【催眠音声】セイレーンの誘惑

サークル「黒月堂」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、優しさと厳しさの両方を併せ持つセイレーンが
男性を自分の住処に案内してからふたつのテーマに沿ったエッチをします。

吐息、くちゅ音、ちゅぱ音といったエッチな音をたっぷり鳴らすエッチが魅力で
ある時は母親のように優しく、またある時は見下したり突き放す態度を取りながら
耳や股間に狙いを絞ってじっくりとことん責め続けます。
水の妖魔が住む世界へ
セイレーンと3種類のエッチをするお話。

「ふふふ。水の世界へようこそ」
セイレーンは穏やかで色っぽい声のお姉さん。
主人公の前に突然現れ自己紹介すると、緊張気味な彼を落ち着けようと催眠をかけ始めます。

本作品は精液大好きな彼女の案内で海底へと向かい
そこでおよそ1時間に渡り濃厚なエッチをする様子を彼の立場で楽しみます。
Six Sensesさんは耳かき音声で有名なサークルさんですが、最近は催眠音声にも挑戦されてます。

全編を通じて言える大きな特徴はバックで流れる環境音。
波の音、海に潜った時に聞こえる泡の弾ける音、水滴の音など
舞台の海に関する様々な音がシーンに応じて多少変化しながら流れ続けます。

音質もクリアかつリアルなものが多く、催眠抜きでもある程度の癒しが得られます。

催眠はおよそ10分間。
仰向けに横になって目を瞑り、まずはお馴染みの深呼吸で心と体を落ち着けます。

「貴方の体から、どんどん力が抜けていくわ。力が抜けてリラックスできると、私の声に集中できるようになるわ」
彼女の呼吸に合わせて3分近く行いますから、環境音の効果も相まって気持ちがスッキリしてきます。
また息を吐くときに合わせてほんの少しだけ暗示も入れてくれます。
人外のイメージとはやや違う、癒しを強く意識した誘導です。

お次は一旦目を開けて天井の一点をしばらく見つめ
瞼を閉じた後はカウントを聞きながら彼女の住む海底へとゆっくり沈みます。

「視界がだんだん、ぼやけてくる。瞼が重くなる。瞼がどんどん重くなる」
「体が海の底へ沈んでいく。ますます体の力が抜けていく」

どちらも催眠音声では割と定番の技法ですね。
ですが深化にあたるシーンにも関わらず彼女が暗示をあまり入れてくれません。
本作品の催眠はたった10分しかありませんから、その中で深化させるには暗示を厚めに入れるのが望ましいです。

軽くリラックスさせてから落とす極めてシンプルな催眠です。
聴き手をセイレーンの住む世界に連れて行くことを目的に
深呼吸から始まって凝視法、カウントを数えながらの暗示とよく見かける技法を繋げて進めます。

こういう誘導をする催眠音声は他にも結構ありますし、流れは別に悪くないと思います。
しかし短時間での深化を考慮したアプローチが特にされてないため
この音声を聴いて一定以上の催眠状態に入れる可能性は低いです。
私も深呼吸と環境音の効果で意識が多少ぼやける程度でした。
正反対の感覚を与えるエッチ
エッチシーンは3パート58分間。
プレイは体を擦りつける、オナニー、耳舐め、手コキ、金玉デコピン、授乳、パイズリ、SEX(体位不明)です。

手コキ、金玉デコピン、パイズリ、SEXの際に効果音が鳴ります。
セルフは有りです。

「まずは快感から、いかが?」
主人公を二人きりになれる場所へ案内したセイレーンは
手始めに大きなおっぱいや太ももを彼の体に擦りつけます。

エッチはどのパートも彼女に責められる形で行います。
一番最初の「全身を擦り合わせながら」パートでするのは比較的ソフトなプレイ(約18分)。
おっぱいで胸や乳首を、太ももでおちんちんを擦り合わせ
しばらく経つとオナニー開始の合図が出てシコシコボイスを言います。

「私が上下に動く度に、貴方のペニスを太ももで擦ってるわ。太もものムチムチしたお肉に挟まれてるご感想は?」
エッチが始まっても彼女の態度は引き続き穏やか。
プレイの様子を聴き手視点で実況しながら「可愛い」など甘やかすセリフを投げかけます。
催眠暗示と呼ぶにはいささか遠まわしな表現ですがイメージしやすく感じるのも事実です。

