ツキマトイ~座敷童と同棲おセックス~

サークル「ここどこ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、座敷童を名乗るとっても一途な女の子が
大好きな男性に耳かきやエッチをしながら自分の想いを伝えます。

後になるほどヤンデレ成分が強くなるのが大きな特徴で
耳かきやエッチの前半は甘さやイチャラブ感を強く出し
後半に入ると手錠をはめる、騎乗位SEXで子作りするといった多少重い要素が出てきます。
あなたとずっと一緒にいたいの
座敷童が耳かきとエッチをするお話。

「あっ…え、あれ えっと あの…見られたからには仕方ない」
座敷童はやや幼さを感じる可愛い声の女の子。
帰宅した主人公に偶然見つかり自己紹介すると
途中だった料理を再開し彼に食べてもらいます。

本作品は半年ほど前から彼のことをずっと見守ってきた彼女が
およそ90分に渡るエッチ重視のサービスをして親密になろうとします。
妖怪相手のエッチですがそれっぽい要素はほとんどなく
耳舐め、フェラ、SEXといったプレイをしながら想いの強さを適度にアピールします。

「あっ ほら ご飯も用意してたんだよ あなたのことを思いながら作ってみたの」
彼女は最初から好感度マックスの状態。
帰宅した彼に和風料理を作って食べさせ、今後は色んなお世話をしたいと言います。
やや重さを感じる部分があるものの、1回目のSEXをするあたりまではイチャラブ感が強いです。

しかし彼女はヤンデレの気質もそれなりに持っており
彼が自分の思い通りにならなそうな時は大胆な行動に出ます。
手錠をはめて逃げられなくしたり、既成事実を作るために中出しを求めるなど
痛みや苦しみを与えない範囲で彼を縛りつけようとします。

ソフト路線のヤンデレプレイですから、余程苦手な人でもない限り聴けるのではないかなと。
タイトルの「ツキマトイ」をサークルさん独自のさじ加減でエッチに表現してます。
彼女がなぜここまでのことをするかは聴いてのお楽しみとさせてください。

本作品で唯一の非エロサービスは耳かき(約14分)。
食事をとって安心した彼を膝枕へ招き、左耳→右耳の順にお掃除します。
使ってる器具は明言されてませんが耳かき棒と思われます。

耳かき棒は「ずしゅ」という乾いてて硬さのある音が使われており
短めのストロークで耳の壁を優しく擦るように動かします。
音の質感、動き、力加減がどれもしっかりしていて心地よかったです。

「いつもね してあげたいって思ってたんだ」
最中の座敷童はあまり話さず吐息だけを漏らしますから静かに感じるでしょう。
いきなりヤンデレなところを見せたら彼が引くと判断したのか
まずは癒し重視で進めて心をガッチリ掴みます。
すべてを捧げ求めるエッチ
エッチシーンは4パート57分間。
プレイはキス、耳舐め、指を使った耳責め、手コキ、SEX(正常位、騎乗位)、体の拘束、フェラ、クンニです。
服を脱がす、耳責め、手コキ、SEX、体の拘束の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「あなたも 私のこと大好きなのね こんな素敵なことってあるんだね」
耳かきさせてくれたことを主人公に感謝し嬉しそうな表情を見せた座敷童は
そのまま彼の両耳を口と指で刺激しエッチな気分にします。

エッチは一部を除いて彼女がリードします。
前半の2パート30分間はほぼ恋人同士と言えるイチャラブ系のプレイ。
「3:耳舐め・耳愛撫」はキスの後に3分程度の間隔で左右を切り替えながら両耳を責め
「4:甘い正常位セックス」は軽い手コキを挟んでから正常位で繋がります。

「柔らかい唇 夢みたい 私あなたとキスしてる」
彼女はこうなることをずっと夢見てたのでしょう。
彼の唇や耳の感触を確かめながら自分の気持ちを素直に漏らします。
耳かきと同じく時間に対する会話量は少なめですが
しっとりしたちゅぱ音や優しく撫でる感じの耳責め音に想いが込められてます。
バイノーラル録音のおかげで耳に微弱な振動が伝わってきました。

続く正常位SEXも挿入した後少し動かさないでキスする
恋人繋ぎのまま後になるほどピストンのペースを上げるなど
2人の関係が知り合いから恋人に変化したことを実感させる要素を盛り込み甘さを出してます。
今まで以上に熱い吐息やエロ可愛い喘ぎ声も距離の近さが感じられて良いです。

彼女のヤンデレな部分が出始めるのはその後から。
あることを告白してから「6:監禁顔面騎乗オナニー」では拘束からの69を行い
「7:子作り騎乗位セックス」は名前の通り妊娠覚悟で彼を気持ちよく追い込みます。

「大丈夫だよ 私たち 上手くやっていけるよ」
露骨に怖いところは見せないものの、今までよりも声がやや無機質になったり
彼よりも自分の願いを優先させようとするところにヤンデレっぽさが出てます。
「6:監禁顔面騎乗オナニー」はフェラの後にお互いの性器を舐め合うのでオナニーはやりません。
たぶん彼の口を使っておまんこを気持ちよくする行為を彼女のオナニーに見立てたのだと思います。

「ねぇ ちゃんと愛してるって言って?」
最後の騎乗位SEXは効果音や喘ぎ声メインで進める中に
執念を感じる言葉やちょっとしたイベントを挟んで多少の重さを出してます。
彼がそこまで強い抵抗をしなかったところを見ると観念したのでしょう。
ヤンデレの中ではマイルドな描写に留めて聴きやすくしています。

このように、一途な女性とお互いのすべてを与え合う純愛系のエッチが繰り広げられてます。
ソフトなヤンデレ作品
座敷童の性格をふたつの視点で描いてる作品です。

彼女はしばらく前から好きになり見守り続けてきた主人公をモノにしようと
恋人よりも妻っぽく振る舞いながらあれこれお世話してまずは心を引き寄せます。
そして十分仲良くなった後は中出しSEXで既成事実を作り離れられなくします。

ヤンデレなところもある座敷童が男性とイチャイチャするやや変わったシチュ
サービス中は効果音やエッチな音を主に鳴らし、その前後は会話を多めにするメリハリのある作り
物語の序盤から中盤にかけては甘く、終盤はやや重くご奉仕する展開。
彼女の特徴や魅力を軸に据えて作品を組み立ててます。

「おやすみ あなた 愛してる」
中でも3番目の要素は彼女の想いの強さや執念深さを如実に表してます。
サークルさんが色々と配慮されてるのか、表現や言い回しがかなり抑えられててヤバさはそれほど感じません。
でも彼のことを絶対に離さないという気持ちは強く感じられます。

おそらくこのレビューを読んだだけでは
本作品がなぜ途中からヤンデレ路線になるかがわかりにくいと思います。
そのへんは思いっきりネタバレになるので伏せさせていただきました。
音声を実際に聴けばちゃんとわかるようになってます。

エッチは彼女の幸せな気持ちを表現するためにセリフ以外のエロ要素を多めにしてます。
純粋なエロさが高めですから、ヤンデレによるスリルは弱めでも普通に抜けるでしょう。
SEXや69といったお互いに責め合うプレイが充実してるのが大きいです。

射精シーンは2回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音・喘ぎ声いずれもそれなりです。

CV:御崎ひよりさん
総時間 1:42:21(本編…1:31:08 前日譚…6:47 フリートーク…4:26)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります