deception

サークル「ftnr×kuroko.ぷろじぇくと」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、とある罪を犯した男性にそのことを認めさせようと
2人の婦警が催眠を交えたエッチな取り調べをします。

事件の様子を再現しながら性感を膨らませる変わったエッチが行われており
視覚、聴覚、嗅覚、触覚に働きかけて被害者女性のイメージを鮮明にし
それらを感じながら目の前でオナニーや射精するやや背徳的な快感を味わわせます。

音声を聴く前に以下のものをご用意ください。
1、供述調書(製品版付属のPDFファイル)
2、筆記用具
痴漢容疑者への容赦ない尋問
2人の婦警に催眠を交えた取り調べを受けるお話。

「本編をより楽しんで頂く為に」
右の婦警は甘く穏やかな声の女性。
「先に軽く催眠状態に入っていただきます」
左の婦警はややトーンの低い落ち着いた声の女性。
音声を聴く際の注意事項や準備物の説明をすると
本編をより楽しみやすくするための予備催眠をかけ始めます。

本作品は痴漢の疑いをかけられた男性がそれを認める様子を疑似体験させることを目的に
彼女たちがおよそ45分に渡ってストーリー性のあるエッチな催眠を施します。
ftnr×kuroko.ぷろじぇくとさん最大の特徴である双子形式を今回も採用し
音声の序盤から彼女たちが左右に陣取り交互に、あるいは同時に語りかけます。

あなたは、最寄りの駅から電車に乗りました 2被疑事件発生時間帯に当該車両に乗車していたか
テーマはズバリ「誘導尋問」
罪を素直に認めない彼の心を突き崩そうと色んなアプローチをかけます。
冒頭に話した供述調書もそのひとつで、彼女たちの質問に答えるシーンがあります。
エッチも実況見分の名目でイメージ力と興奮を膨らませるなど内容が結構独特です。

割とブラックな内容ですが背徳要素はそれほど強くありません。
いけないことをしてしまう快感や見られながら射精を迎える快感に焦点を当てて進めます。
必須ではありませんが事前にハンカチを用意しておくとエッチでより没入できるでしょう。
没入感を徐々に高める催眠
催眠は3パート17分間。
一番最初の予備導入は本編に入る前の準備として
彼女たちがイメージ、物理の2パターンで軽い催眠を施します(どちらかひとつを選択)。
本レビューではイメージだけを紹介しますが両者は内容が大きく違います。

電車は構わず進行している あなたの心臓は高まっているのに 電車特有の揺れがあなたに作用する (左右)電車の揺れは無条件に眠気を誘う
イメージパートの内容は事件当日の様子を主人公視点で振り返るというもの。
ホームに到着した彼が被害者の少女を見つけ、その近くに陣取ったまま電車に揺られ続けます。
まだ始まったばかりということで少女を襲うことはなく
電車の音を鳴らしながら揺られる心地よさを言葉で伝えて意識の力を弱めます。

本作品の流れに沿った予備誘導ですね。
ただかかりやすさに関してはもうひとつの物理のほうが上だと私は思います。

続く誘導パートは彼が痴漢の容疑で捕まり警察署に着いた後のお話。
2人の婦警が左右に陣取り供述調書に書かれてる19個の質問をします。

右「毎朝見かける彼女、CMのように 毎朝見かけていたら その存在は風景の一部ではなくなる 彼女という存在を認識し始める、意識し始める」
事件発生時にその電車に乗ってたか、電車には毎日乗るのか、被害者との面識はあるのか。
ひとつひとつの質問に対し「はい」「いいえ」「黙秘します」のいずれかを選択します。
でも府警たちは最初から彼を逮捕する気満々ですからすんなり逃がすことはありません。
ちょっとしたギミックを交えた話術でじわじわと追い詰めます。

落とすよりも主人公になりきらせることを目指した誘導だなと。
全身がずーんと重くなるとかはあまりないでしょうが
彼女たちの言うことがまったくのデタラメではないと思う人は普通にいるでしょうね。
右は状況説明やイメージ、左は質問と役割分担されてるのも良いです。

エッチに進む環境を整えることだけを見据えた珍しい催眠です。
聴き手を主人公になりきらせることを目的に、まずは事件当時のイメージを絡めた誘導でリラックスを促し
それからアンケート形式で自分がやったことをひとつずつ認めさせます。

一般的な催眠音声とはやり方が随分違うのでどちらかと言えば経験者向けです。
ただやってることは理にかなってますし全体の流れも作品のテーマに合ってます。
うまく集中できていればこの後から始まるエッチシーンでイメージ力の向上を実感できるでしょう。
好みの女性に欲望を叩きつけながら
エッチシーンは18分間。
プレイは実況見分、オナニーです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
途中で服を脱ぐ指示は特に出ません。

左「被害者役に対して、貴方がしたことと同じことをやってもらいます」
供述調書に記入してもらった次の日、婦警たちは事件の様子をより詳しく知ろうと
主人公だけでなく被害者の少女にも参加してもらい1から再現します。

エッチは婦警ではなく少女に痴漢してるイメージで抜かせます。
前半は彼によりなりきりつつ興奮を膨らませるシーン。
初めは少女の隣、少し経つと背後に陣取りその匂いや温もりを堪能します。
ちなみにこのパートもAとBの2パターンがあり終盤の内容が若干変わります。

鼻孔をくすぐる甘い匂いに頭がクラクラします 不快感はなく、もっとこの匂いをかいでいたい もっと近くでこの香りを堪能したい と思ってしまいます
今回はあくまで容疑を晴らすためにする行為ですから実際にやるのはもちろんNGです。
しかし婦警たちは彼が自分からそうしたくなるよう言葉を使ってイメージ力を膨らませます。
若々しい魅力的な肢体、女性らしい温かくて柔らかい肌、ほのかに漂う甘い香り。
人間が持つ五感にできるだけ幅広く働きかけてリアルに実況します。

私が聴いた時も妙に生々しくてビックリしました。
匂いが漂ってくるほどではなかったにしても熱の変化やイメージ力の向上は実感できてます。
好みの女性が無防備な姿で目の前にいるシチュも男心をくすぐってくれるでしょう。

対する後半は一気にアブノーマル路線へと変化します。
彼女が偶然落としたハンカチを使っておちんちんをしごき、罪の意識に苛まれながら恥ずかしい射精を迎えます。

ゾクゾクする 手の動きが早くなる 腰も動かして 彼女のハンカチを犯してる 彼女に犯されてる
おちんちんに巻き付いたハンカチを彼女の手に見立て
いけないとわかってる気持ちすら快感に変えて己の欲望をぶちまける。
現実世界ではまず実現できないことをやらせて心身を上手に盛り上げます。

オナニーの時間は4分弱とかなり短いです。
でもそこに至るまで心を執拗に責めてくれるので1~2日溜めておけば射精は可能だと思います。
婦警たちも今まで以上にセリフを細かく分けてリズミカルに追い込んでくれます。

このように、軽い背徳感を抱きながらオナニーするイメージ&シチュ重視のエッチが繰り広げられてます。
優しく追い込んでくれる作品
ブラックな素材をできるだけマイルドに料理した作品です。

婦警たちは痴漢の容疑がかかってる主人公にそれを認めさせようと
軽い催眠をかけてからまずは供述調書を使ってやんわりと追い詰めます。
そして次の日に被害者の少女を交えて言い訳のしようがない証拠を掴みます。

2人の催眠者が連携を取って催眠やエッチをリードする双子形式
尋問や実況見分をする流れに沿って没入感と性的快感を膨らませる展開
羞恥心や背徳感をくすぐって気持ちよく射精させるエッチ。
タイトルの「deception=欺瞞」に相応しい風変わりなサービスを行います。

ふたくろさんの作品は個性の強いものばかりですが、本作品は催眠誘導が一際異色です。
印象操作が秀逸ですし聴き手が抵抗を感じる部分を和らげる配慮もされてます。
実際に聴いてみるとあまり催眠っぽく感じないかもしれません。
でもエッチへの橋渡しとして申し分ない役割を果たしてるのも事実です。

エッチはプレイ自体をソフトにする代わりに心の盛り上げを頑張ってます。
イメージのリアリティを言葉で上げてからオナニーに持ち込むので普段よりも興奮できるでしょう。
痴漢容疑者の無意識に眠る欲望を掻き立てるアプローチもテーマに合ってて良いです。

射精シーンは1回。
淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

CV:左…ftnrさん 右…kuroko.さん
総時間 1:07:14

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります