【立体音響】あまおね-茉優

サークル「ディーブルスト」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声や見た目は清楚だけど実はエッチ大好きな女子大生が
「甘えたシール」を貼ってくれた男の子に優しく性の手ほどきをします。

最初はちゅぱ音、次は吐息+効果音といったように
主役となるエッチな声や音をパートごとに大きく切り替え
それらをたっぷり鳴らしながら少しずつ射精に導く抜き重視の筆おろしが楽しめます。
夢を叶える魔法のシール
大学生の「茉優(まゆ)」に筆おろししてもらうお話。

「ねぇねぇ、そこの君? うん、君だよ君っ」
茉優は明るくて可愛い声のお姉さん。
政府が童貞に向けて発行した「甘えたシール」を主人公に貼られたことに気づくと
彼を追いかけ意思を確認してから自宅に招待します。

本作品は近隣の大学に電車で通っているお姉さんが
勇気を出してシールを貼ってくれた顔見知りの少年と70分以上に渡る濃厚なエッチをします。
甘えたシールは性経験が全くない男性を応援するために発行されたもので
それを気になる女性に貼りつければ余程の事情でもない限り相手をしてくれるそうです。

「自分が求めている理想のお姉さんだなんて言って貰えて嬉しいよ よしよし…よしよし」
テーマがおねショタ+筆おろしということで彼女が彼を甘やかすシーンが非常に多く
エッチについても最高のタイミングで射精を迎えられるようにどのプレイも長めの時間を取ってじっくり進めます。
ディーブルストさんは耳かきやマッサージといった癒し系サービスで有名なサークルさんですが
本作品に限って言えば癒しよりもエロをずっと重視した内容になってます。

それを最もわかりやすく物語るのがエッチの構造。
プレイが始まるとセリフの割合が一気に減り、ちゅぱ音・効果音・喘ぎ声といったエッチな音がたっぷり流れます。
もちろん完全に無言になるわけではありませんが、必要最低限の量に抑えてあるのも事実です。
おかげで女性が生み出すエッチな声や音を時間いっぱい楽しむことができます。

「どう?お姉さんのおっぱいまんこ気持ちいい? ほらぁ、谷間の中からおちんぽが出入りしちゃってるよ?」
もうひとつのポイントは彼女の言葉と態度。
下品な淫語をわざと言ったり、口の中に吐き出された精液を舌に乗せて見せつけてから飲み干すなど
普段の清楚なイメージとはやや違う積極的なリードをします。

「キャラとプレイのギャップを意識した筆おろし」とでも言えばいいのでしょうか。
彼氏と別れてご無沙汰な背景もあり、自身の性欲も発散させようと精一杯のサービスをします。

大ボリュームのエッチな音と茉優の優しくて積極的なキャラ。
おねショタの要所を押さえつつ抜きにも配慮した総合力の高い作品です。
甘さと激しさが混在したエッチ
エッチシーンは3パート74分30秒ほど。
プレイはキス、フェラ、玉揉み、パイズリ、乳首責め、クンニ、SEX(騎乗位、正常位)、乳揉みです。
パイズリ、SEXの際に効果音が鳴ります。

「ふふ、これから君にする事はほとんどが初めてだらけなんだよね… うん、大丈夫…シールを貼られたからには優しくしてあげるから」
手を繋ぎながら自宅まで案内し、飲み物を出して主人公の緊張を解きほぐした茉優は
おちんちんがすっかり硬くなってるのを確認してから大人のキスを教えます。

エッチな経験者の彼女が常にリードする形で進めます。
一番最初のTrack2でするのは口を使ったプレイ(約31分)。
ソフト、ディープ両方のキスで気持ちを高めたところでズボンとパンツを脱がし
彼の包茎おちんちんを隅々まで丁寧に舐め尽します。

「おちんちんをこうやって口で気持ち良くしてあげる事をフェラチオって言うんだけど…知らない?」
エッチが始まっても茉優の態度は引き続きあまあま。
ほどんど何も知らない彼にエッチの知識を伝授しながら最初はゆっくり、後になるほど激しく責めます。
そしてフェラの最中は舐める、吸う、啜るといったちゅぱ音でその様子を表現します。

音がメインのプレイなだけあって聴き手が単調さを感じないようバリエーションに富んでます。
具体的には序盤は軽く咥え込んで包皮と亀頭の間に舌を入れて舐める
中盤は「じゅびっ じゅぼじゅぼ」と比較的下品な音をリズミカルに鳴らすピストンフェラ
終盤は金玉を揉みながらハイペースかつノンストップでむしゃぶりつく、といった感じです。

「童貞が実際にされたら途中できっと暴発する」と言えるくらいに結構激しい責めです。
時間も長いですし、射精シーンまで我慢できないと感じる人がそれなりにいるでしょうね。
年上の女性らしい優しさとエッチに対する貪欲さを兼ね備えたプレイと言えます。

続くTrack3は打って変わっておっぱいでのご奉仕(約20分30秒)。
1回射精しても元気いっぱいなおちんちんを見て俄然やる気になった茉優が
彼の腰を膝の上に置き最初はブラをつけたまま、しばらくすると外して責め続けます。

「左右のおっぱいを交互に動かしながら~… むにゅむにゅ、むにゅむにゅ~…♪」
オーソドックスな左右同時に上下させるパイズリはもちろん
左右交互に動かしておちんちんを刺激するプレイも登場するなど
前のパートと同じくひとつのプレイを派生させて臨場感を出してます。

肝心の効果音も「にゅちっと ぴちゅっ」という水分控えめな水音に肉を軽く叩きつける音を交えて
おっぱいが持つ柔らかさやFカップの重量感を上手く表現してます。
元々効果音に定評のあるサークルさんなだけあってエッチに関する音も品質が非常に高いです。
他のパートとエッチな要素をできるだけ被せないように進めてるのも素晴らしいです。

「ほら、見て? ぴろんってあちこちに糸を引いてて、えっちにデコレーションされちゃった…♪」
このパートの抜きどころはやはり終盤の射精とその直後でしょう。
彼の精液をおっぱいで受け止めた後、ドロドロになった谷間を開いて見せつけます。
性欲旺盛な女性だからなのでしょうが男心のくすぐり方が本当に上手です。

そうやって女性の気持ち良さをある程度教えた後、Track4でいよいよ筆おろしに取り掛かります。
軽いクンニでおまんこをほぐしてから前半は騎乗位、後半は正常位で繋がり
今までずっと責め手に回っていた彼女もピストンするたびに艶かしい喘ぎ声をたっぷり漏らします。

「このまま、君に密着した状態でおちんぽ気持ち良くしてあげる ほら、お姉さんと手を繋ご?」
「お姉さんのおまんこに童貞ザーメンいっぱい注いでっ? 熱くて濃厚なのっ、ショタちんぽからどぴゅどぴゅちょうだぁいっ!」

ここでは彼女が抱き着いたり体位を変えるのに合わせて、声の位置や距離がめまぐるしく変化するのがいいですね。
特に密着するシーンは温もりが伝わってくるほど熱っぽい息遣いを至近距離から聴かせてくれます。
童貞、しかも年下のおちんちんに本気で乱れる姿にもグッとくるものがあります。

前の2パートが正統派のおねショタだったのに対し
このパートは二人の立場をある程度対等にしてエロさを出してます。
立場逆転と言うほどではありませんが、一部で女性上位ではなくなるところがちょっと珍しいなと。
彼女の喘ぎ声をできるだけ多く入れるための演出と見ています。

このように、童貞には刺激が強すぎるレベルの熱く濃厚なエッチが繰り広げられてます。
抜き重視のおねショタ作品
女性が生み出すエッチな声や効果音をたっぷり詰め込んだ筆おろしが楽しめる作品です。

茉優は数多くいる女性の中から初めての相手に自分を選んでくれた主人公の期待に応えようと
年上らしい優しさと温かさを感じる声と態度でエッチなご奉仕をします。
経験者の女性が童貞をリードする筆おろしのセオリーを守りつつ
その中にちゅぱ音、吐息、くちゅ音、喘ぎ声といった抜きに役立つ音をふんだんに盛り込みます。

「今日の君とのセックス…二重丸つけてあ・げ・る♪ ふふ、これでもう君は童貞クンを卒業だね」
彼女はエッチに対して確かに積極的ですが淫乱なイメージはそれほどありません。
そう感じる理由は結局のところ彼を喜ばせるために頑張ってるからです。

どのパートもプレイ時間は長めだし責め方も結構ハードです。
でも彼が気持ちよく射精できるように序盤から中盤にかけてはちゃんとセーブしてます。
山場のSEXシーンで好きに責める機会を与えるのも満足してもらいたかったからです。
このへんのバランス感覚も本作品が持つ魅力のひとつだと思います。

エッチは予想してたよりもずっとエロくてびっくりしました。
1回の射精にかける時間が十分過ぎるほど取られていて抜きやすいです。
パイズリとSEXで効果音に明確な違いを出せてるのもディーブルストさんならではです。
普段とスタイルは違ってもサークルさんの持ち味はちゃんと息づいてます。

射精シーンは全部で3回。
くちゅ音とちゅぱ音多め、淫語と喘ぎ声それなりです。

テーマ性と実用性を兼ね備えた作品です。
おねショタや筆おろし好きはもちろん、おかずに使える作品を探してる方にもおすすめします。
おまけはPRボイスとフリートークです。

CV:君野りるるさん
総時間 1:55:07(本編…1:50:07 おまけ…5:00)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は8点。
115分で700円とコスパがいいので+1してあります。

2017年4月11日まで1割引の630円で販売されてます。