VSサドお姉さん~チ○ポ踏みつけられて射精を我慢できれば勝ち~ワンコインプライス

サークル「human chair」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声や態度は穏やかだけど非常にSっ気の強いお姉さんが
ドMな男性と足コキを交えた破滅的なゲームをします。

足コキそのものよりも「どう負けるか」を楽しむ駆け引き重視のプレイが魅力で
物理的な刺激は比較的弱い反面、絶対に負けるとわかってるのに勝負をするスリルや
それによって大事なものを失う快感といった精神的な刺激が強く味わえます。
M男を待ち受ける3つの敗北
お姉さんと足コキゲームをするお話。

「あら 今日もこのバトルに参加者がいるの 不思議ね」
お姉さんは上品で色っぽい声の女性。
女性におちんちんを踏まれたい願望を抱く主人公を興味深そうに眺めると
これから行うエッチなバトルのルールを簡単に説明します。

本作品は女性に大事な部分を踏まれ屈服する快感を味わわせることを目的に
彼女がおよそ15分程度のごくごく短いエッチな勝負を持ちかけます。
彼女の素性や2人の関係といった背景には一切触れずプレイのみを楽しむシンプルな作りです。

今回行うゲームのルールは以下の通り。
・彼女がおちんちんを足で踏みつけ射精したら負け。負けたら彼女の奴隷になる。
・制限時間は特になし。彼女がゲームの終了を宣言するまでいくらでも続く。

「射精したら負けです 制限時間はありません …どう? 理解できた? バトル する?」
一見してすぐわかるように、このゲームにおいて主人公が勝てる可能性はほぼ0です。
つまり無茶苦茶なわけですが、作中で彼女の側からゲームを無理矢理やらせることは一切ありません。
それどころか制限時間がないことを何度も告げた後に彼の意思を改めて確認する優しさを見せます。

ドMが自らの意思で負けることを選択し、その通りになる。
彼女の足コキをどれだけ耐えるかではなく「どのタイミングでどのように負けるか」がキーになるわけです。
負けるまでの過程やその瞬間を楽しむのがメインで足コキはおまけだと思ってください。

実際のところ彼女は足コキをそれほどしません。
「ツンツン」「グリグリ」と言いながら玉ではなく竿のほうを比較的ソフトに踏みつける程度です。
そのうえで予め用意された負け方の中からどれを選ぶか問いかけます。

本レビューでは敢えて伏せますが、このゲームには足コキ射精以外に2つの負け方が存在します。
どちらも通常の敗北よりM度が高く、特に3つめは「破滅」と表現するのがぴったりな結末です。
体よりも心への責めに力を入れてるプレイですから、属性の合う人ならそれなりの興奮が得られるでしょう。
確実に敗北へと追い込まれるスリリングなエッチ
エッチシーンは2パート13分30秒。
プレイは足コキ、言葉責め、オナニーです。
エッチな効果音はありません。

「ふふふ じゃあ踏むね ヒールの先でツンツン」
絶望的なルールを突きつけても怯むどころか期待で勃起する主人公を見て
お姉さんは少し呆れながらそれを受け入れ、ピンク色のハイヒールで優しく踏みつけます。

エッチは終始彼女に責められる形で進みます。
最初の6分間は射精に向けて気分を高めることを目的としたプレイ。
強い痛みを感じさせないレベルでおちんちんを踏みながら
射精した時の様子やその先に待ち構えてる敗北の瞬間をイメージさせて興奮を煽ります。

「ねえ 想像できる? 坊やのチンチンがびゅくびゅくってお漏らしして ピンク色のヒールを白く染めちゃうところ」
「どれがいい? どれも素敵な敗北だよ どれも気持ちいいよ どれも幸せな結末が待ってるよ」

勝ちが確定してるゲームなので最中のお姉さんは至って上機嫌。
彼の欲求をできるだけ満たそうと負ける快感、自分の奴隷になる快感を言葉で膨らませます。
大事な部分を足蹴にされてる快感にはあまり触れてこないので足コキ好きにはやや物足りないでしょうが
ゲーム形式でエッチする展開を考えればこうしたほうが妥当だと私は思います。

そんな彼女の態度が変化するのは後半シーン。
彼のとある反応に機嫌を悪くしたのを受けて、今までとはまるで違う激しい罵声を浴びせかけます。

「ほら!逝けよ!逝っちゃえよ!変態!マゾ!ほら!踏まれながら自分で乳首触れよ。チンポハイヒールで踏みつけられて乳首コリコリして射精しろ!」
普段が穏やかだからこそ、彼女の切り裂くような言葉責めの数々が心と股間に強く響きます。
その後の展開もなかなか破滅的でテーマの「負ける快感」を執拗に盛り上げます。
すべてが終わり、彼女がやや下品な高笑いを上げる姿も非常に印象的でした。

順当に行けば負けるしかない、つまり結末がわかりきってるゲームを
演出によって面白くアレンジし、さらに性的興奮へと繋げてる
のが見事です。
多少背徳的な内容なので心が若干黒く塗られる感覚を抱きながら射精することになるでしょう。
負けっぷりを楽しむ作品
女性にすべてを捧げる快感を追求したドM向けの作品です。

お姉さんはどういうわけか自分との勝負に負けたいと願ってる主人公に
最初はほぼ対等な立場で優しく接し、プレイを通じて徐々にSな部分を露わにします。
ルールは単純明快にして負けに至るまでの過程を重視し
その中でMな人が喜びそうな要素をいくつか盛り込み射精できる環境を整えます。

「このゲームは 坊やがどうやって負けるのか それだけのゲームなの」
このゲームは簡単に言えば彼女に対するご奉仕です。
普通の男性からしてみれば損なことばかりで得るものは何もありません。
でも女性に貢ぎたいとか、おちんちんを足蹴にされたい性癖を持ってる人ならご褒美になります。

ターゲットや目的がはっきりしてるので好きな人ならハマるのではないでしょうか。
価格が100円と非常に安く、内容を理解したうえで聴くならまず損はしません。
現実世界では難しい快楽を提供してくれるところも音声作品らしさがあって良いです。

エッチは3つある負け方をゲームの展開に強く絡めてきます。
ただこの内容ならルートを3つ用意し、聴き手が実際に負け方を選べる形にしたほうがより楽しめたと思います。
結末がひとつだと「あっちの負け方のほうが良かったなぁ」と思う人もいるでしょうから。

あとは肝心のオナニーがおよそ2分しかできないのも残念です。
もう3分くらい時間を延ばして実用性を強化していれば今より充実した負け射精が味わえたのではないかなと。
コンセプトや展開は面白いのだけど改善できそうな部分も見られます。

射精シーンは全部で2回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

足コキよりも女性に屈服する展開で興奮させてくれる作品です。

CV:誠樹ふぁんさん
総時間 16:52

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は6点。
17分で100円とコスパがいいので+1してあります。

2017年5月16日まで半額の50円で販売されてます。