声付き耳かき音を作ってみた50

サークル「とみみ庵」さんの無料の同人音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、穏やかでちょっぴり抜けたところもあるお姉さんが
甘えん坊な主人公に耳かきで癒しを与えます。

サークルさんの売りである音を大変重視した作りに加えて最中に交わされる何気ない会話も非常に甘く
彼女の嬉しそうな表情も相まって聴いてるだけで心がぽかぽかしてきます。
愛する人の望むサービスを
お姉さんに耳かきしてもらうお話。

「あっ おかえりなさいませ」
お姉さんは丁寧な言葉遣いをする甘い声の女性。
帰宅した主人公を嬉しそうに迎え、すぐさまぎゅっと抱きしめると
彼のリクエストに応えて耳かきをしてあげます。

本作品は2014年5月頃から始まったシリーズの記念すべき第50弾。
恋人よりも奥さんっぽい雰囲気の女性が繊細で家庭的な耳かきをします。
サークルさんがこれまで磨き上げてきた音による癒し(ASMR)を継承しつつ
二人の仲の良さを感じるやり取りを適度に挟んでお世話されてる気分を味わわせてくれます。

また今回は全年齢だけでなく18禁音声でも活躍されてる野上菜月さんが声を担当されてます。
野上さんがとみみ庵さんの作品に出演するのは初めてじゃないでしょうか。
優しくて柔らかい声と態度が耳かき音とマッチしていてものすごく癒されます。

耳かきはほぼ全編にあたる23分間。
膝枕の状態で右耳→左耳の順に耳かき棒と綿棒を使って綺麗にし、最後に3回程度息を吹きかけます。

耳かき棒は「そり すしゅっ」と平べったく滑らかな摩擦音
梵天は「ぷしゅっ しゅるしゅる」と軽い圧迫感のある柔らかい音が使われており
前者は位置を小まめに切り替えながら前後にゆっくりと
後者は軸を持って回転させたり弱い力で掻き出すように動きます。

耳かき棒は穴の中の色んなところに刺激を与えてくるのでこそばゆく感じるでしょう。
手前と奥で音の質感が微妙に違いますし、いつも通りの安定した耳かきをされてます。
動きについてもペースやストロークが変化に富んでいて実際の耳かきにとても近いです。
また後半の左耳では汚れを取った後に奥を軽くマッサージする動作が入ります。

「耳かきをするのは好き…なのかもしれません 結構面白いですし」
「いっぱいとーれーろっ いっぱいとーれーろっ」

これらを行うお姉さんの仕草もあまあま。
最初はあまり自信なさそうだったのがやってみるにつれてその魅力を理解し
左耳をお掃除する頃になると楽しそうに手を動かします。

耳かき中に失敗する演出を挟むのではなく、会話する時に手を止めることであまり経験がない様子を出してます。
効果音と会話にメリハリがあるので音声に集中しなくても両方楽しめるでしょう。
耳かき音と彼女の微かな息遣いだけが流れるひと時はとても静かで落ち着きます。

このように、音とキャラの両方を引き立たせてるコンパクトで洗練された耳かきが繰り広げられてます。
新婚気分が味わえる作品
あまりの甘さに自然と頬が緩んでくる作品です。

お姉さんは主人公の心と体が少しでも安らぐように
彼が提案した耳かきを受け入れ自分なりのやり方で隅々まで丁寧にお掃除します。
そして耳かきを通じて彼女自身も好きな人をお世話する幸福感に浸ります。

説明的なセリフを一切挟まずすべての動作を音だけで表現するASMR成分の強い作り
効果音とセリフをある程度分けて両方の魅力を引き立たせる演出。
仲のいい男女が二人きりで過ごす様子をリアルかつナチュラルに表現しています。

「私からもお礼を 楽しかったですし 耳かきを好きになれましたから」
そしてやはり野上さんの声と演技が大変素晴らしいです。
効果音が主体の短いお話だとキャラの存在感がどうしても薄くなるものなのですが
本作品に限って言えば彼女の存在が癒しにすごくプラスに働いてます。

少なくとも私には恋人よりもずっと深い関係を意識して演技されてるように映りました。
「主人公と一緒にいればあとは何もいらない」という思いが滲み出てます。
それを端的に表すとすれば新婚夫婦なんじゃないかなと。

耳かきはこのシリーズだけでも50本制作されてるだけあって品質が安定してます。
レビューで説明した以外にも細かな部分を色々こだわってますし
節目を飾るに相応しい渾身の一作と言えます。

CV:野上菜月さん
総時間 26:15

声付き耳かき音を作ってみた50
https://www.youtube.com/watch?v=8zFvS5Le4lU