また最中は彼女が耳元至近距離から熱っぽい吐息を多めに漏らします。
本作品のエッチは全体的にエッチな音をたっぷり流す傾向が強く
このパートは吐息、次はちゅぱ音、最後は効果音や喘ぎ声と種類を切り替えて性的興奮を煽ります。
作りが同人音声のエッチとほぼ同じなので催眠オナニー特有の快感はほとんど味わえませんが
普通にするオナニーのオカズとして聴くなら役立つクオリティを持ってます。

最も長く濃厚なプレイが登場するのは2番目の「耳舐めしながら」パート(約31分)。
左右の耳を片方ずつ交互に舐めるところから始まり、少し経つと手コキを追加、さらには金玉デコピンや授乳など
属性に大きな幅を持たせた責めで射精ギリギリまで追い込みます。
ちなみにこのパート以降は催眠の技術がほとんど使われてません。

「変態は変態らしく、部屋の片隅で毎晩オナニーしていればいいのよ。貴方の汗が私の体に纏わりついて、べたつくのよ」
「お漏らしした子にはお仕置きしなくちゃね。罰として、金玉をデコピンよ」

ここでの彼女は先ほどとは打って変わってきつい態度を取ります。
エッチの冒頭に「快楽と苦痛の両方を味わわせる」と言ったのをそのまま形にしたようなプレイですね。
特に金玉デコピンは時間こそ2分程度しかないものの、専用の効果音が鳴ってかなり痛そうです。
最初はノーマル向け、次はM~ドM向けとパートごとの属性に大きな開きが見られます。

そうやって性感を高めに高めた後、「ご褒美を上げる」パートでようやく射精の瞬間が訪れます。
辛い思いをさせてしまったのを悔いたのか、ここでの彼女は普段のあまあまな態度へと戻り
前半はおっぱい、後半はおまんこを使っておちんちんをたっぷり気持ちよくしてあげます。

「人間のチンポでめちゃくちゃにされるう! しゅごいのお、しゅごいのお。オチンポしゅごいのお」
「ぎゅびっ ずじゅぷっ」といやらしい音をリズミカルに鳴らすパイズリ
ややアヘった喘ぎ声を多く漏らすSEXと、射精の瞬間を飾るに相応しいエロ度の高いプレイが味わえます。
最初のパートで一応射精できますが、ここまで我慢し続けたほうが気持ちよく出せるでしょう。
人外らしさを感じる荒々しい搾精シーンです。

このように、エッチな音を重ねてたっぷり鳴らす抜き重視のプレイが繰り広げられてます。
オカズとしてなら
催眠の機能がほんの少しだけ備わってる抜きボイスです。

セイレーンは主人公からできるだけ良質な精液を大量に搾り取ろうと
誰にも邪魔されない場所に連れて行き、そこで焦らし要素を多めに交えたエッチをします。
ちゅぱ音、効果音、吐息や喘ぎ声などオナニーのオカズに役立つ素材が本当に多く
催眠に入ってるかどうかに関係なく射精したい気分が沸いてきます。
淫語の連呼や言葉責めも多少ありますが、やはり音が一番の抜き要素です。

ですが本作品は催眠音声ですから、的確な技術を使って聴き手を催眠状態に誘導し
その状況を活かしたエッチで楽しませるのが望ましいです。
これまで書いてきたことからもわかるように、残念ながらそういった体験ができる可能性は極めて低いです。

催眠誘導の時間がそもそも短いこと、それを見据えた構造になってないこと
セイレーンのセリフに自分本位なものが多く信頼関係の維持が困難なことなどが挙げられます。
特に最後は催眠の根幹を成す部分ですから、相手が気分よくエッチできるようにリードする必要があります。

「あらあら。オチンチンがぴくぴくしてる。ほら、落ち着きなさい。また金玉デコピンされたいの?」
彼が射精しそうになったのを見て「金玉デコピン食らわすよ」と脅すなどもってのほかです。
何らかの苦痛を与えるにしても、その先に大きな快感があることを教えてあげれば多少はやる気も出ます。
催眠音声を作り始めたばかりだからでしょうが、もっと聴き手のことを考えて製作して欲しかったです。

エッチは催眠の要素がほとんどない代わりに内容は充実してます。
同人音声を製作されてるサークルさんが催眠音声を作るとこうなることが多いです。
「私の息遣いを聞けば聞くほど体が熱くなる」などエッチな音と暗示を組み合わせればより良くなったでしょう。

射精シーンは最高2回(うち1回は任意)。
くちゅ音多め、ちゅぱ音それなり、淫語と喘ぎ声そこそこです。

以上のことから今回は大変厳しい点数とさせていただきました。

CV:かなせさん
総時間 1:20:40(本編…1:16:42 フリートーク…3:58)

オススメ度
■■□□□□□□□□ 2点


体験版はこちらにあります