あまみみ-耳かき・耳舐めされながら囁きエッチ-

サークル「すたぁぱれっと」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、普段は落ち着いてるけどスイッチが入ると積極的になる家庭教師のお姉さんが
教え子の男子と二人きりでエッチな勉強をします。

「あまみみ」のタイトル通り甘い雰囲気で耳をたっぷり責めてくれるのが特徴で
エッチシーンの4分の3近くもの時間を耳舐めに割き
最初は唇で優しく包み込むように、しばらくしたら舌を激しく動かすなど
聴き手を飽きさせないよう変化をつけてエッチな音を鳴らします。
教え子の耳を優しく綺麗に
家庭教師のお姉さんと耳かきやエッチをするお話。

「あら? どうしたの? ぼんやりしちゃって」
お姉さんは上品で落ち着いた声の女性。
テストで悪い点数を取りボーっとしてる主人公に声をかけると
次のテストに向けて自分の家でみっちり勉強を教えます。

本作品は才能はあるのにやる気がないせいで良い成績を出せないでいる彼のために
彼女が80分近くの時間をかけて癒しとエッチなサービスをします。
二人がそういった行為に至るまでの過程は必要最低限の内容に抑え
ちゅぱ音や色っぽい吐息などの抜き要素をたっぷり詰め込んでる実用性重視の作りです。

「あなたって 耳かきだけじゃなくて 耳を舐められるのも好きなの?」
中でも耳舐めは全パート合わせて42分30秒とかなりのボリュームがあるのに加えて
序盤は癒し寄り、中盤以降はエロ寄りとタイプを切り替えてゆっくり射精に導きます。
バイノーラル録音ではありませんが、最中はセリフをほとんど挟まないおかげで舌や唇の細かな動きを楽しみやすいです。
聴いてて単調に感じないように工夫しながら責め続けます。

これらを行う彼女のキャラも本作品の魅力のひとつです。
最初の時点では年上らしくクールに振舞ってたのが
彼の甘える姿を見続けるにつれてより踏み込んだサービスを積極的にするようになります。

「私も あなたにお勉強教える機会が作れて嬉しいわ」
「激しいっ 好きっ 好きっ 好きぃ」

落ち込んでる彼を励まそうと軽い気持ちでお世話してるうちに自然とのめり込んでいく感じです。
物語の序盤と終盤でかなり違う顔を見せてくれますから
その大きなギャップにエロさや可愛さを感じる人がそれなりにいると思います。
時間に対するセリフの量は少ないものの、合間に漏れる吐息の質感で彼女の心情をリアルに描いてます。

変化をつけた大ボリュームの耳舐めとお姉さんのキャラ。
エッチな音をたっぷり鳴らしつつパートナーの近さも感じさせてくれる穏やかで抜きやすい作品です。
二つの要素を組み合わせた甘いエッチ
エッチシーンは2パート57分間。
プレイは耳舐め、手コキ、太ももコキ、SEX(騎乗位)、乳首責め、キスです。
手コキ、太ももコキ、SEXの際に効果音が鳴ります。

「ちょっと恥ずかしいから あなたは目を閉じていてね」
後日自宅で彼の勉強を見たり耳かきをしてあげたお姉さんは
まだ膝枕されていたいと言う彼の体を起こし、目を瞑らせてから耳を優しく舐め始めます。

エッチはどちらのパートも彼女がリードします。
最初の「癒しの耳かき・耳舐め・手コキ&太ももコキ」は耳のケアに特化したパート(約37分)。
右耳→左耳の順に耳をはむはむするところから始まり、舌を使った舐め、内側への責めと
後になるほど激しさとエロさを増す形でほぼずっと舐め続けます。
事前にやる耳かきは時間が7分程度と短いため今回は説明を省略させていただきます。

耳舐めが始まった時点では彼女もエッチする気がそれほどないのか
水分控えめなちゅぱ音を速めのペースで鳴らして癒そうとします。
はむはむする耳舐めだけでも両耳合わせて9分近くあり、プレイごとの音の違いを楽しみやすくなってます。

「私の柔らかい胸が 体に当たってるのわかる?」
彼女の態度が目に見えて変わるのは耳舐め開始から17分後。
唇と舌を使って彼の耳を十分綺麗にしたところで、いよいよエッチな耳舐めへと方向転換します。
自分からおっぱいを積極的に押しつけ、「じゅびっ きゅぷっ」というパワフルな音をハイペースで鳴らす姿は
冒頭のクールだった彼女よりもずっと熱っぽくて色っぽいです。

そして何よりここからは彼女が吐息を漏らす頻度が上がります。
耳を舐めてる彼女自身も興奮してるのが自然と伝わってくるので、同じ耳舐めでも先ほどとは違った印象を抱くでしょう。
セリフはあまり使わずちゅぱ音と吐息を組み合わせて抜ける雰囲気を作ります。

それ以外のプレイについては手コキが12分、太ももコキは4分と短めです。
耳舐めと同時に行うスタイルで射精が近づくほど効果音のペースを上げます。
割とリアルな音ですが両者の質感に違いがほとんどないのは残念です。

続く「囁き耳舐め甘々エッチ」のメインはSEX(約20分)。
1回射精してもまだまだ元気なおちんちんを満足させようと今度はおまんこでじっくり刺激します。

「ずぷずぷずぷーって あなたのおちんちん 私のおまんこの中に入っちゃったね」
ここでは耳舐めの時間が大幅に減る代わりに彼女のセリフや態度が存在感を増します。
自ら指でおまんこを開いてすっかり濡れてることをアピールしたり
腰をグラインドさせておちんちんの感触を味わう姿は教師よりも恋人に近く
お互いがお互いを責め合うので吐息や喘ぎ声のボリュームも多めです。

エッチを始める前は「興味がある」程度の存在だった彼に対し
自分から「好き」と何度も言うあたりに彼女の心情変化がよく現れてます。
パート中盤以降は彼が下から腰を突き上げて彼女を乱れさせるシーンもありますし
教師と生徒だった二人が男女の仲へと前進したことがエッチな音を通じてわかります。

このように、年上の魅力を出しつつギャップも取り入れた音重視のエッチが繰り広げられてます。
ちゅぱ音が豊富な年上作品
女性が生み出すエッチな声や音を多めに聴ける作品です。

お姉さんはテストで落ち込んでる主人公が次に良い成績を残せるように
勉強を教えるのはもちろん、体を張った心のケアもしてあげます。

質量共に十分なレベルを持ってるちゅぱ音、その合間に漏れる自然な吐息
そしてお世話してるうちにどんどん彼にのめり込んでいく彼女の姿。
状況説明や心情描写のセリフは必要最低限に抑え、音や反応で彼女とエッチしてる雰囲気を出します。

「なんだか恋人を持ったというより 子供を持ったって感じよね」
中でも彼女は普段とエッチのキャラがかなり違って面白いです。
普段が落ち着いてるからこそ、エッチでブレーキが効かなくなったりおねだりする様子が余計可愛らしく思えます。
気持ちよかったらはっきりわかる形で乱れますし、年上だからと見栄を張らず彼と素直に愛し合います。
エッチな声や音の分量がこれだけ多いのに彼女の魅力も出てるところが素晴らしいです。

エッチは耳舐め好きかどうかで満足度に大きな差が出ます。
囁き声を積極的に取り入れてることも考えれば是非バイノーラルにして欲しかったです。

プレイ時間に対する射精シーンが少ないのも気になりました。
完全ノーマル向け、しかもエッチな音がたっぷり鳴るタイプの作品なら
あまり我慢させず適度に抜き場を設けたほうが良いと思います。
この構成なら「癒しの耳かき・耳舐め・手コキ&太ももコキ」パートにもう1回プラスするのがいいでしょう。

射精シーンは2回。
ちゅぱ音多め、くちゅ音と喘ぎ声(吐息含む)それなり、淫語そこそこです。

年上の女性が優しく対等に愛してくれる作品です。

CV:神楽琴美さん
総時間 1:18:58

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります