ヒプノタイマー

サークル「エロトランス」さんの催眠音声作品(男女両用)。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第32回目は穏やかでちょっぴりSっ気もあるお姉さんが
様々な時計を使って興奮させたりドライオーガズムへ導きます。

一般的なエロ要素を一切使わず時計の音だけで快感をコントロールするのが特徴で
乳首が気持ちよくなる音、興奮する音、性器がムズムズする音などそれぞれに異なる役割を持たせ
最初は個別に、しばらくすると複数同時に鳴らして強い刺激を与えます。
魔法の時計で気持ちいいひと時を
お姉さんに催眠をかけられ時計の音でイかされるお話。

「こんばんは そろそろ寝る時間かな?」
お姉さんは穏やかで透き通った声の女性。
ある日の夜、主人公の前に現れ今の状況を確認すると
彼の胸に手を置いて気持ちいい催眠の世界へと招待します。

本作品は様々な時計の音で快感を操り絶頂へ追い込むことを目的に
彼女が40分をほぼ半々に分けて催眠誘導やテーマに沿ったエッチをします。
所謂「音モノ」と呼ばれる作品のひとつなのですが、サークルさんがかなり思い切ったことをされてまして
淫語、ちゅぱ音、喘ぎ声といった直接的なエロ要素を完全に取り除いたエッチを行います。

18禁にあたる描写は催眠の最後のほうに痴漢っぽい描写があるだけです。
性器の描写も「アソコ」とぼかしてありますし、催眠にかかってない状態で聴いたらほとんど興奮しないほどソフトです。

「時を刻むごとに あなたの体はビクビクと反応し 興奮するの」
じゃあどうやって聴き手をイカせるのか。
その鍵はタイトルにもなってる時計の音にあります。
エッチシーンで彼女は合計8種類もの効果音を用意し
それぞれに異なる暗示を入れて少しずつ確実に心と体の熱を上げていきます。

ストップウォッチの音、歯車が回転するような音、柱時計の音、電子音など
現実世界に存在する時計にまつわる音が使われてます。
最初のうちはピンと来ないでしょうが、十分な深さの催眠状態に入っていれば
聴き続けるうちに体が妙に熱いとか、特定の部位がムズムズするといった変化が出てくるでしょう。

催眠はおよそ19分間。
座るか横になった状態で彼女の手が胸に置かれてるのをイメージし
そのままゆっくり深呼吸したり全身を上から下に向けて脱力します。

「気持ちいいね ぼーっとして 何をするわけでもなく ただここに存在する 何も考えない 何をするのもめんどくさい」
本作品のエッチは癖が強いので催眠にちゃんと入れてるかどうかが非常に重要です。
だから彼女は無理に時計の音を鳴らさず、まずは手堅い技法を駆使して意識の力を確実に弱めます。
お姉さん役を務める紅月ことねさんの演技も優れており、比較的早い段階からぼんやりした心地いい感覚が湧いてきます。

「意識もさーっと 崩れ去る 落ちる 落ちる 暗闇に落ちていく」
「ずーんと沈む 勢いよく すごい速度で落ちていく でもそれが気持ちいい」

続く深化はまず砂のお城に触るイメージを通じてゆっくり落とし
それから彼らのいる世界全体が崩れ落ちるイメージに切り替える緩急をつけたものです。
数多くの名作を制作されてるサークルさんなだけあって催眠のレベルはものすごく高いです。

主役の時計音が登場するのは催眠開始からおよそ15分後。
「チキチキ」というストップウォッチっぽい音を鳴らしつつ、電車の中にいる女性たちに悪戯するよう呼びかけます。

「その学生のスカートからのぞく足 さらさらとした髪のOLのうなじ お尻 それを眺めているだけでムラムラしてくる」
彼女が使う時計には魔法がかけられており、音が鳴ってる間は時間の流れがとても緩やかになるそうです。
それを利用して女性たちの無防備な体を弄ぶチャンスを与えます。
性的興奮を促すイメージを用いてるのでエッチの序盤とも受け取れる内容ですね。
時計の音もリズミカルで心地よく、催眠状態をより安定させるのに役立ってます。

十分にリラックスさせてからサクッと落とす洗練された催眠です。
聴き手の心と体を時計の音で反応できるようにする環境づくりを目的に
深呼吸から入ってイメージを交えた脱力と深化、さらに時計の音とイメージを組み合わせた感覚支配と
シーンごとに明確な目標を掲げてどれも手際よく誘導します。

それほど長い時間をかけてないのにとても深いところまで入れて驚きました。
中盤の深化が特に優れていて体の重さや意識のぼやけが一気に強くなります。
テーマの時計を深化後に初めて鳴らすのも慎重に進めたかったからでしょう。
エッチは中上級者向けですが催眠は初心者向けと言っていいくらい大衆性が高いです。
時計の音に蹂躙される快感
エッチシーンは19分間。
プレイは時計音責めのみです。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

「悪いことに使ったあなたには お仕置きが必要」
時間が動き出したので電車内から催眠の世界へ主人公を引き戻すと
お姉さんは本気で痴漢をしようとした彼に変わった手段で罰を与えます。

エッチは彼女との接触を一切せずに音だけで気持ちよくなります。
前半の11分は絶頂に向けての準備や練習を見据えたプレイ。
「カチカチ」という乾いた音は体を感じさせる、「カッ カッ」という力強い機械音は興奮させるなど
効果音ごとに異なる役割を持たせ、個別に鳴らしながら暗示を小まめに入れて感覚を伝えます。

「あなたの感情をコントロールする部分 そこにグサッ グサッて刺激し この音が入ってきて 興奮の波が自分の意識と関係なく溢れる」
どれも時計の音なのでエロさはまったくありません。
しかしこれらを聴いてるとなぜか体がほのかに火照るとか
特定の部位がムズムズするといったエッチの序盤でよくある感覚が湧いてきます。
彼女が色っぽく振る舞うことも特にありませんし、完全に催眠の技術だけで快感をコントロールします。

続く後半はこれらの音を二重三重に鳴らして刺激を強めます。
先ほど説明した音に加えて「ウィィィン」という携帯のバイブレーションっぽい音
振り子時計の音、電流が流れるような音、「ピッピッ」という電子音、振動音と種類を一気に増やし
それらの鳴らし方を目まぐるしく変える寸止めっぽい責めを繰り出します。

「音とともに大きな刺激が押し寄せる のけぞってしまうような快感が 機械的に襲ってくる」
前半よりも音の割合や密度が一気に上がるおかげで音に責められてる気分が強く味わえます。
ドライまで持っていくには多少の慣れが要るものの
催眠やドライ慣れしてる人ならその直前くらいまではいけると思います。
珍しいタイプの作品なので繰り返し聴くことで徐々に効果が表れます。

このように、音と言葉を組み合わせて追い込むテーマ性の強いエッチが繰り広げられてます。
音に支配される作品
発売から8年近く経った今でも異彩を放つドライ作品です。

お姉さんは主人公に普段とは違うタイプの快感を味わってもらおうと
催眠はテーマとあまり絡めずスムーズに進め、その代わりエッチで奇抜なプレイを提供します。
そしてその決め手として多種多様な音を状況に応じて変化させながら鳴らします。

フェラやSEXといった一般的なプレイどころかエロ要素すら使わない思い切った作り
それに向けて手堅くしっかり落とす高品質な催眠、音に暗示を込めて徐々に感覚を伝える独特なエッチ。
難しいテーマを上手く料理して強烈な個性を放つ完成度の高いサービスに仕上げてます。

サークルさんご自身が「いろいろとカオスな作品」とおっしゃられてるように
100%楽しむにはそれなりの経験や素養が求められます。
おそらく催眠音声初心者が聴いても十分に気持ちよくなれる可能性はそれほど高くありません。
でも条件をクリアしてれば強烈にキマるパワーを持ってます。

特にエッチの後半は音に心と体を犯される不思議なひと時が味わえます。
ひたすら鳴らし続けるのではなく、音の強弱や鳴らす/鳴らさない時間を設けることで
自分がこれらに支配されてることを実感しやすくしています。
結構うるさくなるシーンもありますから普段より音量をやや下げて聴いたほうがいいでしょう。

絶頂シーンは1回。
効果音それなり、淫語・ちゅぱ音・喘ぎ声はありません。

以上のことから前回と同じ点数にさせていただきました。

CV:男性向け…紅月ことねさん 女性向け…夜櫻さん
総時間 男性向け…41:59 女性向け…38:21

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります