安眠・囁き・癒しの空間!~裏エステサロン?編~

サークル「DreamLight」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、優しくて世話好きな近所のお姉さんが
主人公に協力してもらう形で様々な耳エステを行います。

バイノーラル録音によるリアルな音を駆使した音フェチ要素の強いサービスが行われており
綿棒を使った泡洗浄、炭酸ミストによるマッサージ、彼女の耳舐め&フェラなど
多種多様な音が耳に心地いい刺激を与えてくれます。
大好きな人と新サービスの練習を
近所のお姉さん「絵美」に耳エステをしてもらうお話。

「…あれ? もしかして うたた寝しちゃってた?」
絵美は明るくて優しい声のお姉さん。
主人公の家で寝ていたところを起こされた彼女が
彼に愛の言葉を言ったりくすぐり合ったりするところから物語は始まります。

本作品はご近所さんで友達以上恋人未満の関係にある彼女が
勤めているエステサロンで導入する予定の新サービスを彼の体を使って行います。
今回のエステのテーマは「耳への癒し」。
それに従い最中は耳のケアや耳責めをするシーンが非常に多くなってます。

エッチな事をするシーンも一応ありますが
総時間88分に対しおよそ27分とボリュームは少なめです。
あくまで癒しがメインの作品と思ってください。

全体を通じて言える大きな特徴は音に特化した作りをしていること。
サービス中は絵美のセリフが一気に減り、その代わりにリアルかつ多彩な音が耳を楽しませてくれます。
サービスそのものや演出にもちょっとした工夫がされてるおかげで
一般的な耳かき音声よりも実際にお世話されてる感覚が得やすいです。

「ねぇねぇ 好きだよ ずっとずっと あなたの事が好き」
耳エステをしてくれる絵美のキャラもとってもあまあま。
彼女は彼に異性としての強い魅力を感じており、店員ではなく一人の女性として常に接します。
「好き」とストレートに好意を伝えてくるシーンが多く、その飾らない態度も心を潤します。
実際の会話に近い柚木朱莉さんのナチュラルな演技も彼女の魅力を引き立てています。

音重視なんだけどキャラも結構立ってる不思議な作品です。
雰囲気がいいので最中は眠気や満たされた気分に浸りながら聴けます。
刺激的な音を交えた癒しのサービス
ここからは各サービスについて説明します。

一番最初に登場するのは泡洗浄&綿棒での耳かき。
ベッドに横になり、膝枕ではなく普通の枕に頭を置いた状態で
右耳→左耳の順に洗浄用の泡を耳の穴の入り口にかけ、そのまま綿棒で綺麗にします。
泡を数回継ぎ足しその都度綿棒で落とした後、最後に息を吹きかけタオルで水分を取ります。

綿棒は「くしゅっ ぎゅぎゅっ」と若干湿り気を帯びた柔らかい布の音が使われており
耳の壁をなぞるようにゆっくり優しく動きます。
耳かきを始める時に綿棒を容器から取り出す音も入ってましたから実際に録音されたのでしょう。
音質・動き共にかなり高いクオリティを持ってます。

このパートで最も面白いのが音質の変化。
彼女が泡を耳に乗せると途端に声や音が篭り、しばらく掃除するとクリアに聞こえるようになります。
耳の穴を泡に塞がれる感覚を音だけで表現してるわけです。

これが前項で書いた「ちょっとした工夫」のひとつです。
ただでさえリアルなサービスのレベルをさらに押し上げるのに役立っています。
泡を数回継ぎ足してるのも前後の音の違いを実感してもらいたかったからだと思います。

次のサービスは炭酸ミストを使ったマッサージ。
ドラッグストアなどで売ってるものを彼女が手に噴射し、左耳→右耳→両耳の順に揉み解します。

彼女の手が近づいてくるのに合わせて炭酸の爽やかな音が鳴り
マッサージをするとそれが上下にスライドし、30秒くらい経つと普通の摩擦音へと戻ります。
音そのものが刺激的なのに加えリアルタイムで変化するところが実に素晴らしいです。
前のパートと同じく炭酸ミストを数回かけなおして何度も聞かせてくれます。

「両耳 シュワシュワパチパチだよ? じゃいくね」
特にパート終盤に登場する両耳同時のマッサージは
両側から別々の炭酸音が鳴り響く不思議なひと時が味わえます。
炭酸水を使ったサービスがここ最近の癒し系作品で流行ってますが
それらよりも湿気が低くクリアな音が楽しめます。
口が生み出す音を中心に据えたエッチ
エッチシーンは2パート27分ほど。
プレイは耳舐め、キス、フェラです。
エッチな効果音はありません。

「これ 食べても害はないみたいだから 舐めてもいい?」
耳エステが一通り終わり、残りは炭酸ミストを拭き取るだけになった時
絵美は主人公に確認した上でお口を使って綺麗にし始めます。

エッチはどちらのパートも彼女にご奉仕される形で進みます。
最初のパートでするのは耳舐め。
右耳から左耳にかけて舌と唇を丁寧に動かし汚れを隅々まで落とします。

「こうして すっごく近い距離でいれるの すっごい幸せ」
新サービスの実験が無事終わってホッとしたのか
ここからは彼女が好意を素直に伝えるセリフを多少投げかけるようになります。
耳舐め音自体は水分・ペースいずれも標準レベルでそこまでエロさは感じません。
次のパートに向けて準備を整える意味合いが強いです。

本格的なエッチが登場する唯一のパートが最後の「裏エステサロン?」。
エステからは完全に脱線し、濃厚なキスや激しいフェラで気持ちいい射精へと導きます。
エッチでも音に焦点を当てたプレイをするあたりがこの作品らしいですね。

「好き あなたの…おちんちんも」
キスの際に鳴るゆっくり、ねっとり舌と唇を絡み合わせる音や
フェラの開始直後から流れるハイペースでむしゃぶりつく音など
前のパートとは打って変わってエロさを意識したちゅぱ音が多いです。

特におちんちんを咥え込んだ後に鳴る「ぎゅぼっ じゅびゅっ」という荒々しいピストンフェラは
彼女の彼に対する想いの強さがよく表れていてすごく印象的でした。
合間に軽めのバキュームも挟んで着実に射精へと追い込みます。
彼女のキャラを崩さないレベルでエロさを持たせたプレイをしています。

このように、女性が生み出すエッチな音を前面に押し出したプレイが繰り広げられています。
癒し重視の良作
エロよりも癒しのパワーの方がずっと強い音フェチ作品です。

絵美は自分が考案した耳エステをより確かな形にするため、そして愛する主人公を癒すために
45分近くに渡るきめ細かな耳へのケアを行います。
耳かきやマッサージといった癒し系作品ではお馴染みのサービスに独自の要素を加え
その一部始終をほぼ音だけで表現し癒しを与えます。

このところ音フェチ向け作品が俄かに増えてきているのですが
その多くが単一の音をパートごとに切り替えて鳴らします。
それに対し本作品は綿棒+泡洗浄、炭酸ミスト+指の摩擦音といったように
複数の音を組み合わせ、両者の割合をシーンごとに変化させる形でサービスを作り上げています。

やってることはほんの僅かな工夫なんです。
でもそれがあるのと無いのとでは聴いた時の印象や得られる感動が随分と変わります。
音の良さに決して甘えず、聴き手を楽しませる遊び心を持ってるところが素晴らしいです。

エッチについてはサークルさんの他作品と同じくソフトです。
ですがテーマの音フェチにちゃんと沿ったプレイをしてますし
最終パートは2人の仲の良さが伝わってくる雰囲気のいいエッチが楽しめます。
精神的な充足感を味わいながら抜くことを想定しています。

射精シーンは最後に1回。
ちゅぱ音それなり、淫語ごく僅か、喘ぎ声はありません。

耳や心に癒しと心地いい刺激をもたらす作品です。
音に力を入れた作品が好きな人、女性の優しさに飢えてる人には特におすすめします。

CV:柚木朱莉さん
総時間 1:28:44

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2016年8月中旬まで200円引きの600円で販売されてます。