ささやき庵 雅 参

サークル「VOICE LOVER」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、ささやき庵でNo.1の人気を誇る艶やかな女性が
お客だった男性とお店の外で普段以上にあまあまなエッチをします。

彼女自身の生い立ちや妹に関する踏み込んだ会話をしたり
お店で禁止されてるプレイを自らおねだりするなど
二人が客と店員ではなく対等な男女として愛し合ってることを色んな方向から表現しています。
運命の人と初めて結ばれる
ささやき庵の店員「雅」と濃密なエッチをするお話。

「さ、どうぞ ここが雅のお家」
雅は甘く穏やかな声のお姉さん。
ささやき庵の裏にある自宅に主人公を招待すると
これから出かけようとしてる妹の煌(きらり)と軽く話します。

本作品は「ささやき庵 雅」「ささやき庵 雅 弐」に続くシリーズ第3弾。
これまでのサービスを通じてほぼ恋人同士と言ってもいいくらい仲良くなった二人が
彼女の家や特別な場所でエッチして親密度をさらに高めます。

シリーズ物ということで過去2作を聴いておいたほうが楽しめるのは間違いありませんが
従来のささやき庵とはお話の流れやエッチの内容がまったく違うので
背景さえ理解しておけばエッチなボイスドラマとして一応楽しめると思います。
逆にささやき庵をよく聴いてる人にとってはおそらく意外に感じるでしょう。

これまでの流れを説明しますと、雅は予約を取らないとなかなか相手をしてもらえない超人気小町です。
しかし主人公は過去2回とも彼女が空いてる時に偶然訪れ指名しました。
そのことに運命を感じた彼女が自分から彼へ近づき、エッチを繰り返した後からこのお話が始まります。

「妹っていうのは 姉に対してライバル心を持つものなのかな? あの子の場合 ちょっとそれが強いみたいで」
ささやき庵のお仕事ではないことや二人の関係を踏まえて彼女の口調は最初から砕けており
会話の内容も自分のこと、家族のことなどプライベートなものが多いです。
ささやき庵と彼女の繋がりに関する話題も出てきますしドラマ性が強くなってます。
そしてその端々から二人がお客と店員よりもずっと親しいことが自然と伝わってきます。

肝心のサービスについても普通なら一番最後にやるフェラを敢えて最初に持ってきたり
お店では禁止されてるSEXを野外で行うなど独自性が強いです。
シリーズ最大の魅力にあたる囁き声も今回は13分程度しかありません。
ただし彼女がリードしつつ彼に尽くすスタイルだけはささやき庵らしいと言えます。

もうひとつの魅力はバイノーラル録音。
臨場感の高い声が彼女のいる位置や動きに応じてめまぐるしく移動します。
現在では当たり前のように使われてる技術ですが、本作品が発売された2012年の時点ではものすごくレアでした。
ノイズもほとんどなく今の作品と比較しても引けを取らないレベルの品質を持ってます。

ささやき庵シリーズとの違いを大きく持たせた作りとリアルな声。
物語の最後を華々しく飾るチャレンジ精神旺盛な作品です。
絆を感じるエッチ
エッチシーンは29分30秒間。
プレイはフェラ、相互オナニー、パンツの匂いを嗅ぐ、キス、手マン、SEX(立ちバック)です。
エッチな効果音はありません。

「あらあら 拭いてたらおっきくなってきちゃった? ふふっ いいよ このまましてあげる」
自宅のリビングで会話中にうっかりコーヒーをこぼしてしまった雅は
彼のズボンとパンツをすぐさま脱がせ、拭いてる最中に勃起したおちんちんを嬉しそうに舐め始めます。

エッチは彼女がリードしつつほぼ対等な立場で愛し合います。
一番最初のシーン1でするのはフェラ(約5分30秒)。
声の位置が中央やや下に移動し、舐めたり吸ったりを不規則に繰り返して1回目の射精に導きます。

「あなたの精液 雅のお口に頂戴?」
お店で数多くの男性を相手にしてきただけあって手際が非常によく
ちゅぱ音もねっとりしてパワフルなのに上品さが漂っていて彼女のキャラに合ってます。
射精が近づくと彼の気持ちを汲み取ったおねだりをするなど
男心をくすぐる行為やセリフを多めに盛り込んだエッチをします。

続くシーン2は場所を彼女の部屋に移してからする相互オナニー(約13分)。
ゲーム勝負に勝った彼へのご褒美にオナニーを披露し、少し経つと彼も始めて見せ合うスタイルへと変化します。

「いいよ 雅のパンツの匂い嗅いでも 雅のパンツの匂いで もっと興奮して」
おっぱいを揉むところから始まってパンツ越しのクリオナ、ディルドを使ったおまんこオナニーと徐々にエスカレートし
それに合わせて彼女の声や息遣いがどんどんエロさを増します。
効果音は特に鳴らないのでバイノーラル録音によるリアルな声が一番の抜き要素です。
最中に脱いだパンツを快く差し出し匂いを嗅がせるなど、愛する人を喜ばせることを強く意識しながら自分を慰めます。

最後のシーン3は野外SEX(約11分)。
彼女のお気に入りの場所にあたる国際会議場のガラス塔へと移動し
そこの最上階で人々を見下ろしながら初めてひとつになります。
「ささやき庵 雅 弐」の最後にも出てきた場所ですから聴いてる人は覚えてるのではないでしょうか。

「雅ね ここであなたとしたかった この間 あなたを連れて来た時からずっと」
「そのまま そのまま出して 雅の中に出して」

他に人がいないことを確認してからできるだけ肌を露出しない格好で挿入し
喘ぎ声を漏らしながらどうしてわざわざここを選んだのかを話します。
純粋に気持ちよくなるよりも二人の愛を確かめる儀式の色合いが強いです。
最後にきっちり中出しを決めるところも含めて彼女が彼と一生寄り添いたいと思ってるのがわかります。

このように、十分に仲の良い男女がさらに踏み込んだ関係になる様子を描いた甘く深いエッチが繰り広げられてます。
しっとりした作品
雅の魅力をふんだんに盛り込んだ比較的臨場感の高い作品です。

雅は数多くいるお客の一人に過ぎなかった主人公に何らかの運命を感じ始め
いくつかのやり取りやエッチを通じてそれが予感から確信へと変わります。
そして今回初めて彼を自宅へ招き、自分のことを色々語ってから一人の女性として再びエッチします。

従来のささやき庵以上にキャラやストーリーといった背景部分を重視した作り
二人の仲の良さが自然と伝わってくるセリフの表現や細かな気遣い
そしてバイノーラル録音特有のリアルな声と状況に合った位置取り。
彼女たちが客と店員から恋人、さらに夫婦へと発展していく過程を落ち着いた雰囲気で描いてます。

「例え世界が終わるとしても 雅はあなたと一緒にいるからね ずっと一緒にいる」
彼女は包容力を感じる穏やかな声、男心をくすぐる言葉の数々、プロらしいテクニックと様々な魅力を持つ女性です。
しかし作中ではどのシーンも自分を彼より下に置いてひたすら尽くす姿勢を取ります。
こういったシチュのおかげで女性に大事にされてる気分が味わいやすく、いい気分で聴き終えることができました。
サービスが済んだらおしまいじゃないところも良い意味でささやき庵らしくないです。

エッチはNo.1小町の実力を出しつつハッピーエンドになるよう組み立てられてます。
最初のフェラは時間的に抜くのは厳しいでしょうけど、その後の2パートはどちらも別の良さを持ってます。
SEXパートは見られるスリルを煽るタイプじゃありませんからノーマル向けです。

絶頂シーンは主人公、雅ともに2回。
ちゅぱ音と喘ぎ声(吐息含む)それなり、淫語そこそこです。

CV:誠樹ふぁんさん
総時間 52:21

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は8点。
52分で1200円とやや割高なので-1してあります。

2018年2月15日まで40%OFFの720円で販売されてます。
その場合の点数は8点です。