催眠音声「真っ白なナニモナイ場所で」

サークル「RubCraft」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、黒い髪と黒い服の穏やかなお姉さんが
夢の中にある真っ白な場所へと案内し普段と違う快感を味わわせます。

催眠音声で時々使われる「真っ白になる感覚」を追求したアプローチが魅力で
催眠パートは夢の世界に行くイメージに暗示を絡めて頭の中や体を真っ白に染め上げ
エッチも真っ白な海に潜り全身が溶けていく心地よさと幸福感で絶頂に導きます。
すべてが真っ白な世界へ
お姉さんに催眠をかけられすべてを真っ白にされるお話。

「それでは 催眠に入りやすくなる 簡単なリラックス運動をしましょう」
お姉さんは甘く穏やかな声の女性。
音声を聴く際の注意事項を簡単に説明すると、立ち上がり腕をぶらぶらさせる運動を指示します。

本作品は催眠特有の心地よさや幸福感を深く味わいながら絶頂させることを目的に
彼女が90分近くの時間をかけて催眠を施したりイメージで気持ちよくします。
サークルさんが「真っ白になる感覚」をテーマに制作したとおっしゃられてるだけあって
分量、内容いずれもエッチより催眠を重視してお話を進めます。

それ以外の特徴は大きくふたつ。
ひとつはほぼ全編で何らかの音楽が流れ続けること、もうひとつはお姉さんが二人に別れて語りかけてくることです。

前者はRubCraftさんや姉妹サークルのF・A・Sさんの作品を聴いたことがある人にとってはお馴染みの要素でしょう。
本編に入る前のリラックス運動では癒しを感じる音楽
本編ではやや退廃的な音楽と方向性を変えてシーンごとに異なるものを流します。
シナリオは終盤でやや人を選ぶ表現がある以外は基本あまあまなので心が重くなるほどではありません。
属性の異なる要素を敢えて組み合わせることで非現実感を演出されてるのだと思います。

(右)声が聞こえるほうに意識を向けていると (左)さらに深い場所まで下りていくことができるよ
後者は催眠音声でひとつのジャンルとして確立されてる双子を強く意識したものです。
声質の違いはないものの左右交互に語りかける、重要な暗示を揃えて入れる、畳み掛けるように話すなど
催眠者が一人の場合だと絶対にできないテクニックを数多く駆使して効果的にリードします。
真っ白になる感覚を味わうにはまず催眠に入らないと始まりませんから、保険の意味も込めてこうされたのでしょう。

特定の感覚をひたすら追求した作り、リラックスと没入感を与える音楽、重厚かつリズミカルな双子。
サークルさんがこれまで培ってきたものとテーマをかけ合わせた独特な世界観の作品です。
色とイメージでじっくり落とす催眠
催眠は2パート51分間。
最初のリラックス運動(約11分)は催眠に入りやすくなるための準備として
肩幅くらいに足を開き自分の好きなように腕をぶらぶらさせます。

「そこにあるものすべてが 白に統一された 何もかもが真っ白な世界」
運動の開始と同時に音楽が流れ始め、彼女も癒し系の暗示を入れながら
これから行く場所がどんなところかをゆったりした口調で話します。
サークルさんの他作品でやり慣れてる人も最初の1回だけは聴いておくのがいいでしょう。

二三三二一(にっさん さにー)さんは同人におそらく初めて出演される声優さんだと思うのですが
声がはっきりしていて聴きやすく、催眠に適した変化に富んだ演技をされてます。
アダルトゲームで活躍されてる声優さんの別名義ではないかなと。

続く本編はいよいよ真っ白な世界に少しずつ移動します。
深呼吸をしてから全身に力を入れる→脱力を数回繰り返してさらにリラックスした後
声が左右に分裂し、まずは暗い夜道にあるトンネルを先へ先へと進みます。

「筋肉が弛緩するとともに 心もなんだかリラックスしてくる すーっと力が抜けて とても安らかな気持ち」
深呼吸と脱力はリラックス運動に引き続き準備に近い位置づけですが
体に力を入れようとする時にうまく入らない感じがするかもしれません。
力を入れる時と抜く時で声や口調が大きく変わるのも相まって、自分が催眠に入りつつあるのを実感できます。

どこまで続いているかわからない 真っ暗で先の見えないトンネル でもその先からは 微かな光が見えている
トンネルを通るシーンは聴き手を真っ白な世界へ行く気にさせる工夫がされてます。
具体的には今いる場所に不安を覚えさせ、行く手に見える光が近づくほど安心感を与えます。
バックで流れる音楽もトンネルの薄暗い雰囲気を別方向から伝えてくれます。

トンネルを抜けた先は真っ白な世界。
空、地面、差し込む光までも真っ白な空間を白い猫に連れられてさらに奥へと進みます。

真っ白な雲の塊に誘われるように 真っ白な猫に呼ばれるように 深く 深く
そしてここからは彼女たちが「真っ白」を言う回数が飛躍的に増え
階段を下りながら「深い」と暗示を入れるなど、催眠状態をさらに強化するアプローチをしてくれます。
事前のリラックスがしっかりしてますし、白い世界のイメージもそれほど難しいものではないので
意識がぼーっとするとか体が妙に心地いいといった感覚が強めに味わえると思います。

飲み込んだ白い水が 体全体へ行きわたって行く ふっと意識が消える感覚 どこまでも深く沈んでいくような感覚
個人的に印象的だったのが終着点の白い海でその水を飲むシーン。
水が体内に入る様子を通じて頭以外の部分にも真っ白になる感覚を広げようとします。
深化にとても力を入れてる催眠ですから軽く意識が飛ぶ人もおそらくいるでしょう。
そして体のほうは溶けて感覚がなくなったような心地よさがあります。
単に「真っ白」と言うのではなく、何らかのイメージと組み合わせて伝えようとするところが実に良いです。

白い世界に赴き探索する様子に技術を絡めたテーマ性の強い催眠です。
聴き手を白い世界に招待し頭と体を真っ白にすることを目的に
リラックス運動から始まって深呼吸、漸進的弛緩法、イメージを使った深化と
後になるほど心身の緊張がほぐれ催眠の感覚が強くなるよう誘導します。

ある程度ストーリーを持たせた催眠なので白い世界にいる気分に浸りやすく
それに感化されて心身が徐々に白へ染まっていきます。
意識のぼやけやうとうとしてる時の意識がふっと消える感覚を強く味わえました。
双子による暗示の多さや厚さもこれらに大きく貢献しています。
イメージに苦手意識を持ってない人なら催眠音声初心者でも似たような感覚を体験できると思います。
世界に溶けて混ざり合う快感
エッチシーンは23分間。
プレイはハグ、白い海に沈む、言葉による絶頂です。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

さぁ 一緒に気持ちよくなろう? 私のことを抱きしめて?
催眠を使って主人公を真っ白な世界の奥深くへ案内したお姉さんは
そのまま軽く抱き合ってお互いの心と体をさらに近づけます。

エッチは一般的なプレイをほとんどやらずにイメージで気持ちよくします。
前半の11分間は絶頂に向けて感度を上げるシーン。
抱き合ったまま軽く愛撫してから目の前に広がる海へと潜り
真っ白な水に全身を包まれて性的快感と幸福感の両方を高めます。

好きだよ 大好き あなたのことが好き
一体化するのは とても気持ちがいいよね 自分がまるで 今ここにいるのか いないのか わからないような不思議な感覚
エッチに入っても彼女は引き続きあまあま。
白い世界とは違う黒い髪と服装で彼に密着し愛の言葉を投げかけます。
そして海に潜った際は自分が白い世界と融合したような感覚を味わわせます。
ここで海に入る理由は彼女の正体が大きく関係しています。

