お祭りと炭酸催眠

サークル「Dose and Dreams」さんの催眠音声作品(女性向け)。

今回紹介する作品は、のんびりと話す穏やかなお兄さんが
仕事や生活で疲れてる女性に季節感のある催眠を施します。

お祭りの様子を語りながら懐かしさや楽しい気分を呼び起こしたり
炭酸のイメージと音を使ってエッチな気分を高め絶頂させるなど
タイトルを構成するふたつの要素を組み合わせた爽やかなサービスが楽しめます。
疲れをほぐす音と思い出
お兄さんに催眠をかけられ連続絶頂するお話。

「こんばんは 邪魔…しちゃった? 大丈夫?」
お兄さんはトーンの低い穏やかな声の男性。
ある日の夜、主人公に声をかけて最近の調子を尋ねると
寝る前に自分の話に付き合って欲しいと言います。

本作品は家族あるいは恋人あたりの親しい関係にある彼が
夏をテーマにしたおよそ60分に渡る変わった催眠とエッチを提供します。
販売ページのジャンルタグに「健全」と書かれてるように性感帯を直接刺激することはなく
イメージと暗示を組み合わせて癒したり気持ちよくする催眠重視の作りです。

癒しにとても力を入れてますから仕事や生活で疲れてる人ほど
体がぽかぽかする、心がスッキリするといったプラスの感覚を抱くでしょう。
途中で安眠を強く意識したパートがあり、そこで寝落ちする可能性もそれなりにあります。

催眠はおよそ31分間。
一番最初の導入パートは炭酸やお祭りの話をして心の緊張をほぐします。

「よくお祭りとかで買わなかった? ビー玉を上から押して ぷしゅーってするタイプのやつ」
「あのお店の前通ると すごい甘い匂いしてさ 僕すごい気にしてた あんなにあまーい香りがするの ちょっとずるいよね」

ラムネの栓を開けた時に鳴る爽やかな音と辛さを含んだ刺激的な味
色んな出店から漂ってくる食欲をくすぐる匂い、家に帰った時の満足感と心地いい疲労感。
日本人なら子供の頃に体験したことのある思い出を活性化させて癒しを与えます。

このパートはわざと会話調のセリフにしてあるのがいいですね。
世間話をするスタイルでこっそり暗示を入れてくれます。

続く誘導、深化パートは本格的に催眠の世界へ導きます。
楽な姿勢を取ったままお風呂に浸かってるイメージをし
さらに途中からは炭酸も投入して心身両面をよりリラックスさせます。

「あったかーいお風呂に入って ゆーっくりしてると ゆるゆるーってしちゃうよね」
「しゅわしゅわーって弾けて ぱちぱちーってなって 残ってる力もほぐしてくれる」

そしてここからはよりストレートな表現の暗示を入れて効果的に脱力させます。
それでいてあまり堅苦しさを感じないのは重要な言葉をやや間延びして言ったり
「ぷかぷか」などの擬声語を多めに挟むなどの工夫をしてるからです。

Dose and Dreamsさんは台本と声の担当者が同一人物という大きな強みを持っており
台本に込められた意図や思いをそのまま音声化できるから心にスッと入ってきます。
イメージ、言葉、声を違和感なく組み合わせて少しずつ確実に催眠を深めてくれます。

最後にあたる安眠は寝かしつけながらより深化させるパート。
泡が弾けるイメージに「重い」「緩む」「沈む」といった暗示を絡めて意識の力をさらに弱めます。

「どんどん重たくなっていく 言葉に引っ張られて ここちよーく落ちていく 柔らかな世界へ」
ここまで体験してきた様々な癒しの感覚が強まりとても眠くなりました。
ぬるま湯に浸かってまどろんでる感覚に近いですね。
手足の脱力感もそれなりに実感できますし、催眠初心者でも色んな変化を感じ取れると思います。

お祭りと炭酸が持つ特徴をそのまま活かしたテーマ性の強い催眠です。
聴き手の心と体をほぐしつつ炭酸を感じ取れるようにするのを目的に
ラムネやお祭りのイメージから入ってお風呂に入るイメージを絡めた分割弛緩法と深呼吸
さらに炭酸の音と質感を用いた深化とふたつの武器を上手く使ってスムーズに進めます。

セリフと演技の親和性も高く抜群の癒し性能を誇ります。
脱力感、爽快感、ほのかな熱、眠気といった色んな感覚が味わえるでしょう。
エッチな泡で持ち上げたり落としたり
エッチシーンは3パート23分間。
プレイは炭酸責めのみです。

炭酸責めの際に泡の弾ける音がします。
セルフはありません。

「とろとろになった体 もっととろけていこうね」
癒しの催眠で主人公を心地いい感覚に包み込んだお兄さんは
お風呂にある泡を彼女の体に集めてエッチな熱に変換します。

エッチは引き続き泡のイメージを使って感覚をコントロールします。
最初にあたる快感導入パートでするのは感度の強化(約7分)。
集まってきた泡に体を持ち上げられ、弾けるのと同時に落ちるイメージをします。

「ぱんって弾けて体が沈んですとーんと落ちていく どんどん沈む」
「たかーいところでふーわふわ 気持ちいい 泡に包まれて 気持ちいいね」

クンニやSEXといった一般的なプレイは一切登場しません。
浮遊感と落下感を短時間で交互に与えて大きく揺さぶり
その最中に泡の音を流して包まれてるイメージを膨らませます。
エッチの最中にも深化のアプローチをかけてくるので催眠状態を維持しやすいです。

続く2パートはお待ちかねの絶頂シーン。
今までの流れに絶頂を促す暗示と「ぱーん」というやや反響した音が加わり
カウントを起点にそれらをタイミングよく使って快感を一気に押し上げます。

「快感で真っ白 真っ白 全身快感に染まる 落ちていく 快感の中に深く落ちていく」
「ほーら 音は止まってないよ どんどん快感溜まっちゃうよ 大きくなっちゃうよ?」

快感、快感追加いずれもやることは基本的に同じですが
後者のほうが絶頂回数が多くその間隔も短めです。
泡の音をずっと流し続けることから音モノっぽい要素も持ってます。

このように、泡の力だけを使って気持ちよくする独特なエッチが繰り広げられてます。
夏らしさが漂う作品
夏が持つプラスのイメージでリフレッシュさせる作品です。

お兄さんは仕事や日常生活で疲れを感じてる主人公をぐっすり眠らせようと
まずは楽しかった祭りの思い出で現実世界から少し遠ざけ
さらにお風呂や炭酸を使って心地よさや爽快感を与えます。
そしてエッチに入ると泡に別の意味を持たせて連続絶頂へと追い込みます。

タイトルを構成するふたつの要素を組み合わせた癒し特化の催眠
直接的なエロ要素をまったく使わない思い切ったエッチ
これらを下から支える言葉の意味を忠実に汲み取った演技。
イメージや催眠の技術が持つ力をふんだんに使った個性的なサービスを行います。

イメージ、セリフ、演技の親和性の高さが特に印象的でした。
この感覚を聴き手に伝えるにはどう振る舞えばいいかが考えられてます。
そしてセリフの表現に柔らかさを持たせて作品の雰囲気にしっかり合わせます。
イメージのキーとなる泡も飲料ではなくお風呂をメインにして全身を同時にケアします。

絶頂シーンは6回。
効果音それなり、淫語・ちゅぱ音・喘ぎ声はありません。

CV:望さん
総時間 1:07:30(本編…1:04:11 フリートーク…3:19)


体験版はこちらにあります