【無料】催眠メスイキトリップ ショートVer

サークル「オナらぼ」さんの無料の催眠音声作品。

今回紹介する作品は、穏やかで気品のあるお姉さんが
2つの要素を組み合わせた独特な催眠でメスイキへと導きます。

アナルにローションつきの綿棒を挿入したまま音でイかせるのが特徴で
催眠開始と同時にヘミシンク音が流れ始め、お話が進むのに合わせてトーンを徐々に上げ
さらに2つの効果音も適度に鳴らして性感を少しずつ確実に高めます。

音声を聴く前に綿棒とローションをご用意ください(一応無しでも可)。
ドライに向かってじっくり丁寧に
お姉さんに催眠をかけられメスイキするお話。

「ところで 男の人って可愛そうですよね」
お姉さんは上品でしっとりした声の女性。
男性は女性に比べて性的快感の面で損をしてると言うと
催眠を使って主人公にそれを疑似体験させます。

本作品は射精よりも長く深い絶頂を味わってもらうことを目的に
彼女が60分程度の時間を使ってそれに沿ったエッチな催眠を施します。
おちんちんに意識を向けるシーンも若干ありますが直接触れるのは敢えて避け
それよりもアナルや前立腺といった別の性感帯を重点的に責めてイけるパワーを蓄えます。

ちなみに冒頭で書いた綿棒とローションは音声の最序盤から使用します。
綿棒の先端にローションをつけ、そこだけをアナルに挿入するというもので
エッチに入ってもそれを出し入れすることはなくそのまま最後まで聴きます。

何か入れておいたほうがアナルに意識を向けやすく、感じやすいからこうしたのではないかなと。
快感を与える手段よりも雰囲気作りの意味合いが強いので
どうしても苦手な場合は使わずに聴いても大丈夫だと思います。
アナルをテーマにした他の催眠音声よりもずっとソフト路線です。

「それでは 今から音を流します 初めは違和感を感じるかもしれないけど 聞いているうちに だんだんと気にならなくなります」
しかし本作品にはそれを補う面白い要素が存在します。
催眠の開始直後から「ぶぅぅぅぅん」という小刻みに振動する音が鳴り始め
物語の進行に合わせてそのトーンが徐々に上がっていきます。

またエッチに入るとそれとは違う2種類の効果音が登場し、暗示と組み合わせて快感を上げる役割を果たします。
最初の音(ヘミシンク音)は「まどろみ世界」や「第3弾」でも使われてるものですから
聴いたことのある人がそれなりにいると思います。

最近ではあまり見かけなくなった「音モノ」というジャンルにあたります。
純粋なエロさを控えめにしたうえで音を使ってガンガン責めますから
催眠に入ってるからこそ味わえる快感を楽しみやすいです。
音を聴きながら気持ちいい世界へ
催眠は13分30秒ほど。
ローションつきの綿棒をアナルに挿入してから横になって目を瞑り
まずは深呼吸や脱力で心身をリラックスさせます。
それと同時に低めのトーンでヘミシンク音が流れます。

「吐く時には いらなくなった空気が 体の外へと出ていきます 呼吸をするごとに 心が落ち着いていきます」
「右手から 力が すーっと ぬけーて いきます」

深呼吸は最初の数回だけリズムを取って後は自由にやらせながら言葉で後押しし
脱力は左右の腕、お尻、太もも、足、顔など全身を主要なパーツに分けて
そのひとつひとつに脱力の暗示をゆっくり入れていきます。

初っ端に綿棒を挿入させるあたりは結構ぶっ飛んでますが
お姉さんのキャラは最初から最後まで本当に穏やかです。
ヘミシンク音の効果も相まって全身がだらんとするのをそれなりに感じました。

「どんどん どんどん 止まらない 止まりたくない 吸い込まれるほど 気持ちよくなっていく」
お次はエッチの舞台となる気持ちいい世界に移動します。
事前に媚薬を飲むイメージをしてからカウントに合わせて左右交互に追い込み暗示を入れ
それと同時にヘミシンク音のトーンを少しずつ上げて催眠状態も深めます。
音がキーになる作品なだけあって扱いが上手く、私が聴いた時も吸い込まれる感覚がしました。