プレイ中にも「沈む」「真っ白」といった深化させる暗示を適度に入れてきますから
催眠パート以上に頭の中がどろどろになるかもしれませんね。
私の場合はそれに加えておちんちんだけが妙にムズムズしました。
エッチな要素がほとんどないのにそうなるのも催眠音声の醍醐味と言えます。

そんな癒し一色の雰囲気が後半に入ると大きく変わります。
彼女の声や口調が今までよりも嗜虐的になり、「マゾ」「変態」と言いながら連続絶頂へと追い込みます。

体がどろどろに溶けていく 粘っこい泡のように溶けて 全身が舌でかき混ぜられるような感覚
体の内外すべてを白く塗りつぶされる快感、女性に詰られ見下される快感、そして何度もイかされる快感。
ややM~Mな人が喜びそうな要素をいくつもぶつけて一気に絶頂感を高めてくれます。
彼女がこういう態度を取る理由もきちんと語られてますから違和感を覚えることはないでしょう。
1回目は連続寸止めスタイル、2回目は溜めを長く取るスタイルと同じドライでもやり方を大きく変えて進めます。

前半の時点で股間にエネルギーが集まってたのでそのままイクのだろうと思ってたのですが
絶頂に向けてのカウントが始まったところから今度は頭のほうにも快感が溜まっていくのを感じました。
割とまったりした責めなのに絶頂シーンの気持ちよさはかなり強烈で驚きました。
意識がとろける感覚を最後まで維持しやすいのが大きく影響してるのではないかなと。

このように、色やイメージを使って感覚をコントロールする変わったエッチが繰り広げられてます。
白く染め上げられる作品
催眠にどっぷり浸かりながらイけるしっかりした作品です。

何もかもが白い不思議な世界を舞台に、謎のお姉さんがそれにまつわる催眠とエッチで心身をリフレッシュさせます。
頭だけでなく体も真っ白に染め上げて気持ちよくするテーマを活かした作り
別の世界にいる気分に浸りやすくする音楽の数々、そして双子ならではのリズミカルで重厚な催眠。
催眠に入る、漂う感覚をどっぷり味わわせながら少しずつ絶頂へと追い込みます。

目の前も真っ白 頭の中も真っ白 とても気持ちいい
頭の中が真っ白になる感覚は催眠音声を数多く聴いたことのある人にはわかるでしょうけど
そうでない人にはいまいちピンとこないと思います。
だから本作品はまずそれがどんなものかを知ってもらうところから始めます。

催眠パートのほうがエッチよりもずっと長いのはそういった事情によるものだと私は見ています。
そしてエッチに入ってもその感覚を増幅させるアプローチを適度にしてきます。
RubCraftさんやF・A・Sさんは割とシチュ重視のサークルさんなのですが
本作品に限って言えば技術や誘導のやり方が最大の魅力です。

催眠の感覚だけでも相当に気持ちいいです。
脳がとろける感覚や頭の中をぐるぐるかき混ぜられる感覚を多くの人が味わうでしょう。
体のほうも適度なだるさや浮遊感がそれなりにしますし、聴いた後はスッキリした気分がします。
何らかのイメージと絡めて感覚を伝える流れも取り組みやすくて良いです。

エッチは催眠パートで生まれた心地よさをそのまま増幅させてます。
女性に弄ばれる、負かされる快感を適度にくすぐってくるので
ある程度のM性を持ってる人のほうが気持ちよくなれるでしょう。
催眠にしっかり入れてれば割とイキやすいです。

絶頂シーンは最低でも2回(連続絶頂)。
淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

ひとつの感覚を起点に色んな感覚を味わわせてくれる作品です。

CV:二三 三二一さん
総時間 1:39:58

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
販売ページのジャンルタグに入ってる「丸呑み」は彼女に直接食べられるのではなく
真っ白な世界と溶けて融合するという意味でグロさは特にありません。