ドスケベ風紀委員長のエロエロ性活指導♪〜クラス1えっちな君の性欲管理しちゃいまぁ~すっ♪〜

サークル「レジスタンス和歌山」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、風紀委員長をしてる真面目でドスケベな女の子が
同じく性欲旺盛なクラスメイトの男子に体を張ったエッチな指導をします。

淫語を多めに交えた言葉責めで彼を誘惑したり
バックで獣のような激しいSEXをしながら気持ちいいアヘ声を漏らすなど
彼女の性格を色濃く反映させた実用性の高いエッチをするのが特徴です。
淫乱な男子をしっかり管理
風紀委員長の「立花 由良(たちばな ゆら)」と4種類のエッチをするお話。

「ねぇ君 ちょっといいですか?」
由良は丁寧な言葉遣いをする可愛い声の女の子。
クラスメイトにあたる主人公に声をかけ自己紹介すると
用があるから放課後に隣の空き教室へ来てほしいと言います。

本作品は学校の風紀を守るために日々活動してる彼女が
彼を相手におよそ85分に渡るドスケベ指導をします。
オナニー、耳舐め相互オナニー、SEX、言葉責め重視の手コキとパートごとにプレイを切り替え
いずれも彼女が積極的にリードして気持ちいい射精に導きます。

「私をオカズにして オナニーしてくださぁい」
風紀委員長と聞くとお硬いキャラをイメージするかもしれませんが
彼女の場合は根っからのドスケベなので事務的なところは一切ありません。
挿し絵のようにパンツを見せつける、密着して至近距離からオナニーを披露する
他のクラスメイトにバレるスリルを味わわせながらおちんちんを弄ぶなど
ノーマル~ややMあたりの人が喜ぶことをガンガンやって巧みに誘惑します。

彼がとてつもなく性欲の強いキャラに設定されてるので
それに負けないレベルのスケベっぷりを発揮し楽しくエッチに取り組みます。
口では「彼を野放しにしておいたら他の女子が危ない」と言ってますけど
本心では自分を受け止められる男性に出会えて喜んでるのだと思います。

「最高に気持ちよく射精させてあげますから おちんぽにぶら下げた金玉タンクに 一滴も残らないような すっごい射精 経験させてあげますから」
エッチはタイトルに負けないよう「抜きやすさ」に力を入れてます。
中でも言葉責めは淫語を全体的に多く盛り込んであってパワフルです。
最終パートだけは彼を見下す態度を取りますが
それ以前はむしろ女性に対する征服欲をくすぐることのほうが多いです。
体への責めも品質が高く、抜きどころに困ることはまずないでしょう。

ドスケベな風紀委員長がドスケベな男子をエッチにもてなし精液を搾り取る。
多くの男性が夢見るシチュをストレートに表現した抜き重視の作品です。
本性が徐々に現れるエッチ
エッチシーンは4パート66分間。
プレイはパンツ鑑賞、オナニー、パンツの匂いを嗅ぐ、耳舐め、手コキ、相互オナニー、SEX(バック)です。
オナニー、手コキ、由良のオナニー、SEX、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「じゃあ 君がどうしてもオナニーしたくなるように 私がもうひと肌脱いじゃいます」
主人公が淫行に走るのを止めるためにこの場でオナニーして欲しいと言った由良は
彼が躊躇するのを見て自ら足を開きパンツを見せつけます。

エッチはごく一部を除き彼女がリードします。
一番最初の「クラス1のエロエロ男子にガニ股M字開脚でオカズ提供しちゃいまぁ~す♪」でするのはオナニー(約19分)。
彼女のパンツとエッチな話をオカズに自分のペースでしごきます。

「そう ここ ちょっとだけ湿ってるのわかります? なんでだと思いますかー?」
「やぁん あぁ ちょっと やらしすぎ そんなに激しく匂い 嗅がないでくださいよぉ」

そして彼女は早速言葉責めで彼をさらにやる気にさせます。
パンツの中央部分がうっすら濡れてることや、それが自分の愛液&汗だと教えたうえで
顔を近づけ匂いを嗅ぐ指示するところなどは本当に彼女らしいです。

これらをする際に嬉しそうな表情を見せるのがとても印象的でした。
普通の女性なら嫌がることを自ら進んでやることでドスケベっぷりをアピールします。
オナニーを披露してることを見下したりしないので雰囲気は結構穏やかです。

オナニーは開始と同時に標準くらいのペースで効果音が鳴り始め
それが後になるほど少しずつ速くなります。
気持ちを盛り上げられる要素が多いおかげで20分程度でも気持ちよく射精できました。

次の「風紀委員長に耳舐めされながら相互オナニーして擬似セックスしましょうよぉ~っ♪」は耳舐め+相互オナニー(約16分)。
1回出しても全然萎えないおちんちんを見て
彼女が自分から密着し耳とおちんちんを同時に責め立てます。

「はーい これで 現役JKドスケベ風紀委員長の エロエロニセおまんこの 完成でーす」
彼がより興奮できるように自分の手をおまんこに見立て
唾液でぬめりをよくしてから比較的激しくしごきます。
相互オナニーになるのはパートの中盤頃からで、引き続きおちんちんをいじりながらおまんこも慰める感じです。

私には彼女が自分の欲望を抑えられずにいるように映りました。
引き続き服は脱がないものの、エッチな音の量と密度が上がっており
前のパートとは違った良さを持ってます。
後になるほど彼女が自分の本性を曝け出すのも本作品の大きな特徴です。

個人的に最もエロいと感じたのは3番目の「性欲全開変態ワンちゃんを性欲管理♪ホンモノ交尾してあげまぁ~す♪」(約12分)。
これまでのエッチですっかり発情した彼女がSEXを自らおねだりし
そこへ彼が後ろから挿入して獣のように愛し合います。

「指なんて比べ物にならない リビドーこじらせまくったワンちゃんの獣チンポで ずっと突かれてたいぃ」
「出てりゅぅぅ いっぱい出してもらってるよぉぉ 由良の大好きな 変態おちんぽミルクぅ」

性欲の収まりが効かない彼を犬扱いするところはややM向けですが
今までとは違い彼が責め続け、彼女が思い切り乱れるプレイスタイルはむしろS向けと言えます。
彼女が自分の心情を思い切りぶちまけてくれるのが実に良いですね。
パート中盤以降はややアヘった声で情けないセリフを色々言ってくれます。

時間は本作品の中で最も短いのですが
責めっぷりがハードなのに加えて、彼女のドスケベなところが最もよく表れおり抜き度が高いです。
他のパートとは違う彼女の姿が拝めて大変満足しました。

このように、彼女の性格や魅力を全面に押し出した明るいエッチが繰り広げられてます。
男心を的確に突いてくる作品
M性をあまり出さずに弄んでくれる作品です。

由良は見た目は普通だけど底知れぬ性欲を持つ主人公をスッキリさせようと
自分から彼に接触し、2人きりになれる場を設けてストレートに誘惑します。
そして彼を指導する名目でおちんちんをしっかり味わい楽しみます。

仕事熱心だけどエッチも大好きな風紀委員長が男子生徒を気持ちよく躾けるシチュ
自分の体やイメージを使って興奮を盛り上げる巧みなリード
物語が進むにつれて欲望に素直になる彼女のキャラ。
ドラマ性はほとんど持たせずひたすらエッチを追求する方針で作品を組み立ててます。

「しょうがないなぁ いいですよ それが由良の 風紀委員長の務めですから」
彼女は風紀を守る立場にあるので普段は彼に付き合ってあげてる態度を取ります。
しかしエッチの佳境に入ると彼と同等、あるいはそれ以上のドスケベっぷりを発揮します。
中でもSEXパートの乱れる姿は圧巻でした。
このギャップも彼女の魅力だと思います。

エッチは言葉責めが秀逸なのに加えて体への責めも安定感があります。
両方をバランスよく刺激したほうが射精した時の快感も大きくなりますし
彼女のエッチに対する貪欲さを表現するのにも役立ってます。
まだ2作目とは思えないほど質の高いプレイをしていてびっくりしました。

射精シーンは4回。
淫語とくちゅ音多め、ちゅぱ音と喘ぎ声そこそこです。

オナニーのオカズになる作品を探してる人には特におすすめします。
おまけは「挨拶運動強化月間中に「とっ~ても健全な男子」発見しちゃいましたぁ~…♪」です。

CV:一之瀬りとさん
総時間 1:27:50(本編…1:25:40 おまけ…2:10)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります