デリヘル呼んだら妹が来た

サークル「amoroso」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、Sっ気が強いけどサービス精神旺盛な妹が
自分を指名してきた実の兄をアブノーマルなプレイでもてなします。

肉親らしい砕けた口調で容赦のない言葉責めを浴びせかけたり
見下す態度を取りつつ彼が喜ぶプレイを積極的にやるなど
二人の関係や彼の性癖を反映させたドM向けの明るいエッチが楽しめます。
シスコン兄貴にエッチなお仕置き
デリヘル嬢をやってる妹と4種類のエッチをするお話。

「失礼します お客様 本日は誠にありがとうございま…す?」
妹は明るくて元気な声の女の子。
デリヘルの依頼を受けてやって来た彼女が
そこにいた主人公を見て呆れるところから物語は始まります。

本作品は実の妹に本気で恋愛感情を抱いてる彼が
お金と引き換えにドM向けのエッチなサービスをしてもらいます。
エッチシーンの割合が総時間のおよそ85%と非常に高く、プレイ自体も刺激が強めでMな人ほど楽しめます。

「…え? このまま続ける? それマジで言ってんの? アタシとしたいってこと? うわ キモイ…妹とするとか正気かよ…」
今回のお相手を務める妹は生意気でSっ気の強い女性。
自分を敢えて指名してきた彼を最初の時点から露骨に見下し
エッチに入るときつめの言葉責めを多めに投げかけて興奮を煽ります。

ただし、チェンジできるシステムなのに結局サービスしてあげてることや
こんな関係を結んでも同じ家で暮らし普通に話してるところを見ると、彼のことを心底嫌ってるようには思えません。
ダメな兄貴と思いつつなんだかんだでご奉仕する優しい一面も持ってます。
肉親同士ということで風俗店に見られる他人行儀な部分はまったくなく、終始穏やかな雰囲気が漂ってます。

彼女が繰り出すサービスも特徴的。
デリヘルなのに体を触らせるどころか服すら脱がずに射精させたり
靴下を履いたままおちんちんを踏みつけるなど、兄妹の立場を逆転させたプレイを積極的にします。
後半に入ると彼の男らしさを全否定するシーンもあって結構容赦ないです。

言葉責めと合わせて女性に見下される快感や負ける快感を執拗にくすぐってくれますから
そういうプレイが好きな人ほど興奮できるし抜けるでしょう。
肉親らしい和やかさを漂わせながらドM向けのハードなエッチに取り組む。
相手が特別な女性だからこそできる甘く刺激的な作品です。
心身をバランスよく責めるエッチ
エッチシーンは4パート43分30秒間。
プレイはオナニー、足コキ、足を舐める、キス、SEX(騎乗位)、乳首責め、手コキ、アナル責めです。
オナニー、足コキ、SEX、手コキの際に効果音が鳴ります。

「…ぷ あはは なにそれー ちんぽ皮被ってるー へえ アンタって包茎だったんだ」
主人公の意思を確認したうえでサービスすることを了承した妹は
彼のズボンとパンツを脱がし、子供サイズの包茎おちんちんを軽く笑います。

エッチはデリヘル嬢の彼女が終始責め続けます。
一番最初の「写真指名」でするのは見られながらのオナニー(約11分)。
服を脱がずに開始と終了のタイミングだけを指示し、あとは彼の好きにしごかせながら
きつめの言葉責めをぶつけたり自分とエッチしてるイメージを投げかけて心の興奮を煽ります。

「ねえ 分かる? アタシのここ アンタのちんぽ欲しがってるんだよ 兄貴の…お兄ちゃんのちんぽ入れて欲しいよーっておねだりしちゃってる」
「チン皮余りまくりの最低ちんぽでオマケに変態なんて救いようがないね アンタは一人でちんぽシコってイくのがお似合いなのよ」

彼女は自分を性的な目で見てる彼にドン引きしてるのでしょう。
彼を敢えて「お兄ちゃん」と呼んでおっぱいを使ったご奉仕やSEXの様子を甘い声で語った直後に
普段の生意気なキャラに戻り徹底的に貶します。

落差のある言葉責めとでも言えばいいのでしょうか。
体に直接触れられないハンデを上手に補ってます。
普通の人なら凹むでしょうが、ドMな彼ならむしろご褒美に感じるでしょうね。
突き放したつもりが結果的に彼をもてなしてる展開も面白いです。

「あははは! 何これ! 気持ちわるーい! ちんぽからきったないのがどんどん出てくるよ? 何の役にも立たない無駄撃ち精液どぴゅどぴゅしてるし!」
射精の最中や後にも貶してくれるのが非常に印象的でした。
男にとって最も気持ちいい瞬間を笑ってさらにM心をくすぐります。
言ってることは結構厳しいですけど声や口調が無邪気なのでそこまできつくは感じません。
彼女のSっ気と彼のMっ気の両方を満たす本作品らしい責めと言えます。

それに対して立場逆転要素が最も際立ってるのは3番目の「店外デート」(約11分30秒)。
とある休日、主人公に改めてSEXしたいと言い寄られた妹がお金と引き換えにそれを受け入れます。

「あーあ こんなのじゃバイブの方がマシだよ アンタのちんぽはおもちゃ以下なんだよ だって私全然気持ちよくないもん」
彼にとっては念願の童貞卒業ができる幸せな瞬間のはずでしたが
彼女はその気持ちを粉々に打ち砕くかのように力の差を見せつけます。
騎乗位で挿入したままピストンせずおまんこに圧力を加えただけであっさり射精させ
自身は喘ぎ声ひとつ漏らさずおちんちんの弱さや情けなさを貶します。

見下される快感を与えることだけを考えた珍しいSEXですね。
効果音もしっかり鳴りますけどシチュや言葉責めのほうがずっと刺激的です。
それでいて生挿入と中出しを許してあげるところに多少の優しさを感じます。
とことん突き放すのではなく、適度に受け入れる描写を交えて冷たさを和らげてます。

最も個性的なプレイは最後の「コスプレコース」(約10分)。
屈辱的なSEXを味わってもまったく懲りずに再指名してきた彼のために
今までよりもずっと甘いプレイで普段と違う快感を教えます。

「ふふ 気持ちいい? お姉ちゃんのおっぱいはちょっと控えめだけど感度はどうなのかな?」
「どう? アタシの指が中をかき回してるのわかる? お姉ちゃんのあったかいお尻まんこを出たり入ったりしてるの いっぱいほぐしてお尻の快楽を教えてあげるね」

金玉にブラジャー、竿にはシュシュを装着して彼を「お姉ちゃん」と呼び
おちんちんはクリトリス、アナルはおまんこに見立てて責めるなど
彼を完全な女性に当てはめてゆっくり優しく責め立てます。
絶頂シーンも射精1回、潮吹き1回とやや女性寄りになってます。

今までが結構ハードだったからこそ余計マイルドに感じるでしょう。
でもこれは裏を返せば彼が男と呼ぶに値しない存在とみなしたことになります。
プレイで甘やかし、態度でしっかり見下す。
物語の最後を飾るに相応しいある意味一番容赦のないプレイです。
優しく見下してくれる作品
和やかな雰囲気で手厳しいプレイをする独特な作品です。

妹はどうしようもなくMでシスコンな兄を性的に楽しませようと
ドン引きしたり見下す態度を取りながら心身両面に強めの責めを与えます。

彼が心を抉られそうなことを明るい表情でガンガン言う彼女のキャラ
年下の女性に見下され、弄ばれる快感をひたすら追求したエッチ。
ドM向けの中では比較的穏やかな雰囲気を漂わせつつ要所を押さえたサービスをします。

「ちんぽ蹴られてこんなにたくさんまき散らしちゃうなんてね アンタ 男として終わってるから」
本作品の終着点は主人公の男らしさを全否定することにあります。
だから序盤から明らかな上下関係を持たせ、気持ちいいことをしながら少しずつそこへ持っていきます。
最初の2パートは彼女に痴態を見られる快感や大事な部分を足蹴にされる快感
その次のSEXは女性をちっとも喜ばせられない情けなさと手加減されても射精してしまう弱さを煽り
最後は男性を匂わせる描写を完全に取り除いてエッチします。

各パートの内容は独立してますが通しで聴くと明らかな繋がりを持ってます。
キャラやサービスだけでなくストーリーにも優れたものを持ってる作品です。

エッチは言葉責めがとにかく秀逸です。
容赦のないことをたっぷり浴びせる中に肉親が持つ優しさを忍び込ませてます。
彼のことを本気で嫌いならここまでのことはやらないはずです。
お金と引き換えとはいえ筆おろしもやってあげますし、私には面倒見のいい女性に映りました。

絶頂シーンは6回(うち1回は潮吹き)。
くちゅ音多め、淫語それなり、ちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

特別な設定を上手に活用したドM向けの聴きやすい作品です。

CV:真知谷つくもさん
総時間 51:33

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2017年10月29日まで50%OFFの350円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。