耳レイプW!~バイノーラルで超濃密♪ダブル耳舐め~

サークル「Ak Voice」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、積極的でちょっぴり意地悪な2人の女の子が
体を密着させながら男性の耳とおちんちんを徹底的に犯します。

タイトルにもなってるダブル耳舐めを主軸に据えたM向けのエッチが行われており
耳舐めをやるパートとやらないパートをはっきり分け
やる時はちゅぱ音をほぼ途絶えさせずに至近距離からガンガン鳴らし
やらない時はおちんちんを観察する、太ももで挟んで射精させるなどMが喜ぶ責めを繰り出します。
女の子たちの気持ちいい悪戯
2人の女の子と6種類のエッチをするお話。

「ふふっ こんにちは 私に耳を犯されたくて来ちゃったんだ?」
女の子たちは穏やかで色っぽい声の女性。
耳を犯されたくてやって来た主人公に早速密着すると
至近距離で囁きながら微笑を漏らします。

本作品は女性に耳をたっぷり犯される快感を味わわせることを目的に
彼女たちが左右に陣取り至近距離から囁きながらおよそ70分に渡って彼を気持ちよくします。
サークルさんが「抜ける音声を目指して作った」とおっしゃられてるだけあって
キャラやストーリーといった背景部分は完全に省き、ひたすらエッチするシンプルな作りになってます。
タイトルを見る限り「耳レイプ!~バイノーラルで耳舐め~」の続編に位置づけられてるのでしょう。

左「両方から 責めてあげるよ」
右「今日は2人で 左右からあんたのお耳を犯してあげる」

最大の魅力はもちろん耳舐め。
本編の半分近くにあたる43分(おまけも合わせると65分)も用意し
片方だけ舐める、両方同時に舐める、耳舐めしながら他のプレイもするといったように
パートによってスタイルを変えながらリアルな音をたっぷり鳴らします。
女の子たちの声質の違いは特にありませんでした。

とことんリアルな耳舐め音を追求して作られたこともあり
質感、位置、距離、舐め方といった各要素がどれもハイレベルで耳が何度もゾクゾクします。
音声の大部分で彼女たちが囁いてくるのも良いですね。
話すたびに伝わってくる微弱な刺激が彼女たちの近さを感じさせてくれます。

もうひとつの特徴は耳舐めをする時としない時をはっきり分けてること。
耳舐めをやる時は積極的に行い、そうでない時はシチュや言葉責めといった他の要素で興奮させます。

耳舐めが売りの作品と言っても最初から最後までそればかりではダレますから
本作品のようにメリハリをつけたほうが新鮮さを維持しやすいです。
やらない時もM向けの変わったことをやりますし、こちらも十分な魅力があると言えます。

ちなみに販売ページのトラック説明にはM度の目安となる星マークが表示されてます。
最低が1、最高が5と結構幅広くなってますけど
全体で見れば属性はややM~Mあたりじゃないかなと。
耳舐めの量が多いおかげでM性が低めの人でも聴きやすくなってます。

質量ともに優れた耳舐めとメリハリのある構成。
音声作品で人気のあるプレイをストレートに活かした抜き重視の作品です。
近くて濃いエッチ
エッチシーンは6パート73分間。
プレイはおちんちんの観察、耳舐め、おっぱいを押しつける(窒息)、パイズリ、SEX(騎乗位)、キス、乳首責め、太ももコキ、記念撮影、オナニーです。
おっぱいを押しつける、SEX、記念撮影の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

右「ほーら あんたのその変態チンチン 私たちが見ててあげるから バッキバキに硬くして?」
左「こうやって 私たちがあんたの脚を手で持って 脚を開かせてあげる」

冒頭の5分ほどを使って作品のコンセプトを説明した女の子たちは
主人公の脚を開かせおちんちんを観察して勃起を促します。

エッチは常に彼女たちが責め続けます。
最初の2パート25分間は射精に向けて気持ちを盛り上げるプレイ。
おちんちんの観察→片方ずつの耳舐めと繋いで耳とおちんちんをソフトに刺激します。

右「無様だね 脚広げられて おちんちんをただ見られるだけ」
左「でもさ たくさん焦らされると たくさんエッチなお汁が出ちゃんだよ」

「耳レイプ」というタイトルから過激なプレイをイメージする方もいるでしょうけど
彼女たちが彼を痛めつけることは一切ありません。
Mな人が喜ぶように加減しながら責めるサービス色の強いプレイです。
言葉責めも全体的にソフトですし、属性が合う人なら楽しく聴けるでしょう。

耳舐めは両耳舐めを敢えて封印し
耳へのキス、外側を舐める、耳たぶを吸う、内側に舌をぐりぐりさせるなど
ひとつひとつのプレイを丁寧にやりながら左右を適度に切り替えます。

耳を舐めてない側も常に吐息を漏らすおかげで異なる刺激を同時に味わえました。
責めっぷりはソフトですけど、耳をとことん責めるスタイルは「耳レイプ」と呼ぶに相応しいです。

続く3パート36分間は射精を絡めたプレイ。
顔におっぱいを押しつけながらのパイズリ、騎乗位SEX+耳舐め、両乳首責め+太ももコキと
パートごとに手段を大きく変えて1回ずつの射精に導きます。

左「早く(息を)いっぱい吸わないと またおっぱい押しつけられちゃうよ」
「4おっぱい押し付けバブバブプレイ」は名前だけ見ると甘く感じるでしょうけど
実際は右の子がおっぱいで口と鼻を塞ぎながらおちんちんを責める結構過激なプレイです(星も4つと多め)。
聴き手に息を止める指示は出しませんからやる必要はありません。
彼女たちに挟まれてる様子をやや過激なタッチで表現してます。

右「おまんこ気持ちいい おまんこ最高」
それに対して「5セックス」はご褒美と言って差し支えないプレイ。
左の子が騎乗位SEXしながらキスや耳舐めをし、その間右の子は耳舐めで応援します。
途中でピストンを止めて焦らすシーンがあるものの
意地悪な言葉責めはほとんどなく、フィニッシュも中出しを許す甘めのリードをしてくれます。

終盤の「6乳首とちんちんぜめ」は星の数が5つとM度が最も高いパート。
サンプル画像3枚目に描かれてる格好で彼の乳首とおちんちんを同時責めします。

右「こんなので感じるなんて あんた 本当にどうしようもないね」
太ももコキがしごくのではなくおちんちんを圧迫する感じに責めてるからか
効果音は特に聞こえずやや力んだ声で言葉責めをガンガンしてました。
たぶん言葉責めの表現がきつめだから星の数を多くしたのだと思います。
彼の痴態を写真に収める、恥ずかしいセリフを言わせる、軽い嘲笑を挟むなど心への責めが充実してます。

このように、後味が悪くならない程度に見下したりいじめるM向けのエッチが繰り広げられてます。
耳舐め重視の良作
普段は癒しやノーマル向けに使われるプレイを逆の路線で活用した作品です。

2人の女の子はそれなりのM性を持ってる主人公を気持ちよくしながら遊ぼうと
全編で左右に陣取り耳元至近距離から囁きながら色んな責めを繰り出します。
そして耳舐めに最も多くの時間を割き、さらに舐め方も工夫して耳を犯される快感を教えます。

女の子たちが耳をたっぷり舐めながら焦らしたり辱めるシチュ
大ボリュームかつ高品質な耳舐め、耳舐めをするパートとしないパートを交互に置いた作り。
最大の武器である耳舐めを引き立てつつ他のプレイも光るように作品を組み立ててます。

中でも耳舐めはサークルさんが強い自信を持ってらっしゃるのが頷けるほど優れてます。
同じ音をひたすら垂れ流すのではなく、パートごとに変化をつけて行うのが大きいです。
全体的に舐めるペースが緩いのも音の違いを楽しみやすくするための工夫でしょう。
舌の細かな動きがイメージできるくらい生々しいです。
両耳を同時に舐めるのは実質「7両耳舐めプレイ」だけな点だけご注意ください(約12分)。

あとは吐息がものすごく多いです。
耳舐めをしてない時も耳をずっと刺激してくれてゾクゾクしっぱなしでした。
耳舐めが主役なのは間違いないですけど、吐息が好きな人もかなり楽しめると思います。

射精シーンは4回。
ちゅぱ音多め、淫語それなり、くちゅ音と喘ぎ声そこそこです。

exトラックはふたつの音声、おまけは耳舐めのみの音声です。

CV:紅月ことねさん
総時間 2:19:00(本編…1:32:06 exトラック…25:48 おまけ…21:06)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2019年5月4日まで10%OFFの972円で販売されてます。