先生、生徒とえっちな授業

サークル「pygmalion」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、エッチ大好きで恥ずかしがり屋な女の子が
特別な事情で学校にいる男性を使ってエッチの事を少しずつ学びます。

色んなプレイをしながら彼女が成長する様子を描くのが最大の特徴で
初めはおちんちんを見ることすらできなかったのがだんだん慣れていき
最後のほうになると自らSEXをおねだりするほどの淫らな姿を見せます。
前作に登場した先生との連携プレイも魅力です。
エッチな女の子を少しずつ教育
先生と協力してしおりに性教育するお話。

「おはようございます 今日も元気そうで何よりです」
先生は上品で穏やかな声のお姉さん。
男性のサンプルとして学校に在籍してる主人公に挨拶すると
今日から始まる特別授業のことを話し、その1人目の相手を紹介します。

本作品は2014年5月に発売された「私と一緒に…性教育してくれませんか?」の続編。
前作で女子生徒たちを前に先生と色んなエッチをした彼が
その様子を見ていたしおりと一緒におよそ45分間の特別授業をします。
今回の先生は脇役なので背景だけ把握しておけば今作からでも大丈夫です。

彼女はエッチに対して強い興味を抱く一方でそのことを恥ずかしく感じており
前作の授業では男性の体を満足に知ることができませんでした。
それを気にかけた先生が2人きりになれる場を用意し、一歩ずつ段階を踏む形で成長させます。

「あっ お、おはようございます もう…裸なんですね」
「そ、それじゃあ 私とエッチをしてください」

物語の序盤と終盤で態度やセリフが大きく変わりますから、そのギャップに感心したりグッと来るでしょう。
初々しい女性が少しずつ心を開放し淫乱になっていく姿はなかなかそそります。
先生もそうなれるよう言葉と行為の両方からサポートします。

もうひとつの特徴はあまあまな雰囲気でややアブノーマルなエッチをすること。
テーマの性教育に合わせて時間に対するプレイの種類を多く用意し
王道のものから変わり種まで色々やらせて性に対する知識と経験を積んでもらいます。

元々彼女たちの側から協力をお願いしてる背景があるので
彼のことを見下したり無理矢理責めるシーンは一切ありません。
その一方でアナル舐め、四つん這いにさせてからのクンニといったM寄りのプレイも取り入れてます。
しおりだけでなく主人公の欲求も満たそうとするご奉仕に近いプレイスタイルです。
初々しく幅広いエッチ
エッチシーンは5パート44分間。
プレイはおちんちんの匂いを嗅ぐ、写真/動画撮影、しおりのオナニー、パンツコキ、手マン、クンニ、手コキ、耳舐め、アナル舐め、乳首責め、フェラ、キス、SEX(正常位)です。
写真を撮る、しおりのオナニー、パンツコキ、手マン、手コキ、SEXの際に効果音が鳴ります。

「そ、それではどうぞ いやっ…してください その、オナニーを」
先生に言われた通り主人公のオナニーを観察しようとしたしおりは
おちんちんが萎えたままなのを見てその匂いを嗅いで興奮させます。

エッチは終盤を除き女性たちが責め続けます。
最初の2パート15分間は当初の予定通りエッチに対する理解を深めるのが目的のプレイ。
オナニー観察、性器の相互愛撫と内容を変えて1回ずつの射精へ導きます。

「近くで見ますね わぁぁ 臭い いや…臭いんですけど なんだろう 嗅ぎたくなっちゃう匂いで」
「ふふっ おじさんのイキそうな顔 可愛いです いいですよ がんばれ がんばれ」

彼女は奥手でエッチの経験も皆無ですが好奇心はとても強く
先生が退出し2人きりになった直後からおちんちんに顔を近づけその匂いを堪能します。
そして十分勃起した後はシコシコボイスを言いながら応援して気分を盛り上げます。

授業だから嫌々やってる感じはまったくありません。
むしろ今まで抑え込んできたものを解き放つような活き活きした表情を見せます。
セリフがやや単調に感じましたが、彼女の不得手さを出すための演出かもしれませんね。