リラックスさせてから音と組み合わせて落とすシンプルな催眠です。
聴き手を快楽の世界へ招待するのを目的に
深呼吸と分割弛緩法でまずは暗示を受け入れやすい体勢を整え
それからカウント、追い込み暗示、ヘミシンク音を組み合わせてスムーズに落とします。

私はこのサークルさんの作品を聴くのが初だったもので正直不安もあったのですが
技術の扱い方やヘミシンク音との絡め方がしっかりしていて心地いい感覚が自然と湧いてきました。
重要な暗示を入れる時だけ若干のエフェクトをかけるなど細部にこだわって作られてます。
3つの音で気持ちいい絶頂へ
エッチシーンは34分30秒間。
プレイは性感帯の感度上昇、耳舐め(短時間)、音責め(アナル、前立腺、おちんちん)です。

エッチな効果音はありません。
セルフはありません。

「快感が溜まれば溜まるほど もっと気持ちのいい世界に行けます」
催眠を使って主人公をメスイキできる世界の入り口に案内したお姉さんは
引き続き気持ちよくなる暗示を入れて彼をより深い階層へと誘導します。

エッチは彼女が体に触れることはほとんどせず声と音だけで責め続けます。
最初の14分間は第1階層でするプレイ。
おちんちん、アナル、乳首といった性感帯へ順番に意識を向けさせ
それぞれでフェザータッチされてる暗示を入れます。

「疼いている部分を 犯してあげます あなたを犯す音 用意してますよ」
そしてここでも最大の特徴である音が活躍します。
エッチ開始からおよそ9分後に「ずぅぅぅん」という重低音が何度か鳴り
もう少し経つと「ぶぃぃぃん」というローターっぽい音も入れ替わりで登場します。

どちらもやや癖のある音なのでむやみやたらに鳴らすようなことはせず
引き続き暗示も小まめに入れて2方向から性感を高めるスタイルを取ります。
あまりエロくないのになぜか股間が疼く不思議な感覚が味わえるでしょう。

残りの20分30秒間は絶頂に向けてさらに刺激を強くします。
第2階層ではおちんちんと前立腺に的を絞って絶頂寸前のところまで追い込み
第3階層は音、暗示、カウントを組み合わせてドライオーガズムへ持っていきます。

「脈打つごとに ひく ひくと快感が訪れる じゅわーっとした快感が 股間に広がっていく」
やってることは第1階層とそれほど変わりませんが
ヘミシンク音をさらに高いものにしたり、気持ちよくする部位を狭めて違いを出してます。
特に最後の絶頂シーンはエネルギーをチャージしてから放出するような音が使われてて面白いです。
これらの音に釣られてこみ上げてくる人がいるんじゃないかなと。

このように、音と技術のバランスを大事にした音モノらしいエッチが繰り広げられてます。
音に酔える作品
音を有効活用してドライへ導く個性的な作品です。

お姉さんは主人公に男性の時とは違う快感と絶頂を味わってもらおうと
最初から最後まで穏やかな物腰でゆっくりじっくり催眠とエッチを進めます。
そして前者はヘミシンク、後者はそれプラス2種類の効果音を駆使して感覚をコントロールします。

ライトなアナル責めをしながらメスイキさせる取り組みやすいシチュ
古典催眠の技術をベースにし音を加えた堅実な催眠
特徴の異なる2種類の音を適度に鳴らして性感を高める独特なエッチ。
催眠の技術と作品固有の要素を違和感なく融合させて目的を果たそうとします。

特に音は変化のさせ方や鳴らすタイミングが練られていて良かったです。
音モノは性質上どうしても積極的に鳴らしたくなるものなのですが
そこをぐっと堪えて必要な時だけ使用します。
おかげで頭に響くタイプの音を取り入れてるのにそういう感覚がせずに聴き終えられました。

催眠の技術もそれなりの水準に達してます。
メスイキがテーマなのにおちんちんもちょこちょこ責めてた点を除けば
全編を通じて安定感のある手厚いリードがされてます。
「後日機会があれば有料作品も聴いてみたいな」と思わせてくれる魅力がありました。

絶頂シーンは1回。
効果音それなり、淫語そこそこ、ちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

無料ですから興味が湧いた方は是非お試しください。

CV:柚木つばめさん
総時間 55:56

【無料】催眠メスイキトリップ ショートVer
こちらからダウンロードできます

追記
ページがうまく表示されない場合は以下のコメントご覧ください。
http://doonroom.blog.jp/archives/36419653.html#comments