【耳舐め/耳かき】れろれろり【バイノーラル&ハイレゾ】

サークル「空心菜」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、日常に疲れた人だけが訪れるサロンを舞台に
年下系の店員がやや変わった癒しとエッチなサービスをします。

タイトル通り「舐め」に特化したプレイをするのが魅力で
耳、唇、首筋、肩、乳首、おちんちんと男性の性感帯にターゲットを絞り込み
リアルな吐息やちゅぱ音を至近距離からたっぷり鳴らして密着感と温もりを伝えます。
意地悪なことはあまりされませんからややMあたりの人が最も楽しめるでしょう。
ちょっぴり意地悪に耳へご奉仕
耳悦庵で美桜が耳かきとエッチをするお話。

「あれ? お兄ちゃんだよね? そんなところ何やってるの?」
美桜はやや幼くて可愛い声の女の子。
耳悦庵に迷い込んできた主人公を親しげな表情で迎えると
すぐさま中へ案内し一緒に遊ぼうと言います。

本作品は見た目はSっぽいけど内面はとっても優しい彼女が
彼を相手に80分近くに渡る3種類のご奉仕をします。
作中に「いつもの」と言うシーンが何度かあるところを見ると2人は既に顔なじみのようです。
普段は耳舐めをする程度で帰らせるそうですが、今回はそれよりも踏み込んだことをしてくれます。

「それじゃあ 耳以外も舐めてあげよっか?」
そして彼女は主にエッチシーンで彼の体の至るところを舐めまくります。
耳、唇、おちんちんなど男性が感じやすい部位に的を絞り
舐め、吸い、啜りを組み合わせて後になるほど早く激しく責め続けます。

最もボリュームがあるのは耳舐めですけど
それだけだと単調になると判断されたのかちゅぱ音に幅広さを持たせてます。
あと体を密着させながらするおかげで最中の吐息がものすごく多いです。
バイノーラル録音特有の熱を帯びた微かな風圧が耳に感じられて結構ゾクゾクしました。

「ほんとに可愛いなぁお兄ちゃんは あそうだ すっかり忘れてた 耳の前に 頭撫で撫でしてあげなくっちゃね」
これらを行う美桜は妹っぽい純情なキャラ。
彼のことを最初から「お兄ちゃん」と呼び、大好きな耳を重点的にお世話します。
販売ページの説明文には「とってもイジワルで生意気」と紹介されてますが
要所でおねだりを要求してくる以外は取り立てて意地悪なことをしてきません。
言葉責めもほとんどないですし、私個人はややSあたりかなと思ってます。

2人が再開し長めの会話を挟んだ後で最初にするのは耳かき(約7分)。
膝枕の状態で右耳→左耳の順に濡れた綿棒と梵天を使い綺麗にします。

綿棒は「ぐしゅっ」というしっとりしたややざらつきのある音が使われており
耳の壁をなぞるようにゆっくり動かします。
通常の綿棒よりも湿ってるぶん引っかかりがあって強めの刺激が伝わってきます。
梵天は「ふわ ふわ」と言うだけで効果音は聞こえませんでした。

「まだまだだよ 綺麗になるまでもっともっとしてあげるね」
最中の会話は彼女が手を止めた時に少しする程度で2人の仲の良さを感じさせるものばかり。
右から左に切り替える際に彼がちょっとした悪戯をするなど和やかな雰囲気で進めます。
耳かきそのものより事前の会話に力を入れてるところも含めて
「癒しの濡れ綿棒・ふわふわ梵天耳かき~ソフト耳舐め」パートは作品世界に引き込むことを目的にしてます。
ちゅぱ音と吐息を組み合わせた近くて熱いエッチ
エッチシーンは2パート55分間。
プレイは耳/首筋/肩/乳首舐め、フェラ、SEX(騎乗位)、キスです。
SEX、射精の際に効果音が鳴ります。

「へぇー お兄ちゃんって そんなにエッチだったんだ」
耳かきの感想をきいてる途中に主人公が勃起してることに気づいた美桜は
ズボンとパンツを脱がせてから何をして欲しいかおねだりするよう言います。

