意外と母性的なギャル姉に、愛され、囁かれ、襲われる

サークル「Aggressive Measures」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、ノリが軽くて思いやりも強いお姉ちゃんが
大好きな弟に優しい言葉をかけながらエッチに甘やかします。

一線を越えることに躊躇する彼を気遣ってわざとソフトなプレイを提案したり
包容力のあるセリフと態度で女性に甘える気持ちよさと幸福感を存分に味わわせるなど
近親相姦から連想される重さや暗さを徹底的に排除した温かくて明るいエッチが行われています。

イメージを膨らませる、あるいは男心をくすぐるセリフが充実してますから
リアルな効果音も相まってオナニーのオカズに役立ってくれるでしょう。
お姉ちゃんの甘い誘惑
ギャルなお姉ちゃんと色んなエッチをするお話。

「ふー、気持ちよかった~! やっぱ、お風呂って最高だわー♪」
お姉ちゃんは砕けた口調で話す明るい声のお姉さん。
お風呂上がりにタオル一枚の格好でいることを弟に注意されると
自分の体で興奮してる彼のためにオナニーを手伝ってあげます。

本作品はこれまでごく普通の姉弟として一緒に暮らしていた男女が
ふとした出来事をきっかけに一線を越え、最終的には子作りSEXまでする様子を彼の視点で楽しみます。
近親相姦モノになるのですが背徳感を煽るアプローチは特にせず
おねショタならではの甘さや優しさを前面に押し出して丁寧にリードします。

「おねえちゃんが、かわいい弟の面倒をみる……、それってぇ……アタリマエのことっしょ?」
最大の魅力は彼女のキャラ。
ギャルらしく軽いノリで語りかけて童貞な彼の緊張や不安を解きほぐし
エッチに入るとやや下品なちゅぱ音と色っぽい吐息を積極的に漏らしてやる気にさせます。
そして彼が情けない姿を晒しても全部受け止めて安心感を与えます。

体への責めはもちろん、心への責めもしっかりやってくれるおかげで
勃起や性的興奮がしやすく射精シーンで気持ちよく抜けます。
プレイも十分ディープなのですが個人的にはセリフのほうにより光るものを感じました。
彼の喜ぶツボを的確に突くギャルらしい言葉責めを繰り出します。

もうひとつのポイントは弟の心情変化を描きながらエッチを進めること。
最初はお姉ちゃんの積極的な態度に戸惑いを感じてたのが
彼女やエッチの魅力を知るにつれて甘えることに抵抗がなくなり
最後のほうになると彼女を他の男に奪われることに危機感や嫉妬心を抱くようになります。

通しで聴いてみると二人の関係が徐々に変わっていくことに気づくと思います。
具体的には前半は彼女が彼を追い続け、後半はそこに彼が彼女を追う要素も加わります。
女性が男性に愛情を一方的に注ぎ続けるスタイルとは違い
お互いの心が姉弟からさらに深く繋がっていくのが感じられて感情移入しやすいです。

心と体をバランスよく責めるお姉ちゃんの母性漂うキャラと絆の変化。
特別な関係にある男女がより親密になる様子を甘くエロく描いた作品です。
セリフと音にこだわったエッチ
エッチシーンは4パート77分30秒間。
プレイはオナニー、ベロフェラ、乳首責め、キス、オナホコキ、耳舐め、SEX(騎乗位、正常位)、授乳です。
オナニー、オナホコキ、SEX、射精の際にリアルな効果音が鳴ります。

「1人オナニー、見られるの、とっても恥ずかしいけどぉ……、おねえちゃんと一緒だから……、さみしくないでしょ……?♪」
恥ずかしがる弟を説得し、椅子に座らせておちんちんを取り出したお姉ちゃんは
タオルを敢えて外さずに胸の谷間を見せつけて興奮を誘います。

エッチはどのパートも彼女がリードします。
一番最初の「お風呂上がりのムチムチギャル姉に指示され、見られながらオナニー」は
二人がエッチな関係になるきっかけにあたるパート(約15分)。
オナニー自体は彼の自由にやらせて彼女が体や言葉でオカズを提供します。

「お風呂あがりでぇ、バスタオル巻いてるだけの……、ほとんど裸なムチムチお姉ちゃんと体ぴたぁ~ってくっつけながらぁ……、きもちいいこと……してもいいよ?」
彼女は彼のことを相当に溺愛してるらしく、最初の段階からとても積極的にスキンシップを取ります。
しかし彼は姉弟でエッチすることにそれなりの抵抗があり、彼女のご褒美を拒絶する姿勢を見せます。
そこで全裸になってそのままの勢いでSEXに持ち込むといったことはひとまず避け
今回は彼が納得するレベルのプレイで妥協するわけです。

やってることは明らかに色仕掛けなのですが、彼に対する遠慮や思いやりが随所に見られます。
弟の性欲を解消してあげたい、でも彼の嫌がることは絶対にしたくない。
彼女の母性がプレイにもしっかり反映されていて雰囲気はとても温かいです。

「はぁい♪ぴゅっぴゅっぴゅ~~~~♪ どっぴゅぅううう~~~ん♪ おねえちゃんめがけてぇ、ぶっぴゅっぴゅうう~~♪」
しかしプレイのほうは抜きを非常に意識したものばかりです。
オナニーが始まると同時に粘性のある水音が流れ
彼の舌をフェラする時はねっとりしたいやらしくて激しいちゅぱ音を鳴らします。
そして射精シーンは効果音とセリフの両方でその様子を実況します。

遠慮ばかりしてたらギャルの良さが出ませんから、彼の許可を得た範囲内でエロく振舞ってくれます。
どのパートも効果音のレベルが非常に高いのも大きな魅力です。
オナニーとオナホコキで音の質感が明らかに違いますし、一部でセリフに合わせて音を鳴らす凝った演出もされてます。
オナニー+ベロフェラ、キス+SEXなど複数のエッチな音を同時に鳴らすシーンがいくつもあって実用性が高いです。

最大の山場は3番目の「ギャル姉に夜這いされ、愛され逆レイプ生セックス」パート(約22分30秒)。
オナニーやオナホを使ったちょっぴり意地悪なプレイで親密度を高めた後
お姉ちゃんはいよいよ夜這いの形で彼の童貞をいただこうとします。

「おねえちゃんはぁ、あんたが嫌だっていっても、ずっとそばにいるから……♪」
お姉ちゃんはいつだって自分の気持ちに素直です。
乳首をいじりながら甘い言葉を投げかけ、さらにこの前拒絶されたキスも試みます。
彼がそれをすんなり受け入れたところに心情の変化がしっかり出ています。
大事なプレイだからこそ、彼女は彼の心を傷つけないよう慎重にリードします。

「あぁん、おもらしでちゃう♪どぴゅどぴゅしちゃうぅう~♪ 大好きなおねえちゃんの色白でやわらかぁいエロエロの体に襲われたらぁ、一瞬で理性なんてなくなって、はらませ射精しちゃう~~♪」
「今日は、おまんこ中出し安全日♪だから……おねえちゃんの子宮に、むっちゅぅ~~ってちんちんつっこんでぇ、子宮口にちょくせつ、種付け汁……、どくどくどくぅって……そそぎこんでね……?♪」

SEXが始まった後も彼女の優しさは留まるところを知りません。
すぐに射精しないよう比較的ゆっくりペースで腰を打ちつけながら
彼の心の声を感情たっぷりに実況したり、多くの男性が心を揺さぶられるおねだりをして気持ちを盛り上げます。
これが前項で説明した「心への責めもしっかりやってくれる」のいい例です。

SEXを始める前に恋人同士になるやり取りを交わすおかげで
近親相姦のドロドロした空気がほとんど感じられず、年上の女性に甘やかされる気分だけを味わえます。
純粋なエロさもかなりのものですし、本作品の中で最も充実してるパートと言えます。

面白いプレイが登場するのは4番目の「ギャル姉ママとバブバブ幼児プレイ」パート(約17分)。
幼児プレイを扱ったAVを弟が持ってることに気づいたお姉ちゃんが
赤ちゃん言葉をしゃべりながらスリリングなSEXを楽しみます。

「~でちゅ」などの言葉遣いを続ける以外は普通の男女がするエッチに近いです。
彼女が彼を軽く貶してM心をくすぐってくるのでM寄りの人のほうが楽しめるでしょう。
体位を正常位にしてることも含めて、前のパートとの違いを意識しながらプレイを組み立ててます。

「ママがぁシャワーを先に浴びてぇ、ベッドの中で全裸で待たされてぇ、もう我慢できずにキュンキュンってうずいちゃってる肉オマンコにぃ、指をちゅぷぅっていれて、1人いじり始めちゃった所でぇ、彼が上から襲いかかってくるの♪」
「バブバブ~ママだいちゅき~って甘えながら、しろいおしっこどぷどぷお漏らししてぇ……、ママを、僕ちゃんのぉ所有物……♪にぃ、してくだちゃいね……?♪」

何より特徴的なのが最中に投げかけられるセリフ。
他の男とエッチしてる様子を細かく実況し、そのうえで危険日のおまんこに中出しするようおねだりします。
男性が潜在的に持ってる女性に対する独占欲、征服欲をくすぐるわけです。

彼女が実際にこういう体験をしてるかどうかは語られてませんが
自分の好きな女性が他の男に寝取られそうになったら誰だって嫉妬するはずです。
そしてこれは彼の彼女に対する愛情の強さを測るいい物差しになります。
男心を的確に突いた珍しくて効果的な言葉責めと言えるでしょう。

このように、登場人物の距離感や心情も交えた深くて抜けるエッチが繰り広げられてます。
思いやりに溢れた作品
お姉ちゃんと弟の気持ちがエッチを通じて自然と伝わってくる作品です。

お姉ちゃんはエッチに不慣れで恥ずかしがり屋な弟とより一層仲良くなるために
自分の体はもちろん、押し引きを兼ね備えた言葉も使って優しく優しくリードします。

優しさ、温かさ、母性といった様々な魅力を持つ彼女のキャラ
エッチに対する貪欲さが強く込められた下品で濃厚な責め
性的興奮だけでなく支配欲や嫉妬心まで掻き立てる言葉の数々。
18禁音声作品を構成する要素のすべてに耳を惹くものを持ったプレイをします。

「世界中みんなが敵になっても、あたしだけは、あんたの味方だよ……?わかった?♪」
彼女は最初から最後まで彼を一途に愛し続けます。
でも自分から愛情を注ぎ続けるだけでは彼を射止めることはできないしマンネリにもなると思い
途中でわざと意地悪に振舞ったり他の男の存在を匂わせて反応を見ます。

二人がご近所さん同士や学校の先輩後輩あたりの関係だったらここまでのことはしなかったでしょう。
血の繋がった姉弟だから、くっついた場合に色んな困難が予想されるから
こういう形で彼の覚悟を確かめたかったのではないでしょうか。
そして彼女自身も彼に強く愛されたかったのだと思います。
女性が一方的に甘やかし続ける一般的なおねショタとは明らかに違う部分を持ってます。

エッチは良いところを書いたらきりがないほど色んな美点を持ってます。
中でも感情移入のしやすさや効果音の質の高さが印象的でした。
「愛してる」とかの言葉よりも態度や行動で気持ちを伝えてくれるので重みがあります。
効果音も音を鳴らすタイミングやペースに気を遣っていてプレイをさらにリアルにしています。
作品独自のプレイやアプローチもあってすごく熱中して聴けました。

射精シーンは4回。
くちゅ音多め、淫語とちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

いい気分に浸りながら射精できる総合力の高い作品です。
以上を踏まえてサークルさんでは初の満点とさせていただきました。

CV:紅月ことねさん
総時間 1:29:12

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2017年9月22日まで半額の600円で販売されてます。