催眠音声~ご奉仕~

サークル「暗中模索」さんの催眠音声作品(女性向け)。

今回紹介する作品は、穏やかで世話好きなお兄さんが
催眠を使って心身の疲れを取りつつお嬢様気分を味わわせます。

深呼吸、脱力、マッサージのイメージを組み合わせて効果的にリラックスさせる催眠
そのままの流れで女性の大事な部分を優しく愛撫し絶頂させるエッチなど
タイトルの「ご奉仕」に沿った癒し系のサービスが楽しめます。
召使いのエッチなマッサージ
お兄さんに催眠を交えたマッサージを受けるお話。

「こんばんは これからあなたに催眠術をかけていきます」
お兄さんは素朴で穏やかな声の男性。
自己紹介や背景説明といった前置きはすべて省略し
主人公に横になってゆっくり深呼吸するよう言います。

本作品は心の中を気持ちよくして疲れやストレスを解消するのを目的に
彼がおよそ60分に渡って催眠をかけたり体のマッサージをします。
癒しをテーマにした作品ということで少なくとも本編ではハードな描写をほとんど入れず
人肌や優しさで少しずつ温めるご奉仕色の強い内容になってます。

催眠は2パート30分30秒ほど。
最初の導入パートは横になって目を瞑ったまま深呼吸したり
全身をパーツごとに分けてゆっくりじっくり脱力します。

「綺麗な空気を吸い込んで 体の中の疲れやストレスを吐き出して」
「首から肩にかけて 力が抜けていきます 硬く凝り固まった筋肉がほぐれていく」

どちらも催眠音音声では割と定番の技法ですが
深呼吸する時には良いものを取り込み悪いものを吐き出す
脱力では筋肉の凝りがほぐれて血流が良くなる、といったようにイメージを積極的に絡めながら物語を進めます。

本作品は催眠の終盤あたりからずっとマッサージを続けることになるので
彼の手の形や触られた時の感覚をどれだけリアルにイメージできるかが重要になります。
だから催眠の最初からそれをやりやすくする準備をします。

もうひとつ、彼の演技も心身のリラックスに大変貢献しています。
話すペースを意識して緩め、セリフごとの間も長めに取って落ち着ける雰囲気を作ります。
暗中模索さんは台本と声優を両方できるので声と言葉の親和性が非常に高いです。
音声を聴けば聴くほど声に釣られてのんびりした気分になるのがわかるでしょう。

脱力は左右の肩と腕、左右の脚、股関節や足の付根 お腹から胸元、顔と
全身を上下に往復させる感じで18分くらいかけて行います。
一通り終えた後にはカウントを何度か数えて催眠状態を深め
さらに左右の腕に的を絞って追加の脱力をするとても入念なものです。
これまで名作をいくつも生み出されてきたサークルさんなだけあって、処女作とは思えないほど優れた誘導をしてくれます。

本題のマッサージが登場するのは次の「第1暗示」パートから。
催眠の世界にある大きな屋敷へ案内され
主人公はそこのお嬢様、お兄さんは召使いになりきって日課のサービスを行います。
そしてここからは彼の口調が召使いらしいやや丁寧なものに変わります。

「指先と手のひら 温かい感触に包まれますよね 僕の手の温もり 感触 感じてください」
「肩で止まっていた血液の流れが マッサージをすることで スムーズに流れるようになるんです 凝りの原因になる疲労物質も流れていくんです」

右手から始まって二の腕、肩、左腕と上半身を中心にお世話しながら
その様子を実況したり聴き手視点で温もりや筋肉のほぐれを伝えます。
メインの感覚はあちらが脱力、こちらは温感と異なりますが
先ほどの脱力シーンと似た暗示を敢えて入れることでリラックスを強化してます。

体のリラックスにとてつもなく力を入れてる癒し特化の催眠です。
聴き手をお嬢様になりきらせ、召使いにマッサージされてる気分を味わわせることを目的に
深呼吸、分割弛緩法、カウントを使った深化、マッサージのイメージを使った追加の脱力と
後になるほど心身の凝りがほぐれぽかぽかするようにリードします。

中でも脱力は終盤のマッサージと合わせて二段構えの作りになっており
肩や腕を中心に心地いい重さや動かしたくない感覚が強めに味わえます。
本作品のエッチは自分で体をいじるシーンが特にないので手加減なしにやってくれます。
大事な部分を繊細にマッサージ
本編のエッチシーンは2パート25分30秒間。
プレイは乳揉み、乳首責め、クリ責め、手マンです。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

「次は バストのマッサージを行わせていただきますね」
丁寧な催眠とマッサージで主人公を癒したお兄さんは
そのまま乳房や乳首のマッサージに移って今度は性的快感をプレゼントします。

エッチはこれまでの流れを引き継ぎ性感帯を手と指で刺激します。
最初の5分30秒間は胸部へのエッチなマッサージ。
服越しに乳房を優しく揉み、それから服の中に手を入れて乳首もコリコリします。
ちなみにこのシーンは催眠の終盤にあたる第1暗示パートと合体してます。

「直接だから さっきよりも気持ちがいい 温かい手のひらが 胸を包み込む 体温が直接伝わる 胸が熱くなる」
傍から見ると彼がいやらしい気持ちを抱いてやってるようにも思えますが
実際は彼女の同意を得たうえで行うご奉仕の一種です。
その証拠に彼の口調や態度は今までとまったく変わらず、エッチな描写も交えずに進めます。
快感よりも手の温もりを伝える暗示を重視してるのもそう言える理由です。

続く「第2暗示」パートは下半身のケアがメイン。
序盤から中盤にかけてはクリトリス、終盤はそれと膣を同時に責めて合計3度の絶頂へと導きます。

「指先が茂みをかき分け 少しずつ近づいてく 体の中で一番敏感な 快楽の種」
「種から快楽が芽生える 体の中に芽吹いてゆく」

そしてここでも彼は露骨なエロ要素をできるだけ使わずに快感を伝えます。
植物が種から芽吹くイメージに例えてるところが詩を聴いてるように思えて印象的でした。
今どこをどのようにいじってるかの実況も小まめに挟んでイメージしやすくしています。
絶頂時もその都度カウントを数えてタイミングを教えてくれます。

もうちょっとエロさが欲しいと思う人のために別バージョンが用意されてるのも魅力です。
先ほど説明したのは間接表現版にあたり、それ以外に直接表現版も同梱されてます。
確認したところあちらでは快楽の種をクリトリスとストレートに呼んでました。
プレイの流れは一緒なのでご自分に合ったほうをひとつお選びください。

このように、召使いに尽くされてる雰囲気を大事にしたマイルドなエッチが繰り広げられてます。
丁寧な作品
恋愛感情を挟まずに優しく労ってくれる作品です。

お兄さんは現実世界に疲れを感じてる主人公を少しでもリフレッシュさせようと
まずは体の脱力に特化した催眠をかけて安らげる環境を作り上げ
それから召使いになりきってお嬢様の体を丹念に揉みほぐします。

異なるやり方で脱力を繰り返し行うリラックス特化の催眠
ストレートなエロ要素をできるだけ挟まずにマッサージを続け、そのハンデを暗示で補うエッチ。
催眠の技術やイメージを駆使して男性にご奉仕される様子を疑似体験させます。

私が男だからなのでしょうけどセリフの表現が男性向けと大きく違って面白いです。
男性向けだとどれだけエロい淫語を言うか、心に響く言葉責めをするかを頑張る傾向があるのですが
本作品ではいかにエロさを出さずに盛り上げイかせるかを追求してます。
そしてこうすることでこのマッサージがお兄さんの欲望から始まったのではないことを示してます。
あくまで間接表現版での話ですから直接表現版を選べばエロさは随分変わります。

催眠は技術の選び方、使い方、マッサージとの組み合わせ方、演技がどれも優れてます。
脱力感は催眠だと比較的味わいやすい感覚ですし初心者向けだと思います。

本編の絶頂シーンは3回。
淫語ごく僅か(直接表現版の場合はそこそこ)、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

おまけは追加のエッチパート2種です。

CV:和水創太(旧名は想)さん
総時間 1:41:49(本編…1:22:35 おまけ…19:14)


体験版はサークルさんのブログにあります

追記
体験版のリンクはこちらです(下にある無料版)。
http://blog.livedoor.jp/anmo31min/archives/3124353.html