癒し風味さんで配布されてる無料の催眠音声作品。

今回紹介する作品は、懐かしい雰囲気漂う小さな喫茶店で
女性マスターがコーヒーを淹れたりエッチの相手をして男性をもてなします。

コーヒーサイフォンを使ってコーヒーを淹れる様子に暗示を絡めた催眠や
お互いの温もりを伝え合い二人同時の絶頂を目指すエッチなど
イメージ力を膨らませながら癒しと快感を与えるテーマ性の強いサービスが味わえます。
コーヒーの匂いと音に包まれて
喫茶店のマスターにコーヒーを淹れてもらうお話。

「さぁ、目を閉じて 想像してみて あなたの目の前にある、赤いレンガ造りの小さな建物」
マスターは穏やかで落ち着いた声の女性。
注意事項の説明や挨拶といった前置きはすべて省略し
物語の舞台となる喫茶店のイメージを語り始めます。

本作品は催眠オナニーまとめWikiにあるフリースクリプトをAkariさんが音声化されたもので
前半は彼女が淹れたコーヒーやケーキを味わいながら催眠に入り
後半は手、胸、性器などをお互いに刺激し合うスタイルでじっくり気持ちよくなります。

タイトルからもわかるようにコーヒーに関するイメージを積極的に取り入れてますから
日頃コーヒーを嗜んでる人のほうが没入感を得やすいと思います。
連想させるのは匂いと音だけで味覚を変化させるアプローチはありません。

「アンティーク調の、落ち着いた装飾とテーブル、椅子 天井から下がった、ランプの明かり」
全編を通じて言える特徴は聴き手のイメージ力を膨らませるセリフが多いこと。
二人がいる喫茶店はもちろん、コーヒーサイフォンやコーヒーミルを使う様子
エッチで体を触れる様子などを聴き手視点で事細かに語ります。

最初から言ってしまいますと、本作品のエッチは直接的なエロ要素がほとんどありません。
キスする際にちゅぱ音がほんの少し鳴るだけで淫語と喘ぎ声はゼロです。
でもセリフを通じて二人がどんな風に愛し合ってるかが頭に浮かんでくるので意外と興奮できます。
暗示の方向性もしっかりしてますから、催眠にうまく入れば感覚の変化を楽しみながら気持ちよくなれるでしょう。

催眠はおよそ20分間。
マスターに促されてお店の中に入り、まずは深呼吸で店内に漂うコーヒーの香りを堪能します。

「コーヒーの香りをゆっくりと吸い込んで楽しんで 香りのなくなった息を、ゆっくりと吐き出す」
やってる事はごく普通の深呼吸ですがコーヒーの匂いを感じる人もいるでしょうね。
イメージ重視の作品だからこそ、物語の世界に入れるきっかけをきちんと用意します。
彼以外のお客はいないので彼女ものんびりとサービスを進めます。

「あなた好みの濃さに、入れて差し上げますわ それにお砂糖もミルクも、あなたのお好み次第」
最中に彼女がいくつかの選択肢を用意し、その中から好きに選ばせるのもポイント。
座る席、コーヒーに入れる砂糖とミルク、一緒に食べるケーキなどをいくつか具体的に教えてくれます。
すべてをマスターが決めてしまったらお店らしさが崩れてしまいますし
聴き手にある程度の自由を与えることで心のゆとりや信頼関係の構築へと繋げてます。

席についた後はいよいよ主役のコーヒーサイフォンが登場します。
ふたつのガラスにコーヒーの粉とお湯を入れ、アルコールランプに火をつけ
沸騰したお湯とコーヒーが混ざる様子をコンパクトに実況します。

「ほら、火がついた チリチリと音のする小さな炎が、ガラスの器の底を撫でる チリチリ、チリチリ… チリチリ、チリチリ…」
「沸騰が止み、静かになる ガラス管を伝って、出来上がったコーヒーが、下のガラスへと移っていく ゆっくりと、深い色のコーヒーが溜まっていく…」

「チリチリ」「コポコポ」などの擬声語を積極的に取り入れてセリフにリズムを持たせ
完成が近づいたら短いカウントを数え、直後に「静か」「ゆっくり」などリラックス系の暗示を絡めて話します。
本作品の催眠はコーヒーのできる様子を通じてリラックスや深化を促すため
聴き手に対して直接働きかけるセリフがほとんどありません。
ですが聴いてると気持ちが落ち着くとか、意識がぼやける感覚が徐々に強くなります。

コーヒーを淹れる様子に暗示を込めて落とすテーマに沿った催眠です。
聴き手をリラックスさせ、喫茶店にいる気分に浸らせることを目的に
深呼吸で心身を軽くリフレッシュしてからコーヒーサイフォンを数回使用します。
そして最後に粉を補充するためにコーヒーミルを使い、そこで深化の暗示を入れます。

堅苦しさを感じる部分がほとんどなく、イメージの膨らませ方も上手で没入感を得やすいです。
コーヒーミルについても擬声語を使って直感的に実況することを心がけてます。
最中の暗示がかなり遠まわしなおかげで催眠慣れしてないとやや入りにくい部分もあるのですが
全体の構造やセリフの表現に統一感があってとても癒されます。
女性の温もりを感じながら
エッチシーンは26分間。
プレイはキス、乳揉み、乳首責め、手マン、手コキ、SEXです。

エッチな効果音はありません。
セルフもなしですが射精っぽい表現があります。

「あなたの右手に、私の手のひらが触れた 感じるでしょう? 私の手のひらの、温もり」
自分が淹れたコーヒーと催眠で主人公を心地いい気分にしたマスターは
彼の手に自分の手を重ねて体の熱を少しずつ高めていきます。

エッチはお互いの体をいじり合うM性の低いものです。
前半の14分間は体の感度と熱の上昇に力を入れてるシーン。
手を触れ合うところから始まり唇(キス)、胸のいじり合いと後になるほど踏み込んだプレイをします。

「肘まで来た温もりが、更にゆっくりと上っていく 肘から肩の方へと、ゆっくりと、温もりが伝わる」
「熱い… 熱い…、胸の先が 熱を帯びて、ジリジリと、敏感になっていく 呼吸が荒くなる 胸の先が、ジンジン痺れて 切ない…。 じれったい…」

プレイだけを見るとソフトな部類に思うでしょうが、最中に体の熱を高める暗示が非常に多いおかげで
それほどエッチでもないのに体の火照りや胸のドキドキが徐々に強くなります。
催眠パートでホットコーヒーを何杯も飲んだからこういうアプローチをしてるのでしょう。
女性と肌を触れ合うシチュも暗示の内容にマッチしていて実に良いです。

続く後半は絶頂に向けてよりストレートな責めを繰り出します。
二人が同時にお互いの乳首をいじり、そのまま性器へと進み、十分高まったところで最後に繋がります。

「胸の先から、手足の先まで、静電気が走ったみたい 身体中が、ビクンってなって ものすごい、一瞬だけの快感」
「熱い…、気持ちいい… あなたと私、二人分の気持ちよさ こみ上げてくる 根元からコポコポと、こみ上げてくるものを もう抑え切れない」

おちんちんを「モノ」、おまんこを「あそこ」と表現がぼかしてあるものの
ほぼすべてのセリフを聴き手視点で表現し、さらにコーヒーに例えたイメージで興奮を巧みに盛り上げます。
このあたりまでくればイメージ力も高まってるでしょうから
彼女の体の感触や繊細な責めにときめいたり勃起する人が普通にいると思います。

私が聴いた時も体に一切触れてないのに勃起がずっと続いてました。
最後の絶頂シーンもおまんこをコーヒー、精液をミルクに見立てた面白い暗示でイかせてくれます。
心身にできるだけ負担をかけずに気持ちよくする思いやりに満ちたエッチが楽しめます。
イメージ重視の作品
喫茶店で女性と仲良くする様子を和やかに描いた作品です。

マスターは自分の店を訪れた主人公が幸せなひと時を過ごせるように
まずは自慢のコーヒーを振舞いながら催眠の世界へ誘導し
それから女性の柔らかさと温もりで安らぎや性的興奮を与えます。

聴き手が喫茶店にいる気分をできるだけ味わえるように配慮したセリフの数々
コーヒーサイフォンでコーヒーを淹れる様子に暗示を込めて落とす催眠
「熱」をテーマにした穏やかで艶のあるエッチ。
イメージ力を少しずつ膨らませ、その状況を活かしたサービスを提供します。

「また、安らぎのひとときを過ごしたくなったら 私の喫茶店に、いらしてくださいね」
これらを行うマスターも包容力のある癒し系キャラです。
私はてっきりエッチもコーヒーのイメージを通じてイかせるのだと思ってたのですが
実際は自分の体を差し出し、お互いをいじり合う対等なスタイルを貫きます。

体をいじられて熱っぽい吐息を漏らすとか、喘ぎ声を上げるシーンはありません。
でも彼女を愛し、愛されてる雰囲気がよく出ていて十分エロいです。
暗示の方向性をしっかり定め、絶頂に向けてそれを徐々に強化してくれるのもあります。
まったりしたエッチなのでドライの快感も通常より弱めになると思います。

絶頂シーンは1回。
ちゅぱ音ごく僅か、淫語と喘ぎ声はありません。

色んな温もりを与えてくれる作品です。
無料ですから興味を持った方は是非お試しください。

CV:Akariさん
総時間 56:51

癒し風味
http://akarisaimin.blog.fc2.com/blog-entry-2.html