催眠音声-れんちサキュバス

サークル「帽子屋」さんの催眠音声作品(男女両用)。

今回紹介する作品は、良い意味でサキュバスらしくない性格の女の子が
恋人にあたる男性と夢の中でエッチして欲求を満たします。

彼女の属性を活かした落差のあるサービスが行われており
催眠はリラックス系の技法に音を組み合わせて丁寧に落とし
エッチは普段よりもずっと積極的な姿を見せて興奮を盛り上げます。
純情なサキュバス彼女と夢の中で
後輩に催眠をかけられエッチするお話。

「せーんぱいっ ふふっ せーんぱいっ お待たせしました」
後輩は甘く可憐な声の女の子。
自分の部活が終わるまで待ってくれた主人公にお礼を言うと
恋人同士のスキンシップが取れないことをもどかしく思います。

本作品は同じ学校に通う彼と既に付き合ってる彼女が
催眠を使って彼を夢の中にある部屋へ案内してから3種類のエッチをします。
彼女の体には男性の精気を強力に吸い取る効果があり
現実世界ではエッチはおろかまともに手を繋ぐことすら難しいそうです。
そんなわけでお互いの心身に悪影響が出ない場を用意し存分に愛し合います。

「私はもっと普通に 普通の恋人同士みたいに 先輩と触れ合いたいんです」
彼女はサキュバスの中ではかなりの純情派。
音楽関係の部活に励みながら人間の女の子と同じ交際ができることを夢見てます。
でもサキュバスである事自体は特に恨んでないようで、自分の境遇を受け入れつつ彼との付き合い方を模索してます。
「ハーフ」と記載されてるのを見ると人間とサキュバスの間の子なのかもしれません。

冒頭に12分程度のドラマパートがありますから、そこで彼女がどんなキャラかだいたい掴めるでしょう。
声を担当されてるまきいづみさんも初々しさを意識した演技をされてます。

しかしエッチに入るとサキュバスの顔が色濃く出てきます。
彼の体の隅々まで唇を這わせ、自ら腰を下ろしておちんちんを飲み込み
吐き出された精液を上下の口で美味しそうに飲み干すなど非常に積極的な態度を取ります。
この普段とエッチで見せる顔の大きなギャップが本作品最大の魅力です。

暗示を使って聴き手の心と体を小まめにコントロールする一般的な催眠音声とは少し違い
本作品のエッチはちゅぱ音や喘ぎ声といったエッチな要素を多めに盛り込んでます。
そして感度を上昇させたり射精を食い止める際に催眠の技術を使用します。

触れ合えない欲求を解消するために夢の中でエッチするわけですから
そこで催眠色の強いプレイをしたら目的と内容にズレが生じてしまいます。
時間も十分取られてますし、催眠だけでなくエッチにも力を入れて作られてます。
初心者向けの穏やかな催眠
帰宅途中に後輩が今回のサービスを思いつき、主人公の家へ移動した後から始まる催眠はおよそ27分間。
横になって目を瞑り、まずは大きく深呼吸したり彼女の質問に答えて心を落ち着けます。

「お腹が大きく膨らむように 息を吸ってー 膨らんだお腹がぺたーっとするくらい 吐いてー」
前者は吸う時、吐く時両方で合図を出してリズムを取り
後者は「~ですよね?」と肯定しやすい表現で質問を繰り返すなど
聴き手が彼女の指示や言葉を受け入れやすく感じる工夫が随所にされてます。

サークルさん自身が「初心者の方にもおすすめです」とおっしゃられてる通り
全体の進め方、技術の選択、最中の気遣いがどれも丁寧で入りやすいです。
このシーンは体験版で全部聴けますからとりあえず試してみるといいでしょう。

お次は全身をパーツごとに細かく分けてじっくり脱力し
さらに彼女が部活で使用してるメトロノームの音を聴きながら深い催眠へと入ります。

「右肩の力が抜けて だらーんとする 力が抜けて らくーになって 右腕が少し 重たく感じる」
脱力は触れると相手の精気を吸い取る彼女の特性を利用して
右肩から始まり右肘、右手の甲と順番に指でなぞり感覚を伝播させます。
「すーっと」「力が抜けていく」をひとつひとつのんびり言うひと時はとっても穏やか。
言葉と雰囲気の両方から脱力感を上手に伝えます。

まきいづみさんは催眠音声にほとんど出演されてない方ですが
今回はスタジオ収録ということで演技指導がしっかりされていて質が高いです。

「カチ コチ カチ コチ 振り子が 揺れる ゆっくり 揺れる」
メトロノームは音とセリフの連携が大きなポイントです。
お互いのリズムを合わせて意識の揺れを徐々に大きくしていきます。
効果音自体が心地いいものですし、かなりの人が癒しを感じるのではないでしょうか。
私が聴いた時も頭が左右に揺さぶられる感覚が結構して気持ちよかったです。

時間に対してやることをやや絞り堅実に行う初心者を意識した催眠です。
聴き手を夢の中にある部屋へ案内することを目的に
深呼吸から入って簡単な質問、分割弛緩法、音響法と古典系の技術を中心に据え
それぞれをゆっくりじっくり行い催眠状態を確実に深めます。

これといって難しいことはしないので頭を空っぽにしやすく
後になるほど心身両面がぽわぽわ、ぽかぽかしてきます。
冒頭にドラマパートを置いたのも信頼関係の構築にプラスに働いてます。
エッチの環境づくりとしてこの上ない内容と言えます。
どんどん破廉恥になるエッチ
エッチシーンは3パート54分間。
プレイは全身へのキス、ハグ、フェラ、SEX(騎乗位)、耳舐め、オナニーです。

SEXの挿入時に効果音が鳴ります。
セルフはありです。
途中に服を脱ぐ指示が出ることはありません。

「私だけ裸だと不公平ですから 先輩にも裸になってもらいますね」
催眠を使って主人公をイメージの世界へ案内した後輩は
2人とも裸になってからまずはソフトなキスとハグをします。

エッチは終始彼女がリードします。
一番最初の「れんちサキュバス」パートは雰囲気作りと感度上昇がメイン(約25分)。
キスやハグをしてから上半身→下半身の順に彼の全身へくまなくキスします。
そして十分温まった後は騎乗位で繋がり最初の絶頂を迎えます。

「キスをされたとこがとろけそう じわーっと熱くて とろけそう どんどんどんどんとろけていく」
本作品は催眠音声ですからもちろんそれだけをやるわけではありません。
キスや特定の言葉に暗示を込め、それを聴くたびに気持ちよくなるようにします。
彼女のキャラを重視してペースは比較的ゆっくりですが、水分高めのねっとりしたちゅぱ音を多めに鳴らしてくれます。

「その…先輩のを舐めてたら すごく濡れちゃって」
後になるほど彼女が自分の欲求を素直に曝け出すのが実にいいですね。
彼のことが大好きだけど能力のおかげで触れられなかった不満を存分に叩きつけます。
そして普段が清純だからこそ、淫乱になった時のエロさがより引き立ってます。
私個人はこのパート終盤にある絶頂シーンが最も気持ちよくなれました。

続く2パートはオプション扱い。
「はれんちサキュバス」は引き続きSEX、「よくばりサキュバス」はオナサポでドライとウェットへ導きます。

「私 先輩の上に乗るの 好きかもしれません この体勢だと 先輩の感じてる姿がよく見えるんです」
「好き 好き 好き 大好き!」

一度スイッチが入った彼女はもう止まりません。
彼のおちんちんをおまんこで、耳や唇を口で味わい続けます。
ピストン音が鳴らないせいでSEXの様子がわかりにくくなってますが
耳元至近距離から聞こえるちゅぱ音、吐息、喘ぎ声が艶めかしくて臨場感があります。
最中のセリフも素の彼女を残しつつちょっぴりSっ気を持たせてます。

前のパートとプレイを揃える代わりに激しさを増してる感じです。
催眠についてはカウントを数えて感度を上げる
終盤にカウントを数えながら追い込み暗示を入れる、と快感の操作に徹してます。

「よくばりサキュバス」パートはメトロノームを使ってペースを指示するのが面白いなと。
最初はゆっくり、後になるほどペースを速めて射精できる状態へ持っていきます。
彼女自身はそれ以外の指示を出したり耳舐めを続けて側面からサポートします。

シチュは割とM向けですけど言葉責めをしないのでほぼノーマルなプレイですね。
射精後に見せる彼女の追加サービスにサキュバスらしさがよく出ています。

このように、甘い言葉と大胆な責めで何度も絶頂させるややハードなエッチが繰り広げられてます。
イチャラブ系サキュバス作品
サキュバスの良い部分だけを抽出した大衆性の高い作品です。

後輩は自分の能力のせいで恋人らしいことができずにいる主人公をスッキリさせようと
催眠を使ってそのリスクが発生しない場所へと連れて行き
それからお互いの気持ちを曝け出しながら甘く深いエッチをします。

普段は純情だけどエッチになると途端に積極性が増す彼女のキャラ
初心者でもすんなり入れるよう工夫したシンプルで手堅い催眠
より多くのニーズに応えるためドライ、ウェットの両方に対応したエッチ。
2人の関係や背景を忠実に反映させた純愛系の物語が楽しめます。

「今日は 見たことない先輩の姿がたくさん見られて 嬉しかったです」
中でも最初の要素はサキュバスが本来持つ淫乱さをしっかり出す一方で
彼を愛し気遣う優しさも同じくらい込めて心身両面を温めます。
ガンガン責めてイかせるだけだと普通のサキュバス作品になってしまいますから、主にセリフで彼女らしさを出してます。
そこそこ負担はかかるけどスッキリした気分で聴き終えられると思います。

催眠は何度も言ってるように初心者にこそ聴いてほしいです。
最後のメトロノームを使った深化は音と言葉のリズムが完璧で意識を大きく揺さぶってくれます。
そこに至るまでの道筋も親切丁寧ですし、不慣れな人でも催眠の感覚を味わいやすいのではないかなと。

エッチは緩めのドライ、激しめのドライ、セルフからのウェットと住み分けができてます。
それぞれに別の良さがあるのでどれが一番気持ちいいかは人によって違うでしょう。
催眠を重視するか、エロさを重視するか、抜きやすさを重視するかですね。

絶頂シーンは4回(ドライ3回、ウェット1回)。
ちゅぱ音それなり、淫語と喘ぎ声そこそこ、くちゅ音ごく僅かです。

おまけは「サキュバスちゃんに耳を舐められるだけの音声」です。

CV:男性向け…まきいづみさん 女性向け…nitさん
総時間 男性向け…1:52:28(本編…1:49:08 おまけ…3:20) 女性向け…1:28:37

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は8点。
112分で900円とコスパが良いので+1してあります。