【バイノーラル】新妻の吐息~優しく蕩ける新妻からの愛の囁き~【ASMR】

サークル「Ak Voice」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、穏やかで献身的な新妻が
愛する夫を1日がかりで癒したりエッチに気持ちよくします。

多くのシーンで体を密着させながら「好き」と何度も囁いたり
エッチの時は彼が喜ぶことを積極的にやって愛情を注ぐなど
新婚特有のイチャラブ感を大事にした甘くリアルなサービスが楽しめます。
可愛い妻と過ごすラブラブな1日
妻が身の回りの世話やエッチをするお話。

「あ、おはよう 昨日はぐっすり眠れた?」
妻は明るくて清らかな声のお姉さん。
とある休日、目覚めた主人公に挨拶し寝癖を直すと
軽くキスしてから今日の予定を尋ねます。

本作品はつい最近籍を入れ幸せな日々を送ってる夫婦が
休日をまったり過ごしながら100分以上に渡ってイチャイチャします。
既に結婚してる状況を踏まえて彼女の声と態度が最初からとても柔らかく
サービスについても外で頑張ってる彼をスッキリさせることを第一に考えて進めます。

「よし OK あ、それと… ちゅっ はい おはようのちゅー」
おはようのキスをする、手料理を振る舞う、子作りSEXに励むなど
新婚から連想される要素が非常に多く、なんだか聴いてるこっちがむず痒さを感じます。
エッチについても長めの時間を用意し、パートごとにメインのプレイを変えながら丁寧に責めます。

基本的に彼女がリードしますけど、それは仕事で疲れてる彼に負担をかけたくないからであって
プレイ自体はM性がまったくなく本当に誰でも聴けます。
女性に尽くされる、大事にされるシチュが好きな人ほど楽しめるでしょう。
「好き」などの愛の言葉も多く幸福感に浸りながら抜くことができます。

もうひとつの特徴はタイトルにもなってる「吐息」。
多くのシーンで彼女が体を密着させ、至近距離から囁いたりリアルな吐息を漏らします。

「今日はお耳もいっぱい 癒してあげる」
主人公は耳が敏感らしく、そこへ微弱な刺激を送り続けて喜ばせるテーマに沿った演出です。
特に耳舐めとSEXは臨場感が高くて彼女がすぐそばにいる気分が味わえます。
2人の日常をありのままに表現するため、できるだけ自然な演技されてるように映りました。

一番最初の「1おはよう」は非エロのパート(約31分)。
起きた彼と軽くやり取りしてから朝食を作り、さらに肩のマッサージと爪切りで健全に癒します。

このパートは音にかなり力を入れてまして
例えば朝食を作るシーンはセリフを挟まず音だけで表現します。
最後にメニューを教えてくれますから予想しながら聴いてみるといいでしょう。
マッサージと爪切りも専用の効果音をタイミングよく鳴らしてくれて質が高いです。

「痛くない? うふふっ 良かった」
もちろん彼女との会話も別方向の癒しを与えてくれます。
この後のパートも含めて彼が満足するたびに嬉しそうな表情を見せるのがとても印象的でした。
言葉以外の手段で彼女の内面を描き一体感を出してます。
サークルさんはASMRに位置づけられてますが、会話量がそれなりにあるので私はバランス型と見ています。
愛を込めて責めるエッチ
エッチシーンは4パート64分間。
プレイは手コキ、耳舐め、オナニー、体の愛撫、SEX(騎乗位)、キス、フェラです。
服を脱がす、手コキ、体の愛撫、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「うん いいよ だから今日は気が済むまで あなたの性欲を 私が発散させてあげるね」
爪切りの後、主人公に「溜まってる」と言われた妻は
その意味を察してズボン越しにおちんちんを優しく撫で始めます。

エッチは常に彼女がリードします。
一番最初の「2手コキ」でするのはもちろん手コキ(約15分)。
序盤は服の上からいじって勃起を促し、中盤以降は直接責めてゆっくり射精に導きます。

「もしかして照れてるの? 私に勃起したおちんちん見られて 照れちゃってるの? ふふっ 可愛い」
「シコシコ シコシコ 好き 好きよ あなた」

エッチに入っても2人のイチャラブっぷりは留まるところを知りません。
おちんちんを見られて恥ずかしがる彼に優しい言葉をかけて勇気づけ
さらに手コキの合間に「好き」を何度も言って心もぽかぽかにします。

妻役の琴音有波(旧名:紅月ことね)さんはドSキャラを数多くやられてる声優さんですが
自サークルのAk Voiceさんではこういうあまあまなキャラを演じることが多いです。
囁き声も相まって新婚らしい温かな空気が漂ってます。

効果音が少しずつ変わっていくのもいいですね。
ズボン越しの時は布系の摩擦音だったのが直接だと滑らかになり
カウパーが出始めた頃からは「きゅぽっ」という空気混じりのいやらしい水音に変化します。
本作品は彼女が囁き声で話しますから効果音の質は結構重要です。
キャラとプレイの両方にこだわって愛のある抜けるプレイを作り上げてます。

2番目の「3ラブラブ耳なめオナニー」は密着感が光るプレイ(約17分)。
1回出してもまだまだ元気なおちんちんを鎮めようと彼女が耳舐めオナニーを提案します。

「あなた とってもいやらしい 私もすっごくそそられちゃう」
オナニー自体は最初に軽い指示を出す程度に留め
その後はポジティブなセリフを投げかけながら左右を小まめに移動し耳を舐め続けます。
彼女のキャラに合わせたのか、ちゅぱ音は水分控えめのコリコリした上品なものにしてました。
吐息の量も多く本作品の特徴がストレートに出ています。

最大の山場はもちろん次の「4セックス」(約21分)。
我慢できなくなった彼女が横になった彼の上に跨がって挿入し
その後はキスや耳舐めを絡めながら後になるほど激しく腰を打ちつけます。

挿入した瞬間に吐息が今までよりも熱っぽくなり
その状態を少し維持してからぐちゅぐちゅした音をゆっくりペースで鳴らします。
大きくあんあん喘いだりはしないので聴き始めた直後は大人しく感じるでしょうが
本当に少しずつ熱と勢いを増していく様子が生々しく、2人が本気で愛し合ってるのが伝わってきます。

「あなたがいいなら 今すぐでも あなたとの赤ちゃん欲しいな」
射精が近くなった頃から妊娠覚悟のおねだりをするなど
初々しい夫婦から親へ変わろうとするのをエッチに描いてました。
彼女の彼に対する想いの強さとリアルな吐息を組み合わせた愛情たっぷりなプレイです。

このように、心の繋がりを大事にしながらご奉仕するあまあまラブラブなエッチが繰り広げられてます。
愛に溢れてる作品
新妻と2人きりで1日過ごす様子をリアルにお届けする作品です。

妻は外で仕事を頑張ってる主人公の心と体を癒そうと
朝からご飯の支度や身の回りの世話をしてとことん尽くします。
そしてエッチに入っても自分が責めつつ彼を持ち上げて幸せな射精に導きます。

健気で優しい新妻が夫にあれこれお世話する甘いシチュ
仲の良さや愛情の深さを感じさせる要素の数々、密着しながら囁き声と吐息を漏らす臨場感の高いエッチ。
タイトルの「新妻」と「吐息」を軸に据えた癒しの成分が強い作品に仕上がってます。

「すごい あんなにたくさんエッチしたのに まだこんなに出るんだね ふふっ 嬉しい」
最初から最後までポジティブな表現で固めてあるおかげで安心して聴けます。
彼に喜んでお世話してる彼女の姿にも癒しを感じました。
焦らし、寸止め、罵倒といったM向けの要素がほぼなく
完全女性上位のプレイとは思えないほど穏やかな空気が漂ってます。

あとはサークルさん自身もおっしゃられてますけど効果音にとてもこだわってます。
日常風景を描く時は食器を持つ音や小さな物音まで入ってますし
エッチも同じプレイ内で状況に応じて音とリズムを変える演出がされてます。
全編を通じて流れる彼女の吐息も音の一種で重要な役割を果たしてます。

エッチは全体的に責めるペースが緩めなのを時間の長さと音の厚みで補ってます。
手コキなら効果音+吐息、SEXなら効果音+吐息+ちゅぱ音といった具合です。
愛の言葉を多めに言う関係で淫語の量はそれほど多くありません。
それでもエロいと感じるのはこのへんの工夫が上手く機能してるからだと思います。

射精シーンは3回。
吐息とちゅぱ音多め、くちゅ音それなり、淫語と喘ぎ声そこそこです。

CV:琴音有波さん
総時間 1:47:32

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2019年7月17日の24時まで20%OFFの1036円で販売されてます。