ふたごJKのあまあま☆スローオナニー ~兄さん、まだ射精しちゃダメ♪~

サークル「調教少女」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、主人公のことを溺愛してる双子のJKが
お疲れ気味な彼の心身に負担がかからないオナサポをします。

終盤までできるだけ緩くソフトに刺激するスローなオナニーが行われており
金玉から入って裏筋、カリ、亀頭全体と感じる部位を個別にいじって性感を高め
竿をしごくようになってからも少しずつペースを上げて射精に導きます。
オナサポでは珍しく耳舐めのボリュームが多いのも魅力です。

音声を聴く前にローションとティッシュをご用意ください。
疲れた時こそ性欲発散
白石杏奈と白石神奈がオナサポするお話。

「はいどうもー お兄さん ふたごJKの姉のほうの杏奈です」
杏奈(挿し絵右)はおっとりしたお淑やかな声の女の子。
「やっほー お兄さん ふたごJKの妹の神奈だよ」
神奈(挿し絵左)はややトーンの低い穏やかな声の女の子。
音声を聴く際の準備物や環境を確認すると
仕事から帰宅した主人公の欲求不満をオナサポで解消します。

本作品は仕事で疲れた男性でも無理なく射精できるように
彼女たちが左右に寄り添い協力しながら60分程度に渡ってオナニーを指示します。
タイトルにもなってるように終始スローなリードを心がけており
全体のペースを落としたりいじる範囲を多少狭めてゆっくりじっくり射精感を高めます。

M向けとの違いを出したかったからなのでしょうけど
どのシーンもどのようにいじるかを簡単に説明してから
最初にシコシコボイスや効果音でペースを指示し、それ以降は普通にしゃべるスタイルで進めます。
言葉責めの類もほとんどないので雰囲気が緩く感じるでしょう。
幼馴染という彼らの関係を踏まえて尽くす形のオナサポをします。

神奈「いい加減はっきりしてよね 本気彼女にするなら神奈だよね?」
杏奈「本妻にするなら杏奈に決まってます」
もうひとつの特徴は彼女たちのキャラ。
前々から主人公と付き合いたがってたらしく、エッチの最中に彼を取り合うシーンが何度もあります。
そして自分の魅力をより強烈にアピールしようと耳や乳首を多めに責めます。

オナサポでこれらを積極的にやるのは珍しいですね。
ちゅぱ音や吐息といったエロ要素が結構充実していてそちらでも興奮できます。
オナニーのペースを効果音任せにしたのはこれをやりやすくするためだと思います。
神奈が先に仕掛け、それを杏奈が追うことが多いです。

癒しながら気持ちよくするスローオナニーと彼女たちのあまあまなやり取り。
キャラとプレイの両方に個性を持たせた密度の高い作品です。
一体感のあるエッチ
エッチシーンは4パート52分間。
プレイは耳舐め、乳首責め、玉オナニー、亀頭オナニー、竿オナニー、双子のオナニー、キスです。
オナニーの際に効果音が鳴ります。

杏奈「あらあらー 可愛い現役JKに挟まれて 両手に華ですね お兄さん」
主人公と一緒のベッドに入り服を脱がせた双子は
彼のおちんちんがまだ小さいのを見て耳舐めで元気にします。

エッチは終始彼女たちがリードします。
一番最初の「耳舐めと乳首舐めでムードを高めていこうね♪」は準備にあたるパート(約16分)。
両耳舐めと乳首舐めで勃起を促してから金玉、裏筋、カリを個別にゆっくりいじらせます。

杏奈「よいしょーっと お兄さんの体 すっかり逞しくなって 大人って感じですね」
神奈「ふふっ 兄さんはぁはぁしてる 女の子みたいに声出してもいいからね」
今回のオナサポは彼女たちが提案したわけですから
目の前で裸になりおちんちんを勃起させても見下されることは一切ありません。
子供の頃よりもずっと立派になったそれをうっとりした表情で眺め
性感帯をいじって感じ始めたら優しい言葉をかけて心を開放します。

全編バイノーラル、しかも至近距離から語りかけてくるスタイルのおかげで
彼女たちに密着されてる気分が味わいやすいです。
こういう要素を積み重ねて焦らしプレイにありがちな意地悪さを上手く解消してます。

続く2パート21分30秒間はいつでも射精できる状態まで持っていくプレイ。
「亀頭マッサージだよ♪」は亀頭オナニー、「お待ちかねのシコシコタイム♪」は竿オナニーといじる場所を切り替え
引き続き彼女たちが耳舐めや乳首責めでそれを応援します。

神奈「兄さん これも好きだよね? ふーっ ふっ ふっ ふっー」
杏奈「そんなに息ふーが好きなんですか? 私も負けません ふーーーーっ」
自分たちの指示で彼が気持ちよくなってくれてるのが余程嬉しいのでしょう。
おちんちんに触れない代わりに耳と乳首を競うように刺激します。
そして自分を抑えきれなくなってきたのか、2人とも吐息が次第に熱っぽくなります。

竿オナニーの最初にシコシコボイスを言うこともありますけど
それよりも普通にしゃべりながら責めることのほうがずっと多いです。
効果音が鳴りますからどれくらいのペースでしごけばいいかわからなくなることはないでしょう。
物語が進むほどオナサポからボイスドラマへ移行していくのも本作品の特徴と言えます。

一番最後の「カウントダウンでいっぱい出してね♪」はお待ちかねの射精シーン(約14分30秒)。
カウントを数えて0になったら射精することだけをルールに定め
その間はおちんちんを好きにいじりながら彼女たちのオナニーを鑑賞します。

神奈「神奈も ずっと言えなかったけど 兄さんが大好き 毎日兄さんのことを思い出して オナニーしてたの」
耳元至近距離から可愛い喘ぎ声を漏らしながらこんなことを言われたら
男性なら誰でも心が揺らぐのではないでしょうか。
狙ってやってるのではなく、自分たちの本心を伝えて彼の心を引き寄せようとします。
そして一体感を持ったまま同時に絶頂すれば3人全員が幸せな瞬間を迎えられます。

オナサポや耳舐めがメインですけど心のケアもある程度してくれます。
このように、彼女たちの想いを受け止めながらゆっくり射精を目指すあまあまなエッチが繰り広げられてます。
ゆるーいオナサポ作品
一般的なオナサポ比べて雰囲気や制約を緩くしたノーマル向けの作品です。

杏奈と神奈は主人公にどちらか1人を彼女に選んでもらおうと
彼の家で競う形でスローペースのオナサポをします。
そしておちんちんへの刺激が弱いハンデを耳舐めと乳首責めで補います。

疲れてる男性でも無理なく抜ける緩やかなオナニー
指示は必要最低限に留め、その代わり耳舐めや乳首責めを頑張る作り
彼を取り合う素振りを見せつつなんだかんだで協力する彼女たちのキャラ。
オナサポを通じて彼らがより親密になる様子を描いてます。

神奈「ねぇ兄さん 私たちもオナニーするから 一緒にイこう?」
オナサポ作品と言えば普通は射精までいかに上手く持っていくかがポイントになります。
具体的にはシコシコボイスをきめ細かく変化させたり、シチュやイメージで心を責めるなどです。
しかし本作品ではそれよりも彼女たちの想いの強さに力点を置いてます。

中盤頃からオナサポ成分が薄くなるので人によっては物足りなく感じるかもしれません。
でもJKがあまあまなスローオナサポをするとなると
指示を敢えて減らしたほうがM性を出さずに済むのではないでしょうか。
結局は好みの問題でしょうけど、サークルさんなりに考えた結果がこのプレイなのだと思います。

エッチは内容が内容なので暴発する可能性は低いです。
竿オナニーも2秒1コキ程度の緩いペースが中心になってます。
だから最終パートはタイミングだけ定めて抜きやすくしています。
耳舐めも充実してますし1~2日溜めて臨めば問題なく出せるでしょう。

射精シーンは1回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音・喘ぎ声いずれもそれなりです。

おまけは「Ci-en大旦那様プラン支援者への感謝のメッセージ」です。

CV:一之瀬りとさん
総時間 1:16:55(本編…1:14:55 おまけ…2:00)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2018年12月28日まで10%OFFの810円で販売されてます。