シコシコオナニー耐久試験~変態さんはどこまで耐えられるかな♪~

サークル「玄姫屋」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声は穏やかだけど性格は結構Sなナースが
シンプルかつハードなオナサポでおちんちんの耐久性を検査します。

右側からシコシコボイスをノンストップで言い続けるのが最大の特徴で
同時に左から熱っぽい吐息を流しながら
レベルが上がるたびに平均ペースを上げて射精を我慢できない状況へと追い込みます。

今回はノーマルコースを聴いてのレビューをお送りします。
M男に贈るシコシコ地獄
ナースのユリに見られながらオナニーするお話。

「失礼いたします 随分お待たせしてしまい申し訳ありません」
ユリは上品でおっとりした声のお姉さん。
試験の準備を済ませ主人公のところへやって来ると
これからするオナサポの説明を大まかにしてから始めます。

本作品はおちんちんの限界に挑戦することを目的に
彼女が80分程度に渡るドM向けのオナサポをします。
研究のためにエッチする背景があるため体を接触させることは一切なく
やや冷めた表情で事務的に指示を出し続けます。

「耐えられたとあなたが認識した段階で このシコシコボイスのスピードを 段階ごとにアップしていきます」
オナサポのルールは至って簡単。
彼女が言うシコシコボイスに合わせておちんちんをしごき続け
合計7つのレベルを射精せずに耐え抜くだけです。
そしてどのレベルも2つのスピードを用意し、それらを交互に繰り出して揺さぶりをかけます。

シコシコボイスはオナサポにおける定番の要素ですが
本作品はそのボリュームをとんでもなく増やすことで個性を出してます。
具体的にはノーマルコースだと77分間ぶっ通しで流れ続けます。
プレイ開始からレベル7が終了するまで休憩は一切ありません。
そのためガチで取り組んだら相当きつい思いをすることになります。

ただこれだけだと完遂は無理だろうということで一応の救済要素もあります。
オナニーのペースはシコシコボイスに従う必要があるものの
おちんちんを握る強さはある程度手加減してもいいと言われます。
そしてどのレベルも速いスピードで1分程度しごいた後は遅いスピードが30秒挟まります。

もうひとつ、オナニー開始後は彼女がほとんどしゃべりません。
右はシコシコボイス、左は熱っぽい吐息が流れ続け
レベルが切り替わる時にだけほんの少し言葉責めをします。

簡単に言うと体への責めを重点的に行い、心はほぼノータッチなオナサポです。
人によってはいまいち盛り上がりに欠けると思うかもしれません。
そういう場合はお気に入りの画像を用意しておけば興奮や勃起を維持できるんじゃないかなと。
冷たく接するのではなく、目的以外のサービスを控えることで事務的感を出してます。

ちなみにノーマルコース以外に20分程度長いハードコースも用意されてます。
ぶっちゃけノーマルでも十分厳しいので物足りなさを感じた人だけ聴くのがいいでしょう。
2つの要素でとことん追い込むエッチ
ノーマルコースのエッチシーンは79分間。
プレイはオナニー、吐息責めです。
エッチな効果音はありません。

「まずはチンポを 刺激に慣らしていきますよ」
オナサポのルールや注意点を一通り説明すると
ユリは手始めに緩めのシコシコボイスを流して主人公の耐久性を確認します。

エッチはシコシコボイスの通りにおちんちんをしごき続けます。
最初の45分間は比較的緩いオナサポ。
10分程度の間隔でレベルをひとつずつ上げ、そのたびに最高スピードも少しずつ上げていきます。

「どうですか? ここまでがまだ初級だということも ちゃんと理解してください」
レベル1~2は1秒1コキと2コキ、3~4は1秒1コキと2.5コキに組み合わせを変え
いずれも息をつかせずシコシコボイスを言い続けて射精感を少しずつ確実に高めます。
そして反対側からは吐息を同時に漏らしてちょっぴりエッチな雰囲気を作ります。

前項で話したように吐息以外のエロ要素が特にないので
責めは厳しくてもここでギブアップすることはないと思います。
彼女の目的はおちんちんがどこまで耐えられるかを確かめることですから
それに関係ない要素は極力省いてできるだけ長くオナニーしやすくしています。


それに対して後半は「地獄」と呼ぶのが相応しい厳しさに変化します。
スピードの組み合わせが1秒1コキと3~4コキになり、レベルが変わる時にほんの少しだけ言葉責めもして
射精を必死に我慢してる彼が崩れるように仕向けます。

「あまり情けないことを言っているようなら 休憩時間短くしちゃいますよ」
唯一の安らぎにあたる30秒程度の緩いシコシコボイスを取り除くことも視野に入れながら
すっかりカウパーまみれになったおちんちんを面白そうに観察します。
緩くするシーンと速くするシーンの時間配分はレベル4までと特に変わりませんが
以前よりも落差が大きくなったことや、ここまでノンストップでオナニーを続けてる背景が相まって結構きつかったです。
私が初挑戦した時はレベル6でギブアップしました。

射精感を鎮める余裕がまったくないのが後になるほど響きます。
ですから1回でクリアしようとは思わず、いけるところまで頑張る感じで取り組むといいでしょう。
それを想定してギブアップ用の音声も用意されてます。

「ザーメンぴゅっぴゅ どうぞ」
ちなみに無事最後まで耐え抜けた場合はカウントに合わせて射精します。
事務的プレイを通したかったからなのかもしれませんが
カウントを数えるペースがかなり速く、射精時も上のセリフの後に0を1回宣言するだけと淡白な内容でした。

これだけ過酷なオナサポをくぐり抜けたのですから
最後くらいはもう少しご褒美をあげても良かったのではないでしょうか。
例えばこれまでとは違い言葉責めを厚めにしてM心をくすぐるとかですね。
一番盛り上がるシーンでも冷めた演出をされてるのが残念です。

このように、シコシコボイスと吐息を組み合わせた極めてシンプルなオナサポが繰り広げられてます。
尖ってる作品
シコシコボイスでガンガン責めてくる潔い作品です。

ユリは男性のおちんちんがどれくらいの刺激まで耐えられるかチェックするために
検査に志願してきたM男へ大量のシコシコボイスを叩きつけます。
そして10分程度の間隔でレベルを少しずつ上げ、後になるほど暴発するようリードします。

見た目は温和だけど内面は結構事務的なナースが距離を取ってオナサポするシチュ
右からシコシコボイス、左から吐息をひたすら流す尖った作り
どのレベルも2つのスピードを組み合わせ、小まめに切り替え快感に慣れにくくする工夫。
現在存在するオナサポ作品の中でも上位に位置する過酷なプレイが味わえます。

「ここまで頑張ったあなたにほら 地獄のシコシコですよ 壊れちゃっても 治療してあげますからね」
彼女は確かに事務的キャラですが冷たさはそれほどありません。
自分に協力してくれた彼に感謝しつつMが喜びそうな刺激を与えます。
レベルを7つも用意し少しずつペースを上げることも含めて加減を理解してます。
この作品に敢えてみもりあいのさんを起用したのは冷たさを和らげたかったのかもしれませんね。

エッチはテーマに一貫性がある一方でやや単調にも感じました。
どのレベルもスピード以外はほぼ内容が一緒なのが大きいです。
せめてスピードごとの時間配分や種類にもっと幅広さがあれば違ったのでしょうが・・・。
もしくは反対側から流れる吐息をレベル3~5はちゅぱ音、6~7は喘ぎ声といったように
純粋なエロさが増す形にしていれば違いが出せたし気持ちを盛り上げやすくなったと思います。

射精シーンは1回。
シコシコボイスと吐息超大量、淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上のことから今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:みもりあいのさん
総時間 ノーマル…1:24:16 ハード…1:44:05 ギブアップ…1:45

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

追記
2019年3月13日まで30%OFFの680円で販売されてます。
その場合の点数は7点です。