リミットマリオネット

サークル「エロトランス」さんの催眠音声作品(男女両用)。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第43回目は上品だけどSっ気の強いお姉さんが
催眠を使って声に操られイかされる快感を教えます。

彼女の人形になって絶頂の限界に挑戦するややハードな内容になっており
催眠は割とスタンダードな技法を使ってスムーズに落とし
エッチも中盤あたりまでは準備に専念してイキやすい環境を整えます。
気持ちいいだけのお人形さんに
お姉さんに催眠をかけられ何度も絶頂するお話。

「さぁ 今から 私の催眠が始まります」
お姉さんはややトーンの低い整った声の女性。
自己紹介や背景説明といった前置きはすべて省略し
催眠で気持ちよくなりたい主人公の願いを叶えるための心得を教えます。

本作品は射精よりも長く深い絶頂を味わわせることを目的に
彼女が60分程度をかけてそれに沿ったエッチな催眠を提供します。
キャラやストーリーといったドラマ要素は完全に排除し
音声開始直後にもう催眠の下準備に入る特化型の作りです。

最大の特徴は終盤に多めの連続絶頂シーンがあること。
催眠パートはリラックスや深化しやすいよう穏やかに進め
エッチも中盤あたりまでは催眠重視で進めて感度をとことん上昇させます。
そして最後の最後にカウントを数えながら絶頂指示を何度も出して一気に追い込みます。

絶頂シーンの前と開始後の落差がかなり大きいので
雰囲気や彼女の態度の変化によっても快感がせり上がってくるのを感じるでしょう。
そこ以外は穏やかでM性も低めですが、視聴後はそれなりに体力を消耗してると思います。
1回出しておしまいの射精とは明らかに違う快感が味わえて気持ちいいです。

催眠はおよそ14分間。
仰向けになって目を瞑り、まずは深呼吸や脱力をして心身をひとまず落ち着けます。

「集中こそ 催眠への入り口 集中こそ トランスそのもの」
「カチッと切ると 首の筋肉がほぐれ 頭自身が 自分の重さに 気づくことができるでしょう」

催眠を始める前にちょっとしたコツを話して音声を聴きやすくしたり
脱力シーンでは指定された部位にスイッチがあるのをイメージし
それを切るのと同時に重くなる暗示を柔らかい表現で入れるなど
催眠初心者でも無理なくついてこれるようゆっくり丁寧にリードします。
彼女が全編を通じてセリフを細かく区切りながら話しかけてくるのもそれを意識してるのだと思います。

お次は自分が駅のホームにいるのをイメージし
やって来た電車に乗り込み揺られる様子を通じて催眠状態を深めます。

「心地のいい温度 心地のいい揺れ 心地のいいガタンゴトンという音が 眠気を誘い 意識がどんどん遠のいていく」
外よりもずっと過ごしやすい温度、柔らかく温かいシート
そして電車が動くたびに感じられる心地いい揺れ。
多くの人が体験したことのある出来事を主観的に語ってより気持ちよくします。
電車を下りた後も追加のアプローチをかけるなど、エロトランスさんらしいきめ細かな気配りがされてて入りやすいです。

テーマとは特に絡めずにサクッと落とす堅実な催眠です。
お姉さんの言葉で操られやすい心にすることを目的に
前半は深呼吸と分割弛緩法、後半は電車のイメージによる深化と
古典催眠の技術をベースに多少イメージ重視にして癒しと眠気を与えます。

14分は催眠音声の中だと短いほうですが
技術力の高いサークルさんなだけあって深いところまであっさり入れます。
特に電車のイメージは大衆性が高く、多くの人が癒しの感覚を抱くでしょう。
気持ちよく操ってくれるエッチ
エッチシーンは2パート37分30秒間。
プレイは体の愛撫、乳首オナニー、言葉による絶頂、オナニーです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
途中で服を脱ぐ指示が出ることはありません。

「今の状態 気持ちいいよね? そして 催眠状態でするエッチな事は もっと気持ちがいい」
催眠を使って主人公を気持ちよくしたお姉さんは
彼をもっと気持ちよくしようと連続絶頂への準備に取り掛かります。

エッチは体への刺激をソフトにし、その代わり心を上手に責め続けます。
最初の22分間は彼をリミットマリオネットに変えるシーン。
冒頭に連続絶頂へのトリガーとなるキーワードを設定し
それから心身をさらに脱力させたり感度の上がる暗示を入れて全身を敏感にします。

「この言葉を聞くと 今のムラムラ 何度でもイきたい 快感が欲しい 欲しくて欲しくて堪らない そういう欲望が 絶え間なく溢れてきて 体も敏感になり 何度でも快楽に溺れたい そう思ってしまうの」
ストレートに気持ちよくするのではなくその前段階にあたるため
このシーンで得られる快感はそれほど強くありません。
でも感度の上がる暗示を入れた後に体を撫でる時は触った部分がピリピリ、ゾワゾワして割と気持ちいいです。

サークルさんが「ドライオーガニズムの体験を目指した」とおっしゃられてることもあり
催眠パートに引き続き丁寧にリードして感覚を少しずつ変化させます。
催眠重視の内容ですから途中で催眠が解ける可能性も低いです。

残りの時間はお待ちかねの連続絶頂。
彼女の声がこれまでよりも力強くなり、「イケ」などの命令口調で絶頂のタイミングを指示します。

「さぁ イキなさい! イケ!」
「意思も理性もいらない あなたは私のお人形 私の言う通り動くのが 人形の使命であり喜び」

Sっ気が一気に増すので驚くかもしれませんね。
主人公を人形に見立てて責めるからこういうややきつい口調にしたのでしょう。
そして声や言葉に力があるおかげで雰囲気的にも追い込まれるのを感じます。

私が聴いた時も1回目の絶頂指示が出たところからエッチ終了までのおよそ8分間
股間のあたりの筋肉が断続的に痙攣してました。
軽くお漏らししたような生温かい感覚もありましたし、射精とは明らかに違うタイプの快感です。
要所要所でキーワードを挟んでイキ続けやすくする配慮も見事です。

ちなみに2番目の「リミット2.5」パートではおちんちんをしごく指示が出ます。
ただ時間が2分程度と非常に短いことから射精できるかどうかは微妙なところです。
ノーハンドとは別の快感を味わってもらいたいからいじらせたのかもしれませんね。

このように、しっかり準備してから一気に追い込む落差の大きいエッチが繰り広げられてます。
ドライ系の良作
ドライ経験者はもちろん、催眠に入れるけど未経験な人にもおすすめしたい作品です。

お姉さんは催眠特有の気持ちよさを味わってみたい主人公の願いを叶えようと
まずはイメージ重視の手堅い催眠でその世界へスムーズに案内します。
そしてエッチは中盤頃まで感度上昇に努め、十分焦らした後に連続絶頂をプレゼントします。

穏やかだけど割とSっ気もあるお姉さんが絶頂の限界に挑戦させるM寄りのシチュ
短い時間で確実に落とす洗練された催眠
人形化と感度上昇を入念にやってから激しく追い込むテーマに沿ったエッチ。
連続絶頂へ一歩ずつ近づいてく取り組みやすい作品に仕上がってます。

最終目的の連続絶頂だけを見れば結構ハードです。
でもそこに至るまでの道筋は本当に穏やかでほぼノーマル向けと言えます。
ですから内容を理解したうえで聴く分には誰でも受け入れられるのではないかなと。

催眠に入りやすく維持しやすいことから
ある程度催眠慣れしてる人ならこれで初ドライを迎えることも十分あり得ます。

エッチの途中で快感を股間に集中させるシーンがありまして
それ以降はおちんちんの周辺に熱や気持ちいい痺れがビンビン伝わってきます。
脳イキさせるドライ作品もありますけど、本作品は股間でイかせるタイプです。

絶頂シーンは7回。
淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上のことから前回と同じく満点とさせていただきました。

CV:男性向け、共通…紗藤ましろさん 女性向け…かずみやさん
総時間 男性向け…1:00:22 女性向け…48:15 共通…1:00:18
(共通は淫語の表現をぼかしたバージョンです)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります