オナサポクリニック さっさと射精しないとギャルナースから罰ゲーム

サークル「シルトクレーテ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、ギャルのようにノリの軽いナースが
普通のプレイでは満足できないM男にやや意地悪なオナサポを提供します。

射精していい時とダメな時を交互に繰り返しながら焦らすのが特徴で
指示された時間や回数だけしごく、特定の部位だけを使う、彼女と実際に肌を重ねるなど
1回ごとにプレイ内容を切り替えながら射精に向けて少しずつ性感を蓄積させます。
軽いナースの意地悪なサービス
ギャルナースの指示に従ってオナニーするお話。

「こんにちはー お兄さんここ初めて?」
ギャルナースは砕けた口調で話す素朴な声のお姉さん。
オナサポクリニックにやって来た主人公にここの概要を説明すると
問診票を確認してからオナサポのルールを教えます。

本作品はナースたちが患者の希望に沿ったオナサポをする風俗店っぽい病院で
彼女がおよそ50分に渡る変わったプレイをします。
彼がギャルっぽい女性を相手に指定したこともあり、最初から最後まで軽いノリで積極的なご奉仕をします。

「あたしが今からやるやつは 始めっから射精を許可してあげるの」
音声作品におけるオナサポは女性が色んな指示を出しながら射精をひたすら我慢させ
最後の最後にカウント等を使って気持ちよくイかせるスタイルが一般的です。
しかし彼女はプレイの序盤から射精していいタイミングを何度も設け
その時間内に射精できなかった場合は罰ゲームを実行させます。


もちろん彼女は彼をすんなり射精させる気など毛頭ありません。
時間が極端に短かったり、使用できる部位を限定するなど強めの縛りを設けて射精できないようにします。
そして罰ゲームは全力のオナニーや自分の体を使った責めで暴発へと追い込みます。

余程の早漏でもない限りボーナスタイムに無事射精できる可能性は低いです。
結局のところ焦らされ続けるので最後はかなり気持ちよく出せるでしょう。
プレイの種類も非常に多いですし、面白味に溢れるオナサポに仕上がってます。

「これちゃんとやれば気持ちよくなれるし イキやすくなるから 頑張るんだよ?」
オナニーをリードするギャルナースについては多少Sっ気があるけど優しい女性です。
ゲーム形式なので意地悪もそれなりにしてきますが
声や態度は結構温かく、優しい言葉を適度にかけて耐える気力を与えます。
元々彼が望んで始めたことですから調教ではなくご奉仕と呼ぶのが妥当です。

ご褒美と罰ゲームを繰り返す展開と彼女の軽いキャラ。
ハードさをあまり感じさせずにギリギリまで追い込む個性の強い作品です。
落差の大きいエッチ
エッチシーンは49分間。
プレイはオナニー、SEX(騎乗位)、フェラです。
オナニー、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「じゃあまずは…そのおちんぽ おっきくさせよ? ね?」
診察を終え主人公に裸になってベッドへ移動してもらうと
ギャルナースは体を密着させてひとまずおちんちんを勃起させます。

エッチは終始彼女に言われた通りに手を動かします。
前半の26分間はウォーミングアップに近いプレイ。
1回戦は超短時間内での射精指示、2回戦は特定の指だけを使ってのオナニーといったように
時間か刺激のどちらかを著しく制限して射精困難な状況を作ります。
そして彼が無事失敗したのを見計らってその倍程度の時間を割いた全力オナニーをさせます。

「じゃ次はー 一本だけ 人差し指で射精して?」
射精タイム中はいずれもまともにオナニーすることができません。
おちんちんに一応触れられるので「気持ちいいと言えばいいよな」程度の微弱な刺激が味わえます。
また本作品のエッチは同じプレイをすることがほとんどありません。
毎回何かしらの変化をつけてくるので先が読めず、それが射精の難度を上げることにも繋がってます。

ちなみにオナニー中はシコシコボイスではなく効果音で大まかなペースを指示します。
説明を挟む頻度が高い関係でオナニーをセリフだけで制御しようとするとものすごく饒舌になってしまいます。
彼女がずっとしゃべり続けてたら聴き手はそれを追うことを意識して気持ちよくなれませんし
音を使って直感的に教えるこの作りは有効と言えます。

「せっかくだから そのやばい動き あたしが手伝ってあげる」
罰ゲームのほうも結構多彩です。
直前に設けた制限を解除してストレートに気持ちよくしてたかと思えば
彼女が自らおまんこに迎え入れてピストンするシーンもあります。

通常ならご褒美と取れるプレイを逆の意味合いで使ってるのが面白いですね。
彼が射精できないのを知ってるからこそ全力でサービスします。
射精できる時は焦らし、できない時はガンガン追い込む落差の大きいプレイです。

対する後半は意地悪度を上げて暴発をしきりに誘います。
手をじゃんけんのグーやチョキにしたままおちんちんをいじらせる
2本の指の先っぽだけでしごくなど射精タイムの刺激は引き続き弱いもので揃え
その代わり罰ゲームをややハードにして性感をさらに蓄積させます。

前半に比べて罰ゲーム時のしごく回数や時間がやや増えるため
これまで射精を我慢してきた状況も相まって厳しく感じる人がそれなりにいるでしょう。
サークルさんの過去作に登場したプレイも取り入れてあったりと
彼女が最後の射精を華々しく飾ることを意識してるのがわかります。

実際にやってみたところ前半よりも後半のほうがきつかったです。
ただ休憩もちょこちょこ入るのでドM向けと言うほどえげつないわけではありません。
これだけ色んなことをしてるのに全体のバランスはちゃんと取れてるのが素晴らしいです。

このように、飴と鞭を使い分けて射精へ導く珍しいオナサポが繰り広げられてます。
変化に富んだ作品
穏やかな雰囲気で様々な意地悪をしてくる作品です。

ギャルナースは普通のオナニーではもう満足できない主人公を楽しませようと
彼の好きなギャルの口調と態度で接しつつゲーム形式のオナサポをします。
そして射精タイムと罰ゲームをセットにし、それを繰り返すことで自然に射精を我慢できるようにします。

強めの制限を設けた射精タイムとフリーダムな罰ゲームを交互に行う展開
ギャルらしくカラッとしてる彼女のキャラ、毎回異なるプレイを用意する凝った作り。
単調さやマンネリ感を極力出さないことを強く意識して作品を組み立ててます。

「いっぱいおちんぽ握りしめて 思い切りシコシコしていいよ」
やってることは結構意地悪なのに聴いててあまりそう感じないのが特に印象的でした。
ひたすら罰を与え続けるのではなく救いも用意してるのが大きいです。
彼女が自分の体をオカズにするなど、彼をもてなそうとする気持ちがプレイに込められてます。
射精した後はスッキリした気分で聴き終えられるでしょう。

エッチは群雄割拠と呼んでもおかしくないオナサポの情勢を踏まえて
他のサークルさんにはない要素を盛り込み存在感を出してます。
私個人はゲームの回数をもう少し減らし個々を厚くしたほうが良いとも思うのですが
まだシリーズ2作目ということでとりあえず色んなことに挑戦してみたかったのかもしれません。

射精シーンは1回。
淫語とくちゅ音多め、ちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

CV:秋野かえでさん
総時間 57:25

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります