眠れない添い寝2 お布団の中で密着される音声

サークル「B-bishop」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、感情をあまり表に出さない意地悪な女の子が
エッチな悪戯をして添い寝を希望する男性の安眠を妨害します。

前半はおちんちんにほぼ触れず乳首や内ももといった別の性感帯を緩く責め続け
後半に入っても挿入したままピストンせずに精液を限界まで熟成させるなど
「焦らし」をとことん追求した大変もどかしいプレイを行います。
ぐっすり眠る前に性欲を発散
女の子に添い寝でエッチに責められるお話。

「こんばんは お兄さん 眠れない添い寝をしてほしいの?」
女の子は淡々と話すややトーンの低い声の女性。
眠れない添い寝が何かも知らずにしてほしいと言う主人公に
これからどんな事をするか大まかに説明します。

本作品は今年9月に発売された「眠れない添い寝 お布団の中で悪戯される音声」の続編。
前作とは別の女の子がおよそ60分に渡って添い寝しながら色んな悪戯をします。
シリーズ作品ですがお話は完全に独立してますから今作から聴いても大丈夫です。

元々の目的が安眠のため彼女は最初から最後までほぼずっと添い寝し
最中は囁き声でゆっくりのんびり語りかけて安らげる雰囲気を作ります。
ドM向けを得意とされてるB-bishopさんとは思えないほど色んな部分が穏やかです。
囁き声の時間はエッチのほぼ半分にあたる32分程度です。

「胸も お兄さんの腕に しっかり当たっちゃってる」
しかし「眠れない添い寝」の名の通り彼女が彼をすんなり寝かせることはありません。
お互い裸になって体を密着させ、敢えて弱い刺激を性感帯に与え続けてひたすら焦らします。
最終的にはきちんと射精させてくれますが、そこに至るまでの流れが本当に緩く
その徹底した焦らしっぷりに多くの人がもどかしい思いをするでしょう。

「生殺し」と呼ぶのがピッタリな逆の意味での地獄が味わえます。
エッチの中盤頃からおちんちんを責め始め、寸止めを繰り返していた前作に対し
今作はおちんちんにまともな刺激を与えるタイミングをできるだけ遅らせ
その間は耳、乳首、金玉など射精に直結しにくい部位を個別にあるいは同時に責め続けます。

焦らしがパワーアップしてるので前作よりもM性が上がってる印象を受けました。
ですがプレイの内容は今作のほうが間違いなく大胆です。
女性が無防備な格好で体を密着させたまま極めてソフトな責めをする。
M向けのエッチでよくやるものとは正反対の方法で焦らす個性的で臨場感の高い作品です。
限界まで性感を溜めさせる意地悪なエッチ
エッチシーンは62分間。
プレイはハグ、全身愛撫、耳舐め、おちんちんを太ももで挟み込む、乳首舐め、素股、SEX(騎乗位)、足による玉揉みです。
女の子が体を動かす、素股、SEXの際に効果音が鳴ります。

「今からお兄さんは 眠ることだけに 意識を集中 何にも反応しない 何をされても無反応」
服を脱いでから主人公と同じ布団に潜り込み、これからすることに反応しないよう念押しした女の子は
柔らかいおっぱいや太ももを早速彼の体に押しつけ首筋を優しく愛撫します。

エッチは無抵抗な彼を彼女が一方的に責め続けます。
前半の32分は彼の心と体の感度を上げることを見据えたプレイ。
首筋、左右の胸、左右の太ももを個別にフェザータッチするところから始まり
おちんちんを太ももで挟みながらの耳舐め、左右の乳首舐めと少しずつ刺激のレベルを上げていきます。

「お兄さんは添い寝されて ぐっすり寝たいんだよね? 触ったら大変 だから絶対に乳首には当たらないように くーる くーる」
彼女は彼が安眠のために自分を呼んだことを知ってます。
だからわざとムズムズする程度の快感をおちんちん以外の場所に与え続けて
まずは一度射精しないとぐっすり眠れない気分にさせます。
胸を愛撫する時は乳首を避け、内ももを愛撫する時は一瞬だけ金玉に触れるなど焦らしを意識した描写が多く
裸で抱き合ってるシチュや声の近さも相まっておちんちんが自然と熱くなります。

サンプル画像を見ればわかるように本作品は布団を掛けたままエッチするため
おまんこや責めてる様子を見せつけて彼を興奮させることができません。
それを踏まえて彼女は布団の中でどんな事が行われてるかを比較的細かく実況し
イメージによって自分に責められてる気分を味わわせようとします。


実際に聴いてみるとエッチが妙に生々しく感じるでしょうね。
痴態を見られてることを意識させて羞恥を煽ったり、軽く「変態」と言ってくれるシーンもありますし
体への責めをソフトにする必要があるハンデを心への責めで補ってます。
状況に応じて声の位置や質感がきちんと変化するのもポイントです。

続く後半は射精に向けてさらに踏み込んだ方法で焦らします。
これまでのプレイですっかり発情した主人公にもっともどかしい思いをさせようと
上に乗り正面から抱き合う体勢で素股→SEXの順にゆっくり行います。

「女の子に襲ってもらうの好きなんだ? ぎゅーって抱きつかれながらおちんちんをおまんこに食べてもらってよかったね」
太ももで軽く圧迫される以外ほとんどおちんちんに触れてくれなかった前半に比べれば
確かに随分ましになったと言えます。
しかし彼女はおちんちんを挿入した後10分以上も一切動かさずに
曲げた足の爪先で金玉を、手の指で乳首を同時に責め続けます。

ご褒美のはずがさらに焦らされる結果になるところが本作品らしいですね。
熱っぽい吐息を耳元至近距離から漏らすなど、前半よりも強化された焦らしプレイが味わえます。
彼女が本格的にピストンし始めるのは射精シーンの10分前ですから
およそ50分以上に渡っておちんちんがお預けを食らうことになります。

「もう 仕方ないね じゃあ耳犯しながらピストンするから そのまま精液搾り取られちゃって」
しかし彼女も根っからのSではありません。
彼の我慢が限界に達したと判断するとすぐさまピストンして射精に導きます。
最初から最後まで意地悪を続けてたら射精後も消化不良になってしまいますから
ここだけは優しく接してスッキリ出させてくれます。
精液を全部おまんこで直接受け止めてくれるところにも優しさを感じました。

このように、とことん焦らしてから一気に発散させる独特なエッチが繰り広げられてます。
ハードな焦らし作品
長時間に渡って物足りない快感を与え続ける割と意地悪な作品です。

女の子は安眠を求めて自分を指名した主人公をぐっすり寝かしつけるために
普通の男性ならまず眠れない状況を作り上げてから性感を少しずつ高め
頂点に達したところで自分の最も大事な部分を使って気持ちいい射精に導きます。
そして序盤から中盤にかけては意地悪に、終盤と事後は優しく接して安らぎを与えます。

相手が抵抗できないことを利用して裸で添い寝し弄ぶ珍しいシチュ。
おちんちんへの責めをできるだけ避け、解禁後も刺激を弱めて焦らし続けるソフトで尖ったプレイ。
そして体への責めを弱くする代わりに他の部分で心を盛り上げる興奮しやすい作り。
単に焦らしていじめるのではなく、最後のシーンで良い射精を迎えられるように考えながらリードします。

「ん? 眠くなっちゃった? うんいいよ 一緒に寝ようね よくおちんちん頑張りました」
彼女は意地悪なところもありますが根は優しい女性です。
だから焦らしプレイを耐え抜いた彼に最後はきちんとご褒美をあげます。
道中は相当にもどかしい思いをしますがスッキリした気分で聴き終えることができるでしょう。
責め方も含めてサークルさんの他作品とは随分違うものを持ってます。

エッチは前半はオーソドックスに焦らし後半で個性を出してます。
おちんちんをあまり責めないといっても乳首舐めや耳舐めでちゅぱ音がそれなりに鳴りますし
イメージのさせ方や細かな描写も優れていて結構興奮できます。
後半のSEXも大事な部分を相手に委ねつつ焦らすテーマに沿ったプレイで面白いです。

射精シーンは1回。
ちゅぱ音それなり、淫語とくちゅ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

焦らし系のプレイが好きな人ほど楽しめる作品です。

CV:逢坂成美さん
総時間 1:15:15

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります