最高に優しいお嬢様にめちゃくちゃ甘やかされたい!

サークル「charmarry*」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、優しくて面倒見のいいお嬢様が
働き始めたばかりの使用人をエッチな手段で癒します。

彼がおっぱい好きなことを知るとすぐさま抱き寄せて甘やかし
さらに手、おっぱい、口、おまんこを使っておちんちんも気持ちよくするなど
タイトル通り彼女の優しさを前面に押し出したとても甘いエッチが楽しめます。
お嬢様の気持ちいいご褒美
勤め先のお嬢様と4種類のエッチをするお話。

「あっ こんにちは 最近は研修のほうどうですか?」
お嬢様は上品で穏やかな声のお姉さん。
使用人の仕事に励んでる主人公に声をかけて調子をきくと
その最中に倒れた彼を介抱し、何かして欲しいことがないか尋ねます。

本作品は大企業の一人娘として大事に育てられてきた彼女が
屋敷の使用人になり現在研修中の彼と60分近くに渡るエッチをします。
彼が激務とメイド長の厳しい指導によって心身ともに疲労してることを踏まえて
どのパートも比較的ゆっくりペースで責めながら優しい言葉を何度もかけて癒します。

「体力的にお辛いのでしたら 無理することなく休みを入れればいいんですよ」
プライドが高く使用人を奴隷扱いするお嬢様もいますが
彼女の場合は「箱入り娘」と呼ぶのがぴったりな性格のいい女性です。
物語の最初から対等な立場で接し、事情を聞くと心配そうな表情で彼のことを労ります。
そしてエッチに入ると大きなおっぱいを存分にいじらせて安らぎを与えます。

ポジティブな描写が非常に多いので現在疲れてる人ほど潤うでしょう。
甘えたい男性と甘やかしたい女性の嗜好がガッチリ噛み合ってて終始あまあまラブラブです。

もうひとつの特徴はエッチでちゅぱ音をよく鳴らすこと。
耳舐め、キス、フェラと口を使ったプレイを全パートに用意し
それぞれに合った位置と距離から上品な音をゆっくり丁寧に鳴らします。

こうやって書くとちゅぱ音特化に思えるかもしれませんが
本作品では手コキやパイズリといった他のプレイと組み合わせるスタイルを取ってます。
効果音の音量が控えめになってるのはたぶんちゅぱ音を聴きやすくするためでしょうね。
おかげでおちんちんを同時に責めてても十分な存在感を持ってます。

最高に優しいお嬢様がちゅぱ音を交えたエッチで男性をとことん甘やかす。
キャラとプレイの両方を甘いもので揃えた癒しのパワーが強い作品です。
お嬢様の優しさと温もりに包まれて
エッチシーンは4パート60分間。
プレイはハグ、耳舐め、手コキ、キス、パイズリ、フェラ、授乳、素股、SEX(正常位、騎乗位)です。
手コキ、パイズリ、素股、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「よいしょっと はい 私もベッドに失礼しますね」
ベッドへ寝かせた主人公から事情を聞いたお嬢様は
今の辛い状況を少しでも改善しようと彼をぎゅっと抱きしめます。

エッチは常に彼女がリードします。
一番最初の「お嬢様になんだかんだで耳舐め&手コキされる」は癒しを強く意識したプレイ(約17分)。
体を密着させたまま左右の耳をソフトに舐めて心を落ち着け
おちんちんの勃起を確認した後は手コキでスッキリさせます。

「ほら この谷間に 顔をずっぽりと埋めていいんですよ」
「こうやって間近に見ると 結構グロテスクですね でも愛おしい気分にもなります」

自分のせいで彼がここまで疲れ切ってしまったことに責任を感じたのでしょう。
おっぱいをよく見てることに気づくとすぐさま顔を埋めさせ
勃起しても一切見下さずお世話させて欲しいとお願いします。
そして初めて見るおちんちんに素直な感想を漏らしつつ小刻みにしごきます。

彼女はエッチの知識はあるようですが経験は一度もありません。
それを使用人の一人に捧げる時点で十分優しいと言えます。
射精時にはぴゅっぴゅのセリフで応援するなど、こちらのことを第一に考えたリードをします。

続く2パート29分間はより踏み込んだプレイ。
「お嬢様にパイズリ&パイズリフェラ&耳舐め授乳手コキされる」はパイズリフェラと授乳手コキで2連続
「お嬢様の悩みを聞いたお礼にベロチュー素股」は抱き合ったままの素股で1回射精します。

「じゅぽじゅぽーって なんて下品な音なの でもこれ 癖になります」
最初のエッチは彼を癒したり慰める意味合いが強かったのですが
それを実際に体験した結果、彼女も男性を甘やかす喜びに目覚めたようです。
パイズリの時は自分の唾液を潤滑油代わりにして強めの乳圧を与えながらしごき
同時に行うフェラもじゅるじゅるとやや下品なちゅぱ音を鳴らして興奮を上手に煽ります。

元々のキャラが崩れるほど大胆に振る舞うことはありませんが
彼を幸せな射精に導こうと彼女なりに考えながら責めてるのがわかります。
ソフトに責める優しさから、充実した時間を提供する優しさへと切り替わるわけです。

「こうやって抱き合いながらキスするの 大好きみたいですね 私もこれ ハマってしまいそうです」
3番目のベロチュー素股パートもキスを適度に挟んでちゅぱ音を補充しつつ
自分から「好き」と言ったり精液をパンツで受け止めるあまあまなエッチが楽しめます。
このへんまでくるともう主従よりも恋人同士に近い雰囲気です。
エッチを通じて彼女の心情変化も描いて甘さをさらに引き立ててます。

最大の山場は最後の「お嬢様と耳舐めベロチューセックス」(約14分)。
さらに後日、彼女の部屋でお互いに裸になり
最初は正常位、少し経つと騎乗位に切り替えて今まで以上に深く愛し合います。

「どう…ですか? 気持ちいいですか?」
「いいですよ 好きに動いてください あなたの好きなように」

彼に処女を捧げるだけでも十分優しいのに
騎乗位で挿入した直後に自分のおまんこが気持ちいいかを確認し
彼が下から突き上げ始めたら好きにさせる最高の気配りを見せてくれます。

吐息や喘ぎ声も多少は漏らしますが、私はそれよりも彼女のセリフや仕草に感銘を受けました。
大企業のお嬢様なら何もしなくても大勢の男性が寄り付いてくるはずです。
でも彼女は自分のために働いてくれてる使用人に惜しみない愛情を注ぎます。
キャラ、シチュ、プレイのすべてが甘いおかげで本当に良い気分に浸りながら抜けました。

このように、お嬢様の優しさが光る甘く深いエッチが繰り広げられてます。
癒やされながら抜ける作品
耳かきやマッサージとは別の手段で癒しを与えてくれる作品です。

お嬢様は屋敷で働き始めたものの激務と上司のストレスで参ってる主人公の力になろうと
まずはソフトなスキンシップをして優しさと人の温もりを与えます。
そして性欲が溜まってるのを確認した後は自分の体を存分に使って発散させます。

ものすごく人のいいお嬢様が使用人の男性をとことん甘やかすシチュ
言葉、態度、行為のどれもが優しいタイトル通りのキャラ
甘いちゅぱ音を鳴らしながらおちんちんを気持ちよくする密度が高めのエッチ。
癒しや甘やかしを重視したうえで抜けるように作品を組み立ててます。

特に彼女は「最高に優しい」と表現するのがぴったりな女性に描かれてます。
最初の時点で上下関係を取っ払って付き合いやすい環境を作り
その後も自分からどんどん歩み寄ってこれが好きでやってることだとわかりやすく伝えます。

「こうやってあなたを思いっきり甘やかせるのって 私があなたのことを 心から好きだって思ってないとできないと思うんです」
もちろん彼女も誰彼構わずここまでのことをするわけではありません。
彼にそうしたいと思わせてくれるものを感じたから一生懸命尽くすわけです。
彼が癒しと快楽を得るのと同時に、彼女もそれに見合う大事なものを学んだり受け取ってます。

エッチは販売ページに「全体を通してチュパ音が多いです」と書かれてたので
ひたすら舐めるタイプなのかなと思ってたらバランス型でした。
舐めてる間はできるだけしゃべらないようにし、口を離した時に優しい言葉をかけてくれます。
上品さを残すためにエロさは多少抑えてありますがリアリティはものすごく高いです。
精神的に充実した状態で抜けるので、普段よりも気持ちよく感じるのではないでしょうか。

射精シーンは5回。
くちゅ音とちゅぱ音それなり、淫語そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

女性の優しさに飢えてる人には特におすすめします。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 1:10:48

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2019年5月25日まで10%OFFの972円で販売されてます。