催眠スクール~催眠にかかる為の催眠音声~

サークル「エロトランス」さんの催眠音声作品(男女両用 全年齢向け)。

今回紹介する作品は、催眠音声を聴き始めたばかりの人をターゲットに
先生たちが催眠に関する説明や誘導を行ってより楽しめるお手伝いをします。

事前に20分程度の時間を割いて催眠のあれこれをレクチャーしたり
担当声優、催眠誘導、イメージ誘導を複数パターン用意し聴き手の自由に選ばせるなど
多くの人に催眠状態を実感してもらうことを目指した親切丁寧なサービスをするのが特徴です。

今回は陽向葵ゅかさんのバージョンを聴いてのレビューをお送りします。
催眠の第一歩を踏み出す手助けを
催眠スクールで先生の講義を受けるお話。

「初めまして 本校に入学いただきありがとうございます」
先生は知的で上品な声のお姉さん。
催眠にかかりたくてやって来た主人公を温かく迎えると
学校のコンセプトを軽く説明してから授業を始めます。

本作品は催眠音声を聴き始めた人にありがちな悩みを解消することを目的に
彼女を含めた教師陣が2時間近くに渡る独特なサービスをします。
催眠状態に入って癒しを感じたり気持ちよくなる一般的な催眠音声とは違い
催眠そのものを理解し、その感覚に触れることだけを見据えてリードします。

サークルさん自身もおっしゃられてますが、既に催眠を十分堪能してる人には必要の無い作品です。
内容もかなり真面目でエンターテインメント性は低いことをご了承ください。
ですが内容を絞ってあるおかげで催眠にはものすごく入りやすいです。

そう言える一番の理由は「幅広さ」。
声質の異なる声優さんを数多く起用し、さらに催眠誘導の方法も複数種類用意してあります。
人によって好きな声質は様々ですからそれにできるだけ対応するのが狙いでしょう。
今後のバージョンアップでもう3人追加されるそうです。
一対一で講義を進めますから双子形式ではありません。

誘導も最初は3パターン、次は5パターン存在しやり方がそれぞれで違います。
私もメールやコメントで「催眠にかかれない」というご意見をよくいただくのですが
催眠は相性の影響が割と大きく、世間で名作と言われてるものでもまったく入れない可能性があります。
だからこれらを聴き比べて自分に合うものが何かを知るのはとても有効です。

「すごく簡単に催眠現象を説明すると ○○といったことです」
もうひとつは催眠をかけ始める前にその説明をすること。
そもそも催眠とは何か、催眠状態や催眠誘導の概要、そして催眠にかかったらどうなるか。
催眠に関する教本を一冊も読んだことのない人でも理解できるよう噛み砕いて教えます。

中の人がリアル催眠術師さんなだけあってどのパートも丁寧でわかりやすく
我々が説明を聴いた結果どう思うかまで予想しながら的確なフォローをします。
そしてこれは彼女との信頼関係の構築に大変役立ってます。

ちなみに彼女は冒頭で「対面催眠や催眠音声を一度も体験してない人はまだ聴かないほうがいい」と注意します。
まずはまっさらな状態で催眠に触れてみて、そこでもし躓いたら聴いてねという位置づけです。
完全な初心者さんはひとまず他の作品をいくつか試した後に検討してみてください。
不安を取り除いてから気持ちのいい世界へ
注意事項の説明を終えた後から始まるのは催眠の講義(約22分間)。
催眠のメカニズム、人間と催眠状態の密接な繋がり、催眠誘導の種類
それを受けたことによって生まれる感覚を具体例を交えてひとつずつ教えます。

「そう 普段私達は 一日の中で 何度も催眠状態に入っています」
「どれかひとつでも 当てはまるものがあったり 体の変化を感じたら それは催眠状態に入っていると考えていいでしょう」

専門用語を使わずに話すことで小難しい印象を聴き手に植え付けるのを避けつつ
催眠にかかりにくい人が抱きがちな後ろ向きの感情を払拭できるよう
多くのシーンでポジティブな表現を使うことを心がけてます。
例えば人間は催眠に類する感覚を毎日体験してる、催眠を受けて何かしらの変化があればそれはもう入ってるなどです。

催眠にまだガチでかかったことのない人はもっとすごいものだと思ってるのでしょうけど
実際のところ最初は「意識がちょっとぼやけてるかな?」程度の小さな変化です。
でもそれを実感し、自分が催眠に入り始めてるとわかればもっと別の感覚が生まれ始めます。
本職の方に対面でかけてもらったらまた違うかもしれませんが、私のレビューを読む人はほとんどが催眠音声のはずです。

