緊急射精病棟24時

サークル「JON」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、優しくて甘やかし上手な女医さんが
様々な性の悩みを抱えてやって来た男性たちにエッチなご奉仕をします。

疲れた患者の欲望を満たしつつ元気も与える癒し特化のプレイが繰り広げられており
おちんちんをゆっくり責めながら軽く羞恥を感じる言葉責めをしたり
おっぱいを吸わせながら甘やかす言葉を投げるなど、心身をバランスよく責めて気持ちいい射精へと導きます。
男性たちを24時間しっかりサポート
女医の広瀬さんが3人の男性に性的な治療を施すお話。

「はい どうなさいましたか?」
広瀬さんは素朴で穏やかな声のお姉さん。
とある現代病に冒され、緊急射精病棟に運ばれて来た患者に声をかけると
彼の病状を確認しすぐさまエッチな処置を施します。

本作品は仕事や生活でストレスを抱え、性欲を満足に発散できずにいた結果運ばれてきた男性たちに
彼女が軽い診察をしてからエッチの相手をする様子が描かれています。
およそ60分ある3つのエッチシーンをほぼ均等な時間に分け
耳舐め手コキ、授乳手コキ、フェラとパートごとに異なる濃厚なプレイを行います。

本作品が持つ最大の魅力は癒し成分の強さ
彼女は欲求不満に苦しんでる彼らが最もいい状態で射精を迎えられるように
おちんちんの全体から細かな部位に至るまでゆっくりじっくり刺激します。

「気持ちいいですか? よかった」
あまり親密でない関係からくる事務的感がまったくなく
近所のお姉さんや母親にお世話されてるような幸せな気分が終始味わえます。
体に過度な負担をかけないよう気遣いながら責めてくれる点も実に良いです。
秋葉よいこさんの癒しのオーラに満ちた声や態度もその効果をさらに高めてます。

もう一つのポイントは声や音の品質の高さ
全編バイノーラル録音を採用し、最中は彼女が状況に応じて声の位置や距離を小まめに切り替えます。
さらに手コキ音やフェラのちゅぱ音も変化に富んだ生々しい音を鳴らします。

JONさんは以前からバイノーラル録音による抜きボイスや耳かき音声を作られてるサークルさんですが
現在の環境に比べてノイズが多く、品質面で一歩劣るところがありました。
それが今作では大幅に改善し、他のバイノーラル作品と同じ感覚で聴けるようになってます。
結果的に元々の持ち味だった音のリアルさや動きの良さも引き立っています。

大人の女性がリアルな声と音で親身になってお世話してくれる。
性的欲求はもちろん、精神的な幸福感や充実感も得られるバランスの取れた作品です。
相手の嗜好に合わせたあまあまなエッチ
エッチシーンはほぼ全編にあたる3パート62分間。
プレイは手コキ、耳舐め、玉揉み、授乳手コキ、フェラです。
手コキと玉揉みの際にとてもリアルな効果音が鳴ります。

「大きいおちんぽですね ローションをつけてから シコシコしていきますね」
患者と軽い会話を交わし、彼がすぐにでも射精したがってるのを確認すると
広瀬さんは早速ズボンとパンツを下ろし