ラ・メールの部屋へようこそ~触手連続絶頂、無限ループ絶頂でメスイキ失神~

サークル「TS heaven」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、アンドロイドがエッチの相手をするようになった未来の時代に
風俗店の店員が触手を使った女体化プレイを提供します。

後になるほど触手の数が増え、それに合わせて責めっぷりがハードになるのが特徴で
最初はクリトリスだけだったのが乳首、尿道、乳腺、おまんこと同時責めする部位が増え
それに合わせて効果音を鳴らしたり、気持ちよくなる暗示を入れて蹂躙される快感を伝えます。
触手プレイをとことん追求
生体リアルドールのラ・メールが触手プレイをするお話。

「いらっしゃいませ ようこそお越し下さいました」
ラ・メールはややトーンの低い落ち着いた声の女性。
よく行ってるお店で女体化触手プレイを選んだ主人公に挨拶すると
軽く自己紹介してからプレイの時に着る衣装を選んでもらいます。

本作品は女性になりきって人間相手とは違う快感を味わうことを目的に
彼女が100分程度に渡って催眠をかけたりハード路線のエッチをします。
彼女はアンドロイドですが人間の女性とほぼ同じ性格を持っており
無機質さをあまり感じない声で語りかけながら少しずつ丁寧にリードします。

「このように真空パックになっていて、空気に触れると活動を始めます ピンク色で、大きさはディルドくらいでしょうか?」
最大の特徴は触手をガンガン使うこと。
海産物のようにパックに入った状態で登場し、一緒にお風呂へ入ったりエッチするなど大活躍します。
音声作品の触手はエッチシーンから登場することが多いのですが
本作品では個性をより強く出すために催眠パートの序盤から彼女をサポートします。

肝心のエッチも女体化と上手に組み合わせていて内容が濃いです。
おまんこだけでもクリトリス、尿道、膣、Gスポット、ポルチオとケアする範囲が豊富ですし
さらに乳首、乳腺、口内など様々な性感帯を同時責めします。

触手責めされてる雰囲気が出るよう各プレイに専用の効果音が用意されてますから
非現実的なプレイでも割とイメージしやすく感じるでしょう。
作品のキーとなる要素なので作り込みがとてもしっかりしてます。
触手と一緒に深い海の底へ
催眠は3パート31分間。
バスルームに移動して目を瞑り、1回大きく深呼吸してから全身を脱力します。
実際にお風呂に入って聴くのは危険ですから我々はベッドや布団に寝るのがいいでしょう。

「胸からお腹、背中全体の筋肉が脱力して上半身が、ぷかーっと浮いてくる もう口が半開きになっているかもしれませんね」
「ローションの浮力が効いて、更に体がふわーっと浮き上がり、もっと楽になりますよ そして、バスタブの水分がどんどんローションになって全身が暖かい粘液に包まれる」

バックでお湯の揺れる音を適度に流しながら
それによる浮遊感や温かさを言葉で伝えて入浴気分を与えます。
触手は吸収した水分をローションに変える機能があるらしく
この時点から湯船に入って弾力のある水音を鳴らしリラックスを手伝います。

彼女が触手マスターだからというのもあるのでしょうけど
触手がいるのが当たり前の状況を作って後々行う触手プレイを受け入れやすくします。
エッチの道具ではなく文字通りパートナーとして扱うのが面白いです。

続く「003 深海へ沈んでいく」は深化がメイン。
エッチシーンでどんなことをするのか軽く実況してから
カウントを刻む要領で水面から海底1万メートルまでゆっくり沈みます。
ちなみにここではバックに泡の弾ける音が流れます。

「クリトリスでこれですから、乳首やバギナがどんな風に責められるか想像できますか? 失神するくらいじゃ済まないでしょうね 女の子になって犯されるの、楽しみですね」
実況する際に聴き手の期待を膨らませる言い方をしてるのが印象的でした。
触手プレイと言われてもピンと来ない人はいるでしょうし
わかりやすく語りながらそのメリットを強調することで聴き手の気持ちを前向きにします。
風俗店らしく彼に配慮するシーンがいくつもあって雰囲気が柔らかいです。

