あまあまでぺろぺろ-白衣の天使-

サークル「1日分のもちもちだま」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、それぞれに違った魅力を持つ2人のナースが
一緒に働いてる医師を癒したり気持ちよくします。

サークルさんが得意とされてる耳舐めを多く盛り込んだ
ちょっぴり意地悪なサービスが行われており
個別に、あるいは同時にとパートによって登場人物や人数を変えながら
ちゅぱ音を至近距離からガンガン鳴らしつつ軽い焦らしや寸止めを挟んで悪戯します。
お医者さんへのエッチな治療
ナースのさとみとあやせが3種類のご奉仕をするお話。

「先生 先生? もぅ 何ボーッとしてるんですか?」
さとみは上品でおっとりした声のお姉さん。
終業後に仮眠室でボーっとしてる主人公に話しかけると
その理由を尋ねてから約束の耳かきをしてあげます。

本作品は医師として日々仕事を頑張ってる彼へのご褒美に
彼女とその後輩にあたるあやせが70分近くに渡って耳かきとエッチをします。
過去作「あまあまでぺろぺろ」の姉妹作品にあたりますが
登場人物やストーリーに関連性はありませんから今作からでも問題なく楽しめます。

最大の特徴は耳舐めに力を入れてること。
全パートで必ず耳舐めを行い左右個別に、あるいは同時にリアルな音をガンガン鳴らします。
「エッチシーンのおよそ9割で耳舐めする」と言えばボリュームの多さがわかっていただけるでしょう。
前作で好評だった要素をそのまま受け継ぎ、かつパワーアップさせています。

あやせ「こうやって ゆっくりはむはむするたびに 歯を立てられたりするなんて 気持ちいいんですよね」
耳舐めをする際にマンネリ感の解消に気を配ってるのが良いですね。
さとみ、あやせ、2人同時とパートごとに登場人物を切り替え
それぞれに合ったやり方で耳にご奉仕して違いを出してます。
具体的にはさとみはエッチに慣れてる感じが出るようにペースを速めて吐息を多めに挟み
あやせはゆっくり目に責める代わりに舌を丁寧に動かして隅々まで刺激します。

声優さんが違うおかげで同じ耳舐めでも鳴らし方やリズムに違いがありますし
所謂垂れ流し系作品との違いをはっきり出せてて素晴らしいです。
舐め、吸い、啜りを数秒ごとに変化させて色んな音と刺激を耳に送ってくれます。

それ以外については責める部位をおちんちんに絞り込み
わざと緩く責めて焦らしたり、射精前に軽い寸止めを挟む意地悪なリードをします。
といっても癒し系のサークルさんですからM向けと呼べるほどのことはしません。
Mっ気のある彼に喜んでもらうためのサービスとしてこれらを行います。
耳舐めが割とストレートだからこちらに捻りを加えたのかもしれませんね。

本作品唯一の非エロサービスは耳かき(約10分)。
「01_先輩ナースの耳かきと耳舐め」でさとみが左耳→右耳の順に
耳かき棒と梵天を使い分けてスムーズにお掃除します。
息吹きは梵天の合間にちょこちょこやります。

耳かき棒は「ずすっ そりそり」というやや平べったく乾いた音
梵天は「ぷすぷす」と面積広く柔らかな音が使われており
耳の壁を小刻みに撫でる、軸を持ってゆっくり回転させるといったように
器具の違いが出るよう質感と動きに気をつけながら丁寧に鳴らします。

さとみ「先生は 私に甘えたかったんでしょ? 私 わかってますから」
耳舐めを始めるにあたっての雰囲気作りに位置するサービスですが
これだけでも十分癒やされると言っていいくらいしっかりしてます。
最中に交わされる会話も甘くて安らぎを感じるでしょう。
彼の仕事ぶりをいつも近くで見てるからこそ、オフの時はとことん甘やかそうとします。
変化に富んだ耳舐めを楽しみながら
エッチシーンは3パート44分間。
プレイはオナニー、耳舐め、両耳舐め、あやせとのSEX(騎乗位)、さとみとのキス/お掃除フェラです。
オナニー、SEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「もう期待しちゃってるのね」
耳かきを終えて主人公に添い寝したさとみは
おちんちんが膨らんでるのに気づき、今度はそちらをスッキリさせてあげます。

エッチはどのパートも女性側が責め続けます。
一番最初の「01_先輩ナースの耳かきと耳舐め」はさとみが1人でご奉仕するパート(約11分)。
右手至近距離からオナニーの指示を出し、その合間に耳を舐めて射精へ導きます。
販売ページには「手コキ」と書いてありますが実際にするのはオナニーです。

「あぁ おちんちんビクビクさせて喜んじゃってる」
彼女は恋人ではないようですが彼と過去に何度もエッチしてる関係です。
だから彼がおちんちんを出しても一切見下したりせず
最初はゆっくり、後になるほどペースを上げて気持ちよくします。
そして自身はその様子を見ながらうっとりした声を漏らします。

見られてることを多少意識させてくるので恥ずかしく感じるかもしれません。
でもそれをしっかり受け止めてくれる彼女の包容力が心地良いです。
ただし、パートの中盤以降は軽い焦らしや寸止めを行い射精を遅らせようとします。
すんなり許可を出すよりもこうしたほうが彼を満足させられるからやってる感じです。

耳舐めは序盤からハイペースなちゅぱ音を右耳にだけ鳴らします。
露骨にエロく振る舞うことはありませんが、舌使いと吐息が生々しく
彼女がすぐそばにいるような気分に浸りながらオナニーできます。

続く「02_後輩ナースの耳甘噛み」は後輩のあやせが活躍するパート(約18分)。
次の日の朝、早い時間に出勤した彼女が彼に耳舐めをプレゼントします。

「ほらほら先生 いつも頑張ってるんだから たまには息抜きしましょ?」
彼女はさとみより年下なこともあり気さくで活発な性格をしてます。
だから彼とさとみがエッチな事をしてると知っても特に気にせず自分なりのやり方で癒そうとします。
プレイが耳舐めのみなので数分ごとに左右を切り替え
比較的ゆっくりペースで多彩なちゅぱ音を鳴らす本作品らしいサービスが楽しめます。

射精シーンはありませんから完全に耳舐め特化のパートですね。
セリフよりもちゅぱ音の量を多くして音に集中しやすくしてます。

最後の「03_先輩×後輩ナースとお遊び」は密度が売りのパート(約15分)。
その日の終業後、今度は2人が協力して彼に今まで以上のご褒美をあげます。

あやせ「先生 どうしちゃったんですか? 体 ビクンビクンってなってますよ」
さとみ「そういう敏感なところ 結構嫌いじゃないですよ」
あやせは右、さとみは左に陣取り掛け合いを挟みながら
左右の耳を同時に舐めたりSEXしながらキスする濃厚なプレイです。
片方がしゃべってる時はもう片方が耳舐めを続けてちゅぱ音を切らさないようにするなど
細かな部分にまで気を配って2人に同時責めされてる雰囲気を出します。

通しで聴いてみるとやはり両耳舐めは片方と随分違います。
複数のちゅぱ音に包まれてるひと時は不思議で心地良いです。
キスやフェラとの違いもちゃんと出せてますし、お二人の演技力の高さが光るパートと言えます。
純粋なエロさも最も高く本作品一番の抜きどころです。

このように、耳舐めにこだわりながらキャラの違いも出してる穏やかなエッチが繰り広げられてます。
明るい耳舐め作品
ナースらしい心の行き届いたご奉仕をしてくれる作品です。

さとみとあやせは日々色んな患者を治療してる主人公に安らぎを与えようと
病院の仮眠室で耳かきやエッチをして心身をリフレッシュさせます。
そしてそれらと並行して敏感な耳もたっぷり舐めてより満足させます。

タイプの異なるナースが協力してご奉仕する癒し系のシチュ
質の高い音を丁寧に鳴らすシンプルな耳かき
耳舐めの質と量にこだわりながらパートごとに異なる責めを繰り出すエッチ。
タイトルの「あまあまでぺろぺろ」をそのまま音声化したような作品に仕上がってます。

あやせ「私 仲間に入れてもらえて 楽しかったですよ」
さとみ「今度からは あやせちゃんと3人でお楽しみができますね 先生」
耳舐めが売りの作品なのは間違いないですけど
これらを行う彼女たちのキャラも結構立ってて癒やされました。
さとみは大人の女性らしい落ち着きと色気を兼ね備えた女性
あやせは目上の主人公にも気さくに話しかける活発な女性と違った魅力を持ってます。

前作にあったキャラによる耳舐めの演じ分けがなくなった点だけは残念ですが
声優さんを2人に増やして幅広い耳舐めを提供する工夫が見られます。
ひたすらちゅぱ音を鳴らすのではなく、何らかのビジョンを持って演じてるように感じました。
エッチは耳舐め好きかどうかで満足度が大きく変わるでしょう。

射精シーンは2回。
ちゅぱ音多め、くちゅ音それなり、淫語と喘ぎ声そこそこです。

おまけはNG集、フリートーク、耳舐めです。

CV:さとみ…かの仔さん あやせ…天知遥さん
総時間 1:32:53(本編…1:08:22 おまけ…24:31)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は8点。
93分で540円とコスパが良いので+1してあります。