「あっ 変な感触です 硬いような柔らかいような」
そして数日後にあたる「しおりの手コキ」パートでは早速彼女の成長が窺えます。
前回は触ることができなかったおちんちんをパンツ越しにゆっくりしごき
そのお返しとして見ないことを条件におまんこを指でいじらせてあげます。

彼は学校の教材ですから彼女が一方的に弄んでも何ら支障はありません。
でもそれだけじゃ可愛そうだと思うところに彼女の優しさがよく表れてます。
完全女性上位ですが対等な立場で接してくれるので雰囲気は終始あまあまです。

続く2パート24分間は複数人プレイが魅力のシーン。
これまでのエッチでよく勉強したしおりに先生が実践形式で追加レッスンをします。

先生「そこじゃわかりませんよ しおりさん どこが気持ちいいか しっかり伝えてあげないと」
しおり「おまんこです おじさんの舌で もっとおまんこいじめてください」
自主性を尊重してある程度は彼女の好きにさせ
先生はおねだりのやり方を教えたり、アナルや乳首といった別の性感帯を責めて射精を後押しします。
音声を聴いてみるとしおりと先生の責めっぷりが随分違うことに気づくでしょう。
男を知り尽くしてるかのようなねっとりしたちゅぱ音が色っぽくてエロいです。
しおりにはできないことを平然とやってのけるあたりに経験の差を感じました。

アブノーマル度が最も高いのは「四つん這いで手コキとアナル責め」。
しおりの前で四つん這いになっておまんこを舐め続け
同時に先生が耳、おちんちん、アナルを責める密度の高いプレイです。

もうひとつの「二人からのぺろぺろ愛撫」はちゅぱ音の質と量にこだわってます。
耳、乳首、おちんちんを舐め続けるといったもので
しおりはちゅぱちゅぱとゆっくり啄む感じ、先生は水分高めの音を速めにと明確な違いを持たせてます。
しおりがフェラで締めくくり、精液を口で受け止めるあたりにも授業の成果がよく表れてます。

このように、未熟な女性が一歩ずつ前進して女になるテーマ性の強いエッチが繰り広げられてます。
キャラ重視の作品
女の子が色んなプレイに挑戦する様子を楽しむ作品です。

先生はエッチに興味津々だけどそのことを恥ずかしく感じてるしおりを素直にさせようと
学校の教材として所属する主人公の力を借りて手ほどきをします。
そして最初は引っ込み思案だった彼女もエッチの魅力を徐々に知り、最後はとっても大胆なことをします。

エッチをまったく知らない女性が実践形式で勉強するシチュ
ノーマルからアブノーマルまで幅広く取り揃えたプレイ、後になるほどエロさと積極性が増すしおりのキャラ。
堅苦しくないやり方でテーマの性教育を明るくエロく描いてます。

特に3番目の要素はパートごとに小さな変化を積み重ねて成長へと繋げます。
最初はテンポが悪いかなぁと感じた人も中盤以降で考えを改めるのではないでしょうか。
最終パートには本番行為もありますし、彼女が文字通り女へと生まれ変わります。

一方で前作のヒロインだった先生は完全な引き立て役に収まってます。
しおりに手本を見せるシーンがいくつかあるものの、美味しいところは全部彼女に譲ってます。
続編ですし1パートくらいは先生を主役にして欲しかったです。

「気持ちいいっ いいっ これがエッチなんですね おじさんが動くたびに気持ちよくて」
注意点はしおりが主人公のことを「おじさん」と呼ぶことです。
20代30代の人にとってはちょっと引っかかるんじゃないかなと。
敢えておじさんに設定する必要があるお話ではないので、主人公の呼称は「お兄さん」のほうが無難だと思います。

射精シーンは5回。
くちゅ音とちゅぱ音それなり、淫語と喘ぎ声そこそこです。

エッチを全然知らない女の子を開発するのが好きな人には特におすすめします。

CV:しおり…沢野ぽぷらさん 先生…かの仔さん
総時間 1:04:49

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はありません