「体も頭も力が抜けきり 触手スーツが皮膚みたい 意識は自分なのに 体は女性のように感じる」
その先の海底に沈むシーンは100~500メートル単位でカウントを数え
その都度「沈む」などの暗示を入れる定番のアプローチがされてます。
深化と同時に女体化も進めるように作られてますから
意識のぼやけを感じながら自分が変わっていく気分を楽しめるでしょう。
女体化専門で活動されてるサークルさんなだけあって催眠の作りも結構独特です。

本格的に女体化するのは最後の「004 触手に女体化される」。
海底にいる大きな触手に全身を飲み込まれ、そこに漂う女体化ホルモンを吸引します。

「吸ってー、早くも効果が出始める 吐いてー、体が一回り小さくなる 吸ってー、どんどん落ちて行く 吐いてー、可愛い女性の顔になる」
丸呑みするのですが体を消化するのではなく
そこを子宮に見立てて生まれ変わる柔らかい描写がされてます。
深呼吸しながら体格、顔、胸、性器といった性差が出やすい場所を変化させ
最後に冒頭で選んだ衣装を身に着けて完了します。

変化後の容姿や衣装は特に指定されてないので
自分でなりたい女性像があるならそれにすればいいし、ないなら挿し絵の女の子をイメージするといいでしょう。

作品固有の要素を織り交ぜて行う風変わりな催眠です。
聴き手の体を女性へ変えることを目的に、深呼吸から入ってお風呂のイメージを絡めた脱力
カウントを数えながら深海に潜る様子を実況し、それと同時に深化の暗示や女体化のアプローチをかける
といった具合にイメージ主体で一歩ずつ丁寧に進めます。

技法自体は古典催眠がベースになってますが
そこに触手を積極的に取り入れ、かつ効果音や環境音をうるさく感じない程度に鳴らすため
一般的な催眠誘導とは随分違った印象を受けます。
ラ・メールも人間のお姉さんとほぼ同じ態度を取ってくれて穏やかに感じました。
催眠は入りやすいですけど女体化がやや特殊なので、女体化催眠経験者向けの内容だと思います。
後になるほど密度と刺激が上がるエッチ
エッチシーンは5パート39分間。
プレイは触手のクリ責め/尿道責め/乳首責め/乳腺責め/口責め/おまんこ責め、ラ・メールとのSEX(正常位?)/乳首責め、???です。

クリ責め、尿道責め、乳首責め、乳腺責め、おまんこ責め、SEX、潮吹きの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。
セルフはありません。

「触手が作ってくれたローションを垂らしますよ そして、触手をベッドに放ちますね」
催眠を使って主人公を女性に変えたラ・メールは
いよいよ触手で彼の脚を開きクリトリスを責めます。

エッチは基本触手に任せ、一部で彼女も直接相手します。
最初の2パート15分間は性感を高めながら軽く絶頂させるサービス。
「005 クリ責め・尿道責め」は性器、「006 乳首責め・乳腺責め」は胸に的を絞った触手プレイをします。

「ほら、グチュっと音を立ててクリトリスに吸い付かれる キューーっと音を立てながらクリを吸い出される 同時に女体化ホルモンを浴びせられクリトリスが大きくなる」
そしてここでも触手が重要な役割を果たします。
例えば上のセリフでは「グチュっ」「キューーっ」を言うのに合わせて専用の効果音が鳴り
それ以外でもにちゃにちゃといやらしい音を立てて性感帯を執拗に刺激します。
効果音を垂れ流すのではなく、状況に応じて使い分けることで臨場感を上げてます。

プレイが進むほど触手の数が増えるのもいいですね。
この触手には女性の体液を吸収すると増える性質があるらしく
005の中盤で1匹から2匹、006の序盤で2匹から3匹へと増えます。
触手が増えれば当然同時責めできる部位も増えるわけで、後になるほどよりハードかつ濃いプレイに変化します。

「ほーら、私の可愛い触手ちゃん、軽く甘噛みしてあげなさい 両乳首とクリトリスを同時に甘噛みされる 激烈な快感に体内を貫かれ、「イッ!」と奇声をあげる」
個人的に興味深かったのがセリフの表現。
上のように主人公の喘ぎ声を交えながらプレイの様子を実況します。
こういう場合、何をしてるかを主観視点で語ることが非常に多いのですが
こうすることで視覚と聴覚をバランスよく刺激することになり
その結果イメージ主体のエッチよりも臨場感が高く感じさせるのを狙ったのだと思います。
女体化作品でこういうアプローチは初めて聴きました。

乳首&乳腺責めの時は胸のあたりが多少熱くなる程度でしたが
クリ&尿道責めは股間がゾワゾワしたり快感を伴う痙攣が何度もあって気持ちよかったです。
まだ始まったばかりなので責めるペースを緩めにし、雰囲気に浸らせながら開発する感じに進めます。

続く3パート24分間はよりM性を高めたプレイ。
「007 ペニスで犯される」はラ・メールのおちんちんを挿入し
「008 触手連続絶頂」は再び触手に戻り、これまで個別に責めてきた性感帯を同時責めします。

「カプッとクリに吸い付かれ、同時に尿道にも細い触手が入ってくる 乳腺と尿道を同時に犯されムズがゆい ゆっくりとピストン運動のように出し入れされビクビク痙攣してしまう」
これまでに比べて責める範囲が一気に増え、かつ効果音も複雑になる触手ならではのサービスです。
うるさく感じないようペースは落としてあるものの
彼女の追い込みも強めで聴けば聴くほど熱とエネルギーが高まっていくのを感じます。

セリフに合わせて声が漏れる人がいるんじゃないでしょうか。
私が聴いた時も大声ではありませんが絶頂シーンの近くで自然とそうなりました。
同時責めなのにあまり陵辱色を感じないのは風俗店のサービスだからでしょう。
触手プレイから連想される凄惨さを多少和らげて聴きやすくしています。

ただし、最後の「009 触手貫通プレイ」だけはまったくの別物です。
008と同じく全身を触手責めするのですが、そのやり方がかなり踏み込んだものになってます。
パート名の通り「貫通」が大きなテーマです。

サークルさんもここだけ「視聴注意!」と書かれてるように結構癖のある内容です。
なので自信のない方は2回目以降からこのパートを組み込むといいかもしれません。
おまけで008の無限ループファイルもありますし、009を省いたとしても十分楽しめます。

このように、触手プレイをふんだんに盛り込んだ刺激の強いエッチが繰り広げられてます。
攻めてる女体化作品
テーマは王道なんだけど内容はかなり個性的な作品です。

ラ・メールは触手プレイを選んだ主人公を存分に楽しませようと
まずは触手を交えた催眠で海底に案内しつつ女体化を進め
さらにエッチもどんどん増えていく触手を使い分けて性感帯を幅広く責めます。

穏やかなアンドロイドが女体化触手プレイでもてなすM向けのシチュ
触手を交えたイメージで癒しつつ深化や女体化させるテーマ性の強い催眠
後になるほど触手の数とハードさが増す突き抜けたエッチ。
どのシーンにも触手を絡め、なおかつ有効活用して不思議で気持ちいいサービスを作り上げてます。

従来の触手系作品よりも触手の存在感を大きくしてるところが最も印象的でした。
お風呂ではお湯をローションに変え、深化時はマスクとスーツの役割を果たし
女体化は丸呑みして全身を同時に変える、と至るところで登場します。

エッチも触手責めメインなんだけど責める部位を細かくし
さらに同時責めの範囲を広げて本作品らしさを出してます。
ほとんどのシーンで効果音が鳴りますからイメージするのは割と簡単です。
そしてこれは催眠音声によくある「純粋なエロさが低い」を防ぐことにも繋がってます。

009パートでニッチなことをやってる以外は本当によくまとまってると思います。
TS heavenさんは活動開始当初から芯を持ってる優れたサークルさんだったのですが
無料から有料メインに転向された1年前以降は表現の柔軟性にさらなる磨きがかかりました。

女体化はこのところ新作があまり出ない状況が続いてますし
今後も無理のないペースで制作を続けてくださることを心より願ってます。

絶頂シーンは最低でも5回。
くちゅ音多め、淫語と喘ぎ声そこそこ、ちゅぱ音はありません。

おまけはループファイルと無音ファイルです。

CV:琴音有波(旧名:紅月ことね)さん
総時間 1:54:49(本編…1:40:52 おまけ…13:57)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります