みみよん!

サークル「ネコノッテ!」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、可愛くて悪戯好きな女の子が
耳舐めに特化したご奉仕で主人公の安眠を妨害します。

総時間のほぼ全部が耳舐め音という非常に尖った作りをしており
はむはむ、ぺろぺろ、じゅるじゅるとシーンごとにタイプを変えながら
それぞれに合ったちゅぱ音を積極的に鳴らして耳に心地いい刺激を与えます。
あなたのお耳をたっぷり舐め舐め
莉羽(リウ)が耳を舐め続けるお話。

「はーむっ ちゅる ちゅる」
莉羽はやや幼さを感じる可愛らしい声の女の子。
挨拶や背景説明といった前置きはすべて省略し
音声開始から2秒後には早速寝てる主人公の耳を舐め始めます。

本作品は音声ではすっかりメジャーになった耳舐めをとことん楽しんでもらうことを目的に
彼女がおよそ60分間に渡って合計3種類のプレイをします。
総時間をほぼ3等分して唇で挟む、舌で舐める、唾液を多めにして責めると
後になるほどエロさと激しさが増すようにゆっくりじっくり責め続けます。

サークルさんが「95%耳舐め音声」とおっしゃられてる通りちゅぱ音のボリュームが凄まじいです。
セリフは数分ごとに一言二言挟む程度で後はほぼずっと舐めてます。
バイノーラル録音のおかげで舐めるたびに微弱な振動も伝わってきますから
目を瞑って聴けば実際に舐められてるのに近い気分が味わえるでしょう。
バイノーラルマイクを寝かせて録音してるのか、反対側にも時々小さな摩擦音が鳴ります。

「ここ どしたの? おっきくなってるけど」
ちなみに彼女はまだおちんちんを気持ちよくする方法すら知らない乙女です。
そのため全体的にペースが緩く、音自体も上品で大人しいものに揃えてます。
癒しとエロの中間を意識した舐めっぷりですね。
心身の疲れを取ってから最後に1発抜けるようにエッチを組み立ててます。
健気で甘い耳舐め
エッチシーンはほぼ全編にあたる6パート60分間。
プレイは耳舐め、オナニーです。
エッチな効果音はありません。

「ふふっ さすがに起きちゃった ごめん」
耳舐め中に目覚めた主人公に謝った莉羽は
そのまま左右片方ずつ唇ではむはむし続けてエッチな気分を煽ります。

エッチは終始彼女が責め続けます。
最初の2パート20分間でするのははむはむ耳舐め。
右耳→左耳の順に時間いっぱい舐め続け、ところどころで彼を気遣います。

まだ始まったばかりということであまり激しい音は鳴らさず
唇で挟む、小刻みにキスする、軽く吸い上げるといった比較的ソフトな責めを繰り出します。
この後のパートも含めて単調さが出ないよう舐め方を小まめに変化させながら進めるのが印象的でした。
音に著しく寄せた作品だからこそ、その良さを引き出す演出がされてます。

「大丈夫? 痛くない? おいしっ」
そして最中のセリフでは彼女の魅力を引き立ててます。
寝てる彼を起こしたことを素直に謝り、強めに舐めた後は痛くなかったかきちんと確認します。
純粋に好意を寄せてるからつい悪戯してしまう感じですね。
耳舐めだけでは表現しにくい彼女の気持ちを伝える重要な役割を果たします。

続く2パート19分30秒間は一転して舌メイン。
先ほどと同じく右→左の順にぺろぺろちゅぱちゅぱします。

はむはむの直後に聴くと音の違いがわかりやすいのではないでしょうか。
具体的には音がクリアになって水分も上がります。
あとは音の範囲がやや狭くなるところも特徴ですね。
舐めの合間に吸いを挟んでリズミカルに責めてくれます。

エロさが最も高いのは最後のじゅるじゅる(約20分30秒)。
これまでのプレイで彼が十分興奮してることに気づいた彼女が
より踏み込んだ音を鳴らしつつ途中から自由にオナニーさせます。

「莉羽 莉羽ね こんなにエッチな子だけどいい? 嫌いにならないで」
射精へ追い込むシーンということで平均ペースや強さを上げ
さらに熱っぽい吐息や軽い喘ぎ声を挟んで彼女自身も興奮してることをアピールします。
「じゅるじゅる」と聞くと下品な泡だった音をガンガン鳴らすように思えるかもしれません。
ですが本作品では彼女の初々しいキャラを崩さないよう抑えた音にしてあります。

私個人はちゅぱ音よりも吐息や喘ぎ声のほうにエロさを感じました。
終盤の射精シーンは決まったタイミングを設けず時間内に出すスタイルを取ってます。

このように、最初から最後まで耳だけを責め続ける筋の通ったエッチが繰り広げられてます。
耳舐め好きに捧げる作品
ひとつのプレイをとことん掘り下げてる作品です。

莉羽は自分にとって特別な存在にあたる主人公と幸せなひと時を過ごそうと
余計なやり取りをほぼ完全に取っ払って左右の耳をひたすら舐めます。
そしてシーンごとに舐め方を切り替え、後になるほど徐々に激しくして抜ける雰囲気を作り上げます。

どこを聴いてもちゅぱ音と言えるくらい耳舐めに特化した作り
舐め、吸い、キス、甘噛みのバランス配分を変えた3つのプレイ
一途で初々しい彼女のキャラとセリフ。
音をだらだら垂れ流すのではなく、ひとつの大きな流れを持たせたテーマ性の強いエッチをします。

音声との相性が良く人気も高いおかげでこういうタイプの作品が結構増えてきました。
本作品の場合は相手が年下系なのを見据えて露骨なエロさを出さずに責めてます。
大人の女性がするエロさ抜群のものに比べるとインパクトは弱いのですが
サークルさんが彼女の属性や心情を音に込めることを優先したのかもしれません。

ただ今のままでは18禁よりも15禁に近いプレイになってるかなぁと。
せめて最後のじゅるじゅるパートくらいはもっとがっついてほしかったです。
あるいは全体的に吐息をもう少し挟むとかでしょうか。
今後の作品でこのへんがどう変わっていくのか楽しみです。

射精シーンは1回。
ちゅぱ音大量、喘ぎ声そこそこ、淫語はありません。

耳舐め好きな人には特におすすめします。

CV:箱河ノアさん
総時間 1:04:17

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります