頭の中が真っ白に!?三種のエンディングを選べる静かな保育園でのオナニーレッスン

サークル「黄金アイス」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、優しくて甘やかし上手な保母さんが
夜になっても保育園から帰れずにいる少年とエッチなお遊戯をします。

柔らかい声と言葉でオナニーのやり方を手取り足取り教えながら
初めての体験に戸惑う彼の心もケアする甘さの強いオナサポが楽しめます。
それぞれで変わった責め方をする3種類のエンディングも魅力です。
2人だけで秘密の勉強
保母の「ななえ りこ」にオナニーを教えてもらうお話。

「ん? あら? あの子ったら どこに行ったのかしら?」
りこ先生は穏やかで色気のある声のお姉さん。
ある日の夜、主人公と2人きりで彼の母親が迎えに来るのを待ってると
呼び寄せてから優しく抱きしめて寂しい気持ちを和らげます。

本作品はまだ小さいのにおちんちんで気持ちよくなることを知ってる彼へ
彼女が60分近くに渡っておちんちんの慰め方や射精のやり方を親切丁寧に教えます。
相手が保母さんということでオナサポ自体はもちろん、心のケアもしっかり行う甘さの強い内容です。

「えっ? そうしてるとおちんちんが気持ちいいの? ダメよボクちゃん いくら気持ちよくても 女の人におちんちんを押しつけるのは よくないことなの」
赤ちゃん言葉は言わないものの彼のことを最初から「ボクちゃん」と呼び
女性の体を使って性欲解消するのはいけないことだよと事前に教えてから
どこをどのようにいじるかを説明したりシコシコボイスでペースや強さを指示します。

性教育っぽさを多少持たせてリードするのも2人のキャラに合わせたのでしょう。
大山チロルさんの声や口調が大変マッチしていて聴けば聴くほど満たされます。

もうひとつのポイントは3種類のエンディングがあること。
歌でリズムを取ってするオナニー、淫語を多めに言うオナニー、若干背徳的なオナニーと
それぞれで異なる方向性を持たせて射精を応援します。
オナサポ作品ですから彼女がフェラやSEXをすることはありません。

サークルさんはどれかひとつの選択を推奨されてるようですが
それだと1回あたりの視聴時間が35分程度と短いので、個人的には全部繋げて聴くのも有りだと思います。
後になるほど彼女が保母さんからメスの顔に変わっていくのがよくわかります。
優しく包み込んでくれるエッチ
エッチシーンは4パート48分間。
プレイはおちんちんを擦りつける、おちんちんの鑑賞、オナニー、皮剥き、キスです。
エッチな効果音はありません。

「ボクちゃんがおちんちん擦りつけるのをやめてくれたら もっと気持ちよくなれること 教えてあげる」
主人公が自分の体におちんちんを擦りつけてることに気づいたりこ先生は
優しい言葉でひとまずそれを止めさせ、代わりに自分で気持ちよくする方法を教えます。

エッチは年上の彼女が終始リードします。
一番最初の「共通部分」はエッチの開始から射精の直前までを描いたメインパート(約22分)。
服を脱いで彼女におちんちんを見られるところから始まり
皮オナニーや亀頭オナニーを少しずつペースを上げながらじっくり行います。

「ボクちゃんは男の子だから おちんちんさが言うことをきいてくれない時があるのは仕方ないけど そんな時はオナニーをやって わるーい気持ちをぴゅっぴゅって お外に吐き出してあげるんだよ」
彼女は彼が自分の体で気持ちよくなってたことに対して特に怒っておらず
それがなぜ悪いか、どうしてそういう気分になるのかを柔らかい表現でひとつずつ説明します。
エッチな気分になるのは仕方ないから、それを正しい方法で解消させようという考えです。
オナニーを上手くできてたらきちんと褒めるなど、彼を甘やかす方向でプレイを進めます。

プレイについてはシコシコボイスを30秒くらい続けて言った後は
性教育に関することや彼をいたわる言葉をかけます。
しごく時間は結構長いですけどペースが全体的に遅いおかげできついと感じるほどではありません。
最後の瞬間に気持ちいい射精を迎えられるよう心身をバランスよく温めてくれます。

続く3パートは射精シーン。
オナニーを継続しつつ前パートの流れに沿ったものや脱線したプレイをします。

「じゃあ 先生がお歌を歌ってあげるから 今度はお歌に合わせて おちんちんさんシコシコしてみよっか」
前者にあたるのはエンディング1。
前半はシコシコボイスで、後半はとある童謡に合わせておちんちんをしごきます。
エロ要素が極端に少ないせいで勃起と興奮を維持しにくいところがあるものの
保母さんが少年にエッチの手ほどきをするシチュに合ったプレイなのも事実です。

「ボクちゃんを見てると 先生の母性本能がくすぐられちゃうみたい」
後者にあたるのはエンディング3。
彼の素直で可愛い姿に母性をくすぐられた彼女が大人のキスを伝授します。
シコシコボイスをあまり言わない代わりにちゅぱ音が多く
その質感も子供より大人相手に近いねっとりしたエロさの強いものです。
最後の射精シーンでぴゅっぴゅのセリフを言うなど3つの中で実用性が一番高いです。

このように、おねショタを強く意識したマイルドなオナサポが繰り広げられてます。
シチュ重視のオナサポ作品
女性の優しさや温かさを感じながら射精できるあまあまな作品です。

りこ先生は夜になっても母親に会えずにいる主人公の寂しい気持ちを和らげようと
自分から抱きつき優しい言葉をかけて甘やかします。
そして性欲が溜まってるのに気づいた後はオナニーのやり方をひとつずつ丁寧に教えます。

保母さんに見守られながらオナニーや射精をするシチュ
シコシコボイスを適度に言いながら性教育する彼女らしいリード
聴き手のニーズに配慮した3種類の射精パート。
オナサポの基本を押さえつつテーマが活きるようにエッチを組み立ててます。

「よしよーし ボクちゃんはいい子 ボクちゃんはいい子」
幼児プレイ要素を取り入れずに甘やかしてるのがすごくいいと思います。
そして普段が穏やかだからこそ、射精パートの一部で暴走する姿とのギャップが引き立ってます。
お話の流れを見ればエンディング1が最も相応しいのでしょうけど
エンディング2は淫語、3はちゅぱ音が充実していてこれらのほうが抜きやすいです。

射精シーンは3回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

大衆性や手軽さが魅力の作品です。

CV:大山チロルさん
総時間 59:12

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は7点。
59分で300円とコスパがいいので+1してあります。