絶・オナサポ リオの残酷かもしれない実験で頭がバカになる音声

サークル「B-bishop」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、テンションが低いけどSっ気は強い女の子が
極めて過酷なオナサポでM男に地獄を味わわせます。

カウントによる寸止めを様々なスタイルで行うドM向けのプレイが魅力で
長めのセリフを挟みつつゆっくり数えて焦らしたり、エッチな音を鳴らして射精への欲求をくすぐるなど
シーンごとに方向性を変えながら後になるほどハードな指示を出します。

今回はハードモードを聴いてのレビューをお送りします。
欲求に抗い続ける過酷な実験
謎の女の子「リオ」が寸止めオナサポするお話。

「こんばんは へぇー お兄さん リオの実験に協力してくれるんだ?」
リオはのんびりと話す無機質な声の女の子。
変態な主人公に自分のオナニー実験に協力するよう呼びかけると
彼の意思を確認してから過酷なオナサポで精液を極限まで熟成させます。

本作品は「極・寸止めオナサポ ユリの残酷な意地悪で頭がバカになる音声
真・寸止めオナサポ イヴの残酷すぎる執行で頭がバカになる音声」に続くシリーズ3作目。
男性が射精をどこまで我慢し続けられるか調べることを目的に
彼女が90分近くに渡る大変ハードなオナニーを指示します。

「言っておくけど まだまだ射精させる気なんてないから」
シリーズの売りは何と言っても焦らしや寸止めに特化してることです。
「10から0まで数え下ろし、数字が減るほど自分を射精に追い込む」という極めてシンプルなルールを定め
シーンごとに色んな責めを繰り出しつつ最後まで射精を我慢させます。

元々のプレイ時間が長いことに加えて最中の休憩時間も非常に短いため
後になるほど射精を食い止めるのが難しくなるでしょう。
サークルさんが「前作よりも過酷に調整した」とおっしゃられてるだけあって本当に容赦がありません。
ですが道中が困難だからこそ、それを乗り越えた先に迎える射精は普段以上に充実したものになります。

もうひとつのポイントはプレイの進め方。
最初から最後まで勃起や興奮を維持しながら音声を聴けるようにと
リオはカウントの数え方やオプションにあたるエロ要素を小まめに切り替えてリードします。

主人公がMな変態に設定されてるので基本的にはM向けの抜き要素が多いのですが
ちゅぱ音や喘ぎ声といった誰にでも通用するものもそれなりに用意されてます。
彼女がダウナーなキャラだからといって雰囲気まで淡白にしたらエッチが成立しませんし
オナサポとしての実用性もちゃんと考えたうえでプレイを組み立ててます。

また冒頭で触れたように本作品にはノーマルモードとハードモードが存在します。
両者の違いは終盤の射精シーンだけで道中は一緒です。
過去二作を視聴したことのある人ならわかるでしょうが1回目は必ずノーマルモードをお聴きください。
ハードモードから聴くと失望したり怒る可能性があります。
心の強さが問われるエッチ
エッチシーンは2パート85分間。
プレイは耳舐め、オナニー、擬似フェラ、擬似SEXです。
エッチな効果音はありません。

「さてと お兄さんもしごきたくてウズウズしてるみたいだし オナニー始めよっか」
最初の勃起パートで11分近く耳舐めをして主人公の心と体を温めたリオは
いよいよカウントと寸止めを組み合わせた過酷なオナサポを始めます。

エッチは終始彼女に言われた通りおちんちんをしごきます。
本編にあたる寸止めパートの前半にするのはオーソドックスなオナニーと擬似エッチ(約36分)。
ルールに従い10カウントを数えながら言葉責めをしたり、エッチな音を鳴らして射精への欲求を少しずつ高めます。
そして0に近づいたところでおあずけを宣言し、短い休憩を挟んだ後すぐさま次のカウントを始めます。

「じわじわチンポが 射精にまで追い立てられてく 女の子の命令でじっくりオナニー すごく恥ずかしい」
まだ始まったばかりということで彼を露骨に射精へ追い込むようなことはせず
1セットごとの時間を長めに取っておちんちんをじっくりいじらせる感じで進めます。
事前に耳舐めで焦らされたこともあり、おちんちんを触った瞬間に気持ちいい快感が走りました。

ちなみに、本作品のカウントは1セットあたりの時間が5分程度と長めです。
のんびりしてる彼女のキャラに合わせてじっくり、たっぷりいじらせてくれますから
肉体への純粋な刺激だけでもかなり気持ちよくなれるでしょう。
そしてそれは裏を返せば中盤以降にきつい思いをすることを意味します。

前半シーンで特徴的なプレイは擬似フェラと擬似SEX。
前者はちゅぱ音を、後者は喘ぎ声を漏らしながら2セットずつカウントを数えます。

一見するとご褒美っぽいプレイですが、どちらも彼を射精させる意思を持って激しく責め立てます。
例えばフェラだと1セット目は舐めたり啜ったりする比較的ソフトなちゅぱ音を鳴らし
2セット目はピストン&バキュームフェラをする、といったように同じプレイでも明確な違いを持たせます。
擬似SEXが終わる頃には射精したい気持ちに大きく傾くでしょうね。

対する後半は彼の性癖を汲み取ったM性の濃いプレイが登場します。
エッチな音を鳴らさなくなった代わりに1まで数え下ろしたところで休憩を挟まず10に戻したり
10→5→1→5→10とカウントを飛ばして数えることで落差の大きい刺激をおちんちんに与えます。

「それ ただの実験道具だよね? 寸止めして楽しむだけのチンポでしょ?」
「変態 変態 変態変態変態 寸止めオナニー中毒の変態」

これまでのプレイで彼が何をすれば喜ぶかを把握したこともあり
リオは「変態」などの蔑む言葉を多めに交えた言葉責めを適度にぶつけて射精を後押しします。
前半と方向性は違っても心身両面を同時に責めるところはまったく変わりません。
1セットあたりのプレイ時間も延びて暴発する可能性がさらに上がります。

カウントを使ってオナニーをコントロールする点では後半のほうがずっと充実してます。
中でも終盤にあたる11回目のカウントは9分間もしごき続ける大変過酷なものです。
寸止め時の辛さやもどかしさを強く味わわせるために心よりも体への責めに気を配って進めます。

このように、カウントとエロ要素を巧みに組み合わせたドM向けのオナサポが繰り広げられてます。
シンプルかつハードな作品
普通にやったら完遂はほぼ不可能なレベルの過酷なプレイが楽しめる作品です。

リオは当初の目的である実験をスムーズに進め、さらに自分自身も楽しむために
Mで変態な主人公に様々なカウント&寸止めをプレゼントします。

時間に対する射精回数が極端に少なく、おちんちんをいじる時間もとんでもなく長いこと
そして途中でダレたり萎えないようにエッチな素材を適度に変えながらリードすること。
ひたすら厳しく当たるのではなく、彼がこのオナニーをできるだけ楽しめるよう工夫を凝らして進めます。

「はい おあずけ」
こういうプレイをする以上、彼女が相当なSなのは言うまでもありません。
でも事務的系やクールキャラに比べて感情が豊かですし、雰囲気にも多少の柔らかさがあります。
作品名を「残酷かもしれない」にしたのも彼女のキャラを反映させてのことだと思います。

ですが体への責めについてはシリーズ最強と言ってもおかしくないくらいにきついです。
私の場合は中盤の擬似SEXあたりでかなり辛い感じになり
その後に始まるカウント重視のプレイでギブアップしました。

M性が強い方でも1回目で最後まで辿り着くのは難しいのではないでしょうか。
ましてやハードモードを乗り越えるとなると心の強さも求められます。

エッチはひとつとして同じカウントを数えない大変凝ったプレイが味わえます。
ただ個人的にはオナサポ前の勃起パートが長すぎかなぁと。
最初の説明パートも合わせるとオナニー開始まで24分近くかかることになりますし
もう少し切り詰めたほうが聴き手のやる気を維持させやすいと思います。

射精シーンは1回。
淫語とちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

超高難度の寸止めオナニーが楽しめる作品です。
寸止めプレイが好きな人には特におすすめします。

CV:七凪るとろさん
総時間 1:40:23

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります