【催眠音声】女の子に催眠術で好きにされ手ェ

サークル「mosquito cock」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、可愛くて甘えん坊な彼女が
恋人にあたる男性とイチャイチャしながらエッチな催眠をかけます。

現実世界の会話にできるだけ近づけたゆるーいセリフで話したり
体への刺激はできるだけ控え、音とイメージを組み合わせてイかせるなど
仲の良い女性に優しく弄ばれる雰囲気を大事にした甘く独特なサービスを行います。
彼女とベッドでイチャイチャ
彼女に添い寝で催眠をかけられるお話。

「んーーーー!! 今日やることおしまーーい!」
彼女は甘く可愛い声の女の子。
やることを終えて主人公に膝枕してもらうと
雑談しながら軽くイタズラして彼の反応を楽しみます。

本作品は同棲中の恋人と一緒に過ごすあまあまなシチュで
彼女が80分近くに渡り催眠をかけたり特殊なエッチをします。
サークルさんが催眠を利用して気持ちよくなることを目的にされてるだけあって
フェラやSEXといったストレートなプレイは行わず、好きな女性とイチャイチャする雰囲気で幸福感を与えます。

「よく考えるとさ 膝枕っていうけどこれ太ももだよね まぁ細かいこと言ってもしょうがないよね」
最大の魅力は彼女のセリフと話し方。
恋人同士らしい砕けた口調で他愛もない会話を続けたり、自分から彼に体を預けるシーンが度々登場します。
彼女役をやられてるそらまめ。さんの演技も非常にナチュラル。
現実世界で行われるやり取りに近く、聴いてるだけで肩の力が自然と抜けてきます。

それを最もわかりやすく実感できるのが冒頭の会話シーン(約11分)。
用事を終えてお疲れ気味な彼女が彼の太ももに頭を乗せて軽くくすぐったり
ベッドに横になって話をしながら見つめ合って甘えます。

「こうやっておでこもお鼻もくっつけてー どう? きもちいい? 私はずーっとこうしてたいよ」
彼女は彼のことを心から信頼してるのでしょう。
スキンシップを自分から積極的に取り、彼の反応を見て「可愛い」とからかいます。
そして自分の思ってることを素直に伝えて愛情を示します。

催眠の技術と言える要素はほとんどありませんが
聴き手を作品の世界に引き込みリラックスさせる効果は十分に果たしてます。
サークルさんが敬愛されてる「リアルヒプノ」と同じくすべての要素がとにかく緩いです。
雰囲気のいいシンプルな催眠
催眠はおよそ18分間。
会話の最中、先日行った催眠の話題が出たのをきっかけに彼女が再度彼に催眠を施すことになります。

「足に意識向けて そのまま安らかに? 安らかって死んじゃいそうだからダメだね リラックスするようにさ」
前半シーンでするのは主に体のリラックス。
お馴染みの深呼吸や足、お尻、背中、肩、腕の脱力をして深い催眠に入る準備を整えます。
技術自体は他の催眠音声でも見かけるシンプルなものですが
彼女が軽いギャグや比喩を挟みながら暗示を入れてくれるおかげで和やかな空気が漂ってます。

脱力感を少しずつ全身に伝播させる流れになってますから
一番最初にやる足が最も強く変化を実感できるでしょう。
私の場合はぐったりしたのに加えてピリピリした感覚もありました。
催眠開始後は囁き声で語りかけてくれますし、本作品の持ち味である「緩さ」がきちんと反映されてます。

体が終わった次は心の脱力。
頭の中を洗濯機でかき回されるイメージや落下するイメージで意識の力をさらに弱めます。

「ぐーるぐる 頭の中が ぐーるぐる かき回されて 綺麗になっていく」
「ここちよく 霧に包まれながら なおも落ちていく 真っ白に 深い深い催眠状態に 落ちていく」

洗濯機のイメージでは「ぐーるぐる」を多めに挟み
その後は「深い」「落ちる」「真っ白」といった暗示を状況に応じて使い分けるなど
先ほどの脱力シーンと同じく色んな方向からアプローチをかけて心地いい気分を膨らませます。
冒頭の会話シーンから聴いてれば多くの人が十分リラックスできてるでしょうから
ここで言葉に合わせて頭の中にもやがかかるとか、温かいものが広がっていく感覚がすると思います。

最初に作り上げた雰囲気を維持しつつ施すオーソドックスな催眠です。
聴き手の心身を脱力させ、彼女の言うことに反応できるようにすることを目的に
最初は純粋なリラックス、次はイメージを用いた心のリラックス&深化と堅実に誘導します。
リラックスを大変重視してるので脱力感、意識のぼやけ、眠気などの変化が強めに味わえます。

「私はねこうやって腕の力が抜けるみたいに言われた時って なんか肩から指先の方に力が移動していく感じ」
この催眠のキーはアプローチの多彩さだと私は思います。
催眠音声で脱力と言うと「力が抜ける」と言うのがメジャーですが
本作品はそれに底なし沼に飲み込まれていくイメージや彼女が以前味わった脱力感を加えてます。

暗示の種類がひとつだと効く人とそうでない人の差が大きく出てしまいます。
それをできるだけ避けるためにこのようにしたのではないかなと。
ネタが多ければ聴いてて純粋に飽きにくいのもあります。
やることはふたつに絞り、その中で幅広く働きかける効果的な誘導です。
じっくり溜めて一気に放出
エッチシーンは42分間。
プレイはハグ、耳舐め、言葉による絶頂、乳首オナニーです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
服を脱ぐ指示は特に出ません。

「今日はー 私から気持ちいいのを送り込んで 気持ちよくなってもらおうかなって思うの」
催眠を使って主人公を気持ちいい感覚で包み込んだ彼女は
引き続き体を密着させながら特殊な手段でエッチな快感を送り込みます。

エッチは終始彼女に責められる形で進みます。
前半の19分間は気持ちいい絶頂に向けて性感を蓄積するシーン。
彼女が彼に優しく抱きつき、体が触れ合ってる部分から快感物質を注入したり
左右の耳を実際に舐めて全身の感度を高めます。

「性感帯を内側から犯される感じ それも私がまた耳から送り込めば送り込むほど 快感は増えて刺激もどんどん強くなって行く」
二人の関係なら普通にエッチするのも可能なのですが
今回は彼の感じてる姿を見たいということで敢えてソフトなプレイにしてます。
しかし感度を上げる暗示が非常に多く、後になるほど敏感な部分がムズムズしてきます。

一般的なプレイとして最も充実してるのは耳舐め。
エッチの最中15分程度断続的に行い、比較的上品な音をリアルな質感で鳴らします。
バイノーラル録音特有の微かな振動がこそばゆく彼女との近さも感じられます。
耳舐め開始から少し経つと彼女が指を鳴らして感度を上げようとしますし
暗示と音を組み合わせてゆっくりじっくり敏感な体に変えてくれます。

続く後半は絶頂をメインに据えたご褒美シーン。
カウントを数えながら小まめに追加の暗示を入れて1回目の絶頂に追い込んだ後
休憩をほとんど挟まずこれまでとほぼ同じやり方でさらなる絶頂を味わわせます。

「膨れて 膨れて 膨れて 暴れまわって 耐えられなさそうになる」
1回目の絶頂から2回目までがおよそ9分、そこから3回目までが10分と
1回ごとの間隔を長めに取って心身にあまり負担をかけずに気持ちよくします。
ドM向け作品などで行う連続絶頂よりもずっと緩い責めですね。
2回目の絶頂直前に出てくる上のセリフに合わせてエネルギーがぐんぐん盛り上がるのを感じました。

絶頂後も継続して感度の上がる暗示を入れたり音を鳴らすので
1回目よりも2回目、2回目よりも3回目と後になるほど快感が強くなると思います。
そういった変化を実感させてくれるところもこのエッチの魅力です。
3回目だけ乳首オナニーを加えてるのもそうなる理由のひとつです。

このように、体よりも心への責めに力を入れたほぼノーマルなプレイが繰り広げられてます。
ゆるーい作品
好きな人と二人きりでまったり過ごす様子をそのまま音声化した作品です。

思いやりが強くて甘えるのも上手な彼女が、催眠を使って恋人を普段と違う方法で喜ばせます。
よそよそしさをまったく感じない和やかなやり取りと砕けたセリフ
十分にリラックスさせてからびっくりさせないように落とす優しい催眠
そして完全女性上位でありながら意地悪さを徹底的に取り除いた恋人らしいエッチ。
二人の関係を考慮して作品を構成するすべての要素が緩く温かく調整されてます。

「かーわいーいなー もっと可愛いとこ見たい」
彼女は単に他の人には見せない彼の顔を見たいからこういうことをします。
悪意ではなく好意に基づいてますから突き放したり苦しめることは一切ありません。
その証拠に最中は言葉と行為で大事に想ってることを度々伝えてくれます。
そんな彼女の姿に感化されて幸福感を覚える人がきっといるでしょう。

エッチはサークルさん的には激しめとおっしゃられてますが、それでも催眠音声の中ではソフトな部類に属します。
長めの時間をフルに使い言葉と音の両方から感度を少しずつ上げる流れが優れており
聴いた後にあまり疲れを感じることなく日常生活へと戻れます。
純粋なエロさが控えめですしドライに慣れてる人のほうが楽しめると思います。

絶頂シーンは3回。
ちゅぱ音それなり、淫語ごく僅か、喘ぎ声はありません。

隅から隅まであまあまな満たされる作品です。

CV:そらまめ。さん
総時間 1:24:44

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は7点。
85分で700円とコスパがいいので+1してあります。