そうやって催眠に対する理解を深め不安を取り除いた後、いよいよ催眠誘導が始まります(約30分)。
全部バラしたらつまらないでしょうから催眠誘導、イメージ誘導いずれも一番目のものだけ紹介します。

流れは楽な姿勢で目を瞑り数回深呼吸やストレッチをして心身を軽くほぐし
それから腕、脚、顔、頭など全身をいくつかのパーツに分けて個別に脱力します。
そして最後にエレベーターに乗って下りるイメージとお花畑のイメージでさらに深めます。

「抜き方がわからないなら 抜けるイメージをするだけでもいいですよ」
「頭の中の力も すーっと抜いていく すると 頭の中がふわふわしてきたり あるいはじんじん ぴりぴりと痺れるように感じてくるかもしれません」

何をしたらわからない人でもついていけるよう簡単な心構えを伝授し
表現を小まめに変えながら「すーっと」「抜ける」を何度も重ねる堅実なアプローチです。
また「~かもしれない」とやや婉曲な表現を用いることで受け入れやすくもしています。
一通り終えたところで全身を再度流し、脱力具合の確認までするところが素晴らしいです。

最初の講義から通しで聴いたからか、私の場合は脱力の開始と同時に肩のあたりがぽかぽかしました。
脱力感も実感できるレベルであったのを覚えてます。
そして頭の脱力に入ったところで後頭部がじんじんし始めました。

「下へ行くほど 吐く息とともに ますます力が抜けていき 今よりもさらに 深い世界に連れて行ってくれます」
イメージ誘導もエレベーターに乗った時の全身が落ちる感覚や
その先にあるのどかな風景、花の匂い、ベンチで寝転ぶ感覚を言葉で上手に伝えます。
イメージの内容をどれも平易にしてるのも初心者に配慮してあって良いですね。
彼女の眠そうな表情につられて眠気が湧く人がいると思います。

催眠終了後にあるふたつの実践パートも本作品の魅力です。
手を固める練習、振り子とまった違う内容で催眠の成功体験を提供します。
後者は製品版付属のPDFファイルを印刷した紙とネックレスやペンデュラムを使います。

「石は硬いもの、と 頭の中や実際に声に出して呟くと よりそのイメージ力が高まると思います」
手を固める練習は実際にやってみたところ
彼女がそうなる暗示を入れる前の段階からうまく開かない状態になってました。
この後何をやるかがわかってたからそう反応したのかもしれません。
人によっては結構がっちり決まるんじゃないかなと。

このように、催眠の扉を開くことだけを見据えた質の高いサービスが繰り広げられてます。
初心者向けの作品
催眠にかかれないと思ってる人は必聴の作品です。

先生は催眠を楽しみたいけどそうなれずにいる主人公を助けようと
まずは催眠そのものを知ってもらうことで無意識的な不安や緊張を取り除きます。
そして複数の誘導法を用意し、それを彼に選ばせることで入れる道筋を示します。

声優さんや誘導法を幅広く揃えた大衆性の高い作り
催眠誘導を始める前に催眠のあれこれをわかりやすく説明する展開
聴き手の立場に立ったきめ細かなアプローチとアドバイス。
催眠にかかるまでのことだけを考えたタイトル通りのサービスが楽しめます。

催眠にかかれるかどうかは催眠音声を聴く人なら誰もが必ず通る道なので
初心者のための催眠音声」などそれを主目的にした作品は過去にいくつも出ています。
しかしここまでストイックに追求してる作品を私は他に知りません。
催眠術師や催眠音声製作者として長く活躍されてるサークルさんの本気を感じました。

「催眠にかかりにくい人は どうすればいいか それは ○○ていくことが大切です」
私個人は最中のアドバイスに最も感銘を受けました。
彼女の説明を聴いたことによって生じる疑問点を速やかに、かつ簡潔に解消します。
そしてそのすべてが平易な表現で行われてます。
全体の大きな作りだけでなく、こういう細かな部分にまで気を遣ってるから入りやすく感じるのです。

催眠は実力のあるサークルさんなだけあって抜群に優れてます。
普段は変わったことを好んでやる傾向がありますが、今回は真正面から勝負していてあっさり入れました。
1回目でうまくいかなかったとしても声優さんや誘導方法を変えていけばきっかけが掴めると思います。

以上を踏まえてサークルさんでは5本目の満点とさせていただきました。

CV:かの仔さん、みもりあいのさん、陽向葵ゅかさん、あきらさん、一条ひらめさん、ユメノシオリさん
総時間 2:14:04(声優さんによって多少前後します)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります