【音フェチボイス】ちょい耳袋-お留守番-【オトラレ15】

サークル「AaronPoint」さんの無料の同人音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、花澤香菜さん似の可愛い声の女の子が
短時間ながらもちょっぴりスリリングな怪談をします。

お話の進行に合わせてリアルな音を鳴らす凝った演出がされており
音質はもちろん、位置や距離にも気を配って主人公が感じている恐怖をリアルに伝えます。
リアルな音で怪談の雰囲気を
女の子が怪談をするお話。

「あなたは信じますか? 今 私が歩いてきた道を」
女の子は明るくて可愛い声の女の子。
自己紹介など前置きにあたる部分はすべて省略し、主人公にちょっぴり恐いお話をします。

本作品は音声作品ではあまり見かけないジャンル「怪談」を
彼女がおよそ10分間に渡って手短に行います。

怪談と言えばお話の恐さもそうですが、話を聞いてる最中に感じるひんやりした空気も魅力です。
その感覚を聴き手にできるだけリアルに味わってもらえるように
全編を通じてシーンの内容に合った効果音がタイミングよく鳴ります。

「あなた 後ろを見てください」
例えば冒頭に彼女がこんなことを言うシーンがありまして
それと同時に後方至近距離から生き物っぽいものが通り過ぎる音がします。
他にも登場人物が歩く音、扉を叩く音など色んな音が登場し雰囲気を盛り上げます。
耳かきやマッサージとは違うタイプのASMR(音フェチ)作品ですね。

怪談はおよそ9分間。
事前にちょっぴり恐い前置きを挟んでから、とある少女に関するお話を始めます。

「雨の降る日 女の子は一人でお留守番していたの」
内容は一人で留守番していた彼女の家に誰かがやって来て色々する、といったもの。
彼女は人見知りのため最初は居留守を決め込むのですが
相手は諦めるどころか後になるほど大胆な行動に出ます。

そしてお話が始まるとバックで雨音が流れ始め
訪問者の行動に合わせて様々な音が絶妙の位置と距離から鳴ります。
特にドアを叩く音は音質もさることながら軽い振動が伝わってきて
現実世界で誰かが実際に叩いてるんじゃないかと思えるほどにリアルです。


訪問者が実際に何をするか、最後にどうなるかは話すとつまらないでしょうから伏せておきます。
お話の恐さは控えめにして、その代わり臨場感でスリルを与える感じですから
怪談がよほど苦手な人でもなければ夢に出てくるほどにはならないと思います。
音を活用した怪談作品
女の子の怪談を目の前で聴いてる感覚が味わいやすい珍しいタイプの作品です。

女の子は聴き手ができるだけ怪談を身近に感じられるように
お話とその内容に適した音を組み合わせて進めます。
効果音を最大の武器としているサークルさんなだけあって音のレベルはどれも高く
聴いてる最中はすぐそばに誰かがいるような軽い寒気を感じます。

「気づいてるかな? ちょっとずつ あなたに近づいてるよ?」
中でも位置や距離といった空間に関する部分が音で見事に表現されてます。
そして音がしっかりしてるからこそ女の子がいちいち説明する必要がなくなり
怪談を盛り上げる「間」を生み出しています。
お話は割とコンパクトにまとめて演出面に力を入れてます。

雰囲気重視の音フェチ系怪談です。
無料ですから興味の湧いた方は是非一度お試しください。

CV:利香さん
総時間 11:20

【音フェチボイス】ちょい耳袋-お留守番-【オトラレ15】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm30379967