても力を入れてまして
全パート合計するとエッチシーンの76%にあたる42分もあります。

標準くらいのペースで粘っこいちゅぱ音を鳴らすことが多く
催眠音声の中では純粋なエロさが比較的高くなってます。
舐めるだけだと催眠になりませんから、上のような暗示を挟んでコントロールすることを心がけてます。

ルート分岐が始まるのはその次から
快楽(健気)ルートにあたる「05-1_我慢ゲーム」は耳舐め+オナニー(約13分)
快楽(ヤンデレ)ルートの「05-2_我慢ゲーム上級」は耳舐め+ローションガーゼプレイをします(約8分)。

ローションガーゼプレイはローションとストッキングを使って
ぬめりを良くしてからストッキングで亀頭を包み込み、左右へ擦るプレイを意味します。
私はストッキングを持ってないのでできなかったのですが
内容を聞いただけでも亀頭がひりひりしそうな痛気持ちいいプレイです。
実際にやる場合はくれぐれもご注意ください。

「ほら 頭の中まで犯されていく 止めようと思っても メイが許してあげるまで止められない」
両ルートに共通してるのは彼女がやや意地悪に振る舞うこと。
射精をしたくなっても「許可を出すまでダメ」と言い、暗示も挟んで心身を焦らし続けます。
2人はエッチを過去に何度もやってるそうですから、それを通じてこういうプレイにたどり着いたのでしょう。
主人公が嫌がることは一切なく、同意の上でやってるのがわかります。

終盤の2パート19分間はお待ちかねの射精シーン。
「06_ご主人様すごーい!」はほぼノーマル向けの甘いSEX
「07_悪い子にはお仕置き」はおちんちんの根本を縛ってからやや意地悪なSEXをします。

「ご主人様が気持ちよくなるために メイなんでもするから」
そしてここでは彼女の健気さ、彼に対する愛情の深さをストレートに伝えます。
暗示と呼べるセリフがほとんどない代わりに吐息に近い喘ぎ声を漏らし
さらに「大好き」などあまあまな言葉を何度も投げかけて幸せな射精に導きます。
聴いた感じではほぼ同人音声のエッチですね。

催眠色がかなり薄くなってるところが残念ですが
本作品は同人と催眠のハイブリッドを目指してるようですから、敢えてこうしたと見ることもできます。
オナニーはしませんが射精シーンがあるので直接いじったほうが気持ちよくなれるでしょう。
最後はなんだかんだで優しくしてくれるところが彼女らしいです。

このように、彼のM性癖に合わせた焦らし系のエッチが繰り広げられてます。
愛情深い作品
主従の絆をエロ重視で描いたイチャラブ系作品です。

メイは自分を家族にしてくれた主人公に少しでも恩返ししようと
ペットよりも恋人あるいは嫁に近い距離感であれこれお世話します。
そしてエッチに入ると立場をわざと逆転させて彼のM心をくすぐります。

一途でちょっぴりヤンデレなところもある女の子がひたすら尽くす純愛系のシチュ
時間を極力切り詰めて誘導するコンパクトな催眠
複数のルートを用意し、それぞれで異なるプレイをする充実したエッチ。
催眠よりもエッチにずっと力を入れて作品を組み立ててます。

中でもエッチは全体を通じて焦らし気味に進め、耳舐めを多く盛り込み
さらにローションガーゼプレイという独特なものまであって随分攻めてます。
お嬢さん堂さんは確か中の人が女性のはずですから、通常ですと内容がソフトになる傾向が強いです。
しかし本作品に限って言えば男性が制作したものに負けない個性とエロさを持ってます。

ただできることならもう少し催眠の技術で気持ちよくして欲しかったなぁと。
催眠音声はやはり催眠を使ってなんぼですから
エッチシーンでその純度が落ちてる点は首を捻ります。
例えば絶頂するパートの片方を催眠重視にしてたら随分印象が変わったでしょう。

射精シーンは2回。
ちゅぱ音多め、くちゅ音それなり、淫語と喘ぎ声そこそこです。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 1:43:54

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2019年9月16日まで20%OFFの950円で販売されてます。

2019年9月30日までに製品を購入しレビューした人の中から
抽選で1名に陽向葵ゅかさんのサイン色紙が当たるそうです。