エッチはどちらも彼女が責め続けます。
前半の「ハード耳舐め~全身舐め、そして……」は舐めに特化したプレイ(約25分)。
12分くらいかけて左右の耳を片方ずつ舐めた後に首筋、肩、乳首と上半身の性感帯を順に刺激します。

「どう? 耳いじめられるの気持ちいい?」
これまで彼に何度もしてるサービスなだけあって舐めっぷりに迷いがなく
標準くらいの水分でゆっくりねっとり舐め回しつつ吐息を頻繁に漏らします。
色んな舐め方をひとつずつやってその差を楽しませるなど、音の質感と幅広さの両方が優れてます。

非常に近くからこれらを鳴らされ続けるので後になるほど体が火照るのではないでしょうか。
耳以外の部位も位置や距離をその都度変えて彼女に舐められてる雰囲気をリアルに出してます。

後半の「ロリ小悪魔な彼女と、倒錯した快楽地獄セックスへ」はより踏み込んだプレイ(約30分)。
一通り舐め終えたところで敢えて終了を宣言し、彼のおねだりを要求する軽い意地悪を挟んでから
今度は上下の口を順番に使って気持ちいい射精に導きます。

「私 すっごい練習したんだー アイスとか バナナとか 形が似てるのを使って たくさんおしゃぶりしてみたの」
これらのサービスは今回やるのが初めてなので
彼女の気持ちや頑張る様子を適度に挟みながら温かい雰囲気で進めます。
年下の女性が自分のためにフェラを練習してくれたら多くの男性はグッと来るはずです。
今まであった意地悪さよりも可愛さを強調してます。

その部分が最もよく出てるのがパート中盤から始まる騎乗位SEX。
彼の大きなおちんちんをややぎこちない様子で受け入れ、後になるほど激しくピストンします。

「油断するとイっちゃいそうなんだ 私もだよ」
フェラの後におまんこを見せてすっかり濡れてることをアピールし
挿入からピストン開始まで3分ほどかけてゆっくり描写し、彼に下から腰を突き上げられて先に絶頂するなど
普段よりもずっと女の子な彼女が見られてエロ可愛いです。

前のパートから続けて聴くと随分違う印象を受けるのではないでしょうか。
普段がやや意地悪だからこそ、素直になった時の反応がより魅力的に映ります。
SEX中にキスや耳舐めを挟んでコンセプトの維持に努めてるのも良いです。

このように、舐めを多めに続けながらパートナーの心情も描いた甘めのエッチが繰り広げられてます。
ちゅぱ音まみれの作品
セリフよりも音の存在感が大きい作品です。

美桜はもうすっかり耳悦庵の常連になった主人公を今まで以上にもてなそうと
普段よくやってる耳舐めに耳かきとSEXを組み込んだ癒し系のサービスをします。
そしてその多くで自ら体を密着させ、リアルなちゅぱ音と熱っぽい吐息をガンガン鳴らします。

タイトル通り舐めの質と量にこだわったプレイ
前半は意地悪に、後半は健気に責める彼女のキャラ。
18禁音声作品の要であるエッチとキャラに特徴を持たせた臨場感の高い物語が楽しめます。

耳舐めを始めとするちゅぱ音が売りなのは間違いないのですが
私個人は吐息のレベルの高さにより驚きました。
録音時の位置が近いからか、彼女が話すたびに小さな息遣いが感じられ
エッチに入るとそれがより強く熱くなって耳を頻繁に撫で上げます。
そんなわけで当サイトでは吐息好きな人に最もおすすめします。

「お兄ちゃんとエッチな事してると なんだか胸の奥がきゅーってなるんだもん」
美桜についてはかなり純情なキャラに描かれてます。
時々意地悪するのも結局のところ愛情の裏返しに過ぎません。
最終パートはきっちりご奉仕してくれますし、スッキリした気分で聴き終えられるでしょう。
逆にM性の強い人には生ぬるすぎて物足りないと思います。

射精シーンは1回。
ちゅぱ音と吐息多め、くちゅ音それなり、淫語と喘ぎ声そこそこです。

CV:小石川うにさん
総時間 1:22:07

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります