ダメっそんなとこばっかり壊れちゃう‼敏感亀頭を集中攻撃快楽中毒者の為の最低で最高な亀頭オナニー体験

サークル「黄金アイス」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、上品でSっ気の強いお姉さんが
普通のオナニーでは満足できないドMに変わったオナニーをプレゼントします。

亀頭への責めに特化した刺激の強いオナニーが行われており
上下に擦る、手で全体を包み込み撫でる、手のひらで先端だけをぐりぐりするなど
適度な間隔でいじり方を変えながらきつめの言葉責めをぶつけて心身をバランスよく盛り上げます。

音声を聴く前にローションを用意しておくとより楽しめます。
(サークルさんは「あれば嬉しい」とおっしゃってますが私は必須と見ています)
動物になりきってハードなオナニーを
お姉さんの指示に従って亀頭オナニーするお話。

「はぁーい こんにちは 社会の最底辺に住んでるド変態なお兄さん」
お姉さんはややきつい口調で話す穏やかな声の女性。
自分1人じゃ満足に精処理もできない変態たちが集う指導室に来た主人公を迎えると
普通の人間には到底できないハードで変態的なオナニーを味わわせます。

本作品は普段よりも下等な生物になりきって情けないオナニーを楽しむことを目的に
彼女がおよそ40分に渡りハードでM性の強いオナサポをします。
サークルさんが「低価格高品質を目指します!」と宣言されてるだけあって
価格がたったの300円とコスパが良く気軽に聴くことができます。

もちろん内容のほうにも強いこだわりが窺えます。
オナニーは最初から最後までずっと亀頭だけをいじり続けます
どのシーンもやり方を事前に説明してからシコシコボイスを多めに言ってくれるのでやりやすいです。
竿よりもずっと敏感な場所ですからスムーズにやるにはやはりローションをしっかり使うのがいいでしょう。

「人間の尊厳を捨ててまで 私にオナ指示されるのがそんなに気持ちいいの? どうしようもないわねこの○は 変態 ド変態!」
最中の言葉責めもMな人を喜ばせることを意識したきつめのものを用意してます。
彼女がこちらを動物呼ばわりしながらエッチするので羞恥や屈辱感を覚えるのではないでしょうか。
普段は優しいけど要所で一気にSっ気を発揮する彼女の姿にもゾクゾクします。

亀頭に的を絞ったオナニーと動物に例えて見下す比較的ハードな言葉責め。
体と心をバランスよく責めてMを喜ばせるコンパクトで個性的な作品です。
刺激の強さを追求したエッチ
エッチシーンはほぼ全編にあたる2パート36分間。
プレイは動物の鳴き真似、亀頭オナニーです。
エッチな効果音はありません。

「人間よりも下等な生物 つまり 動物の名前をあなたに与えたいのだけれど あなたにはどの動物の名前が一番似合うかしら?」
これから行うプレイの概要を簡単に説明すると
お姉さんは早速主人公をどの動物に見立てるのがいいかテストします。

エッチは終始彼女に言われた通りに手を動かします。
前半パート(約10分)でするのは動物になりきる心の準備。
彼女が指定した動物の鳴き真似を実際に行い、自分が人間以下の存在に成り下がったことを心に刻みます。

「そのまま堕ちてしまいなさい あなたみたいな変態が 人間のフリをしている必要はないの」
おちんちんをいじることは一切ないので体の快感は特に得られませんが
作品のテーマである「動物的射精」を目指すためには必要不可欠な儀式です。
普段と別の存在になりきることで道徳心や世間体といったエッチに不要なものを捨て去ることも狙ったのだと思います。
鳴き真似を誰かに聴かれたら社会的に死ぬ可能性がありますからくれぐれもご注意ください。

最大の魅力である亀頭オナニーが始まるのは後半パートから(約26分)。
ローションを手に垂らし亀頭に塗りつけてから数種類のプレイを順に行います。

「ローションの量は500円玉くらいにして あまり多く取り過ぎちゃダメよ」
オナサポの中では比較的マイナーなプレイということで
使用するローションの量、指を何本使ってどんな風にいじるかを事前にきちんと説明し
開始直後は「シコシコ」「ぐちゃぐちゃ」などの掛け声を使ってペースや強さを細かく指示します。
あんまり激しくやったら痛みが走ることを考慮し1秒1コキ~1秒2コキあたりでしごくことが多いです。
竿オナニーよりも若干遅いですが、それでもきつい場合はもう少し落として様子を見るのがいいでしょう。

「こんな乱暴な刺激を与えても勃起するなんて さすがは変態さんね」
そして掛け声を1~2分言い続けた後はそのペースを維持させ
今度は作品の内容に合った言葉責めをぶつけて心のほうを盛り上げます。
パートの序盤は指示や掛け声に力を入れてるのでそこまできついことは言いません。
亀頭オナニーもまだぬるい方ですし、この特別なプレイに慣れさせることを意識して進めます。

責めがハードになるのは中盤以降。
手のひらで亀頭全体を包み込んで手首を回す、開いた手のひらを先端にくっつけてスライドさせるなど
スタンダードな亀頭オナニーよりも広く強い刺激が得られるプレイに移行します。

「あなたはチンポを気持ちよくするために生きている チンポ奴隷」
プレイが激しくなるのに合わせて彼女のSっ気も増すのがいいですね。
これまでに引き続き彼を動物扱いしながらチンポ奴隷呼ばわりし
語気もかなり強いものにして彼女に逆らえない雰囲気を作り上げます。

亀頭オナニーのペースはそれほど変わりませんが亀頭が熱かったりヒリヒリするかもしれません。
ローションでぬめりをよくしておけば最後のシーンで射精するのは十分可能です。

このようにおちんちんに強い刺激を、心に敗北感や屈辱感を与えるM~ドM向けのプレイが繰り広げられてます。
尖ってる作品
オナサポの中でもかなりハードな路線を突き進んでる作品です。

お姉さんは普通のオナニーではもう満足できない主人公に新しい快感を教えようと
竿をしごくことを完全に禁止し、敏感な亀頭だけを徹底的にいじらせます。
そして同時に彼を動物扱いしたりきつめに見下す言葉責めもぶつけます。

指や手だけを使って亀頭を色々いじるタイトル通りのプレイ
体への刺激に負けないパワーを持った心への責め。
エッチを構成する各要素の刺激をできるだけ強くして興奮と射精感を高めます。

そしてこれらを下から支えるオナサポも十分な品質を持ってます。
シコシコボイスと言葉責めのバランスが取れてるおかげで動物扱いされてる気分に浸れますし
快感が単調にならないようある程度の時間で区切って責め方を変えてます。
ひたすら激しく責めるだけだと単なる拷問になってしまいますからこの部分は重要です。

ただ言葉責めが動物を強く意識してるのに対し、オナニーは人間がするのと何ら変わりない点だけは引っかかりました。
プレイの途中に四つん這いでオナニーするシーンがあれば多少は違ったかもしれません。
あるいは難度が高いですけどそのまま亀頭だけを床に擦りつけるとか。
オナニーにもテーマの「動物的射精」をある程度反映させたほうが統一感が上がったと思います。

射精シーンは1回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上のことから今回はこちらの点数とさせていただきました。
寸止めをしないハードなオナサポが好きな人には特におすすめします。

CV:分倍河原シホさん
総時間 40:54

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は7点。
41分で300円とコスパがいいので+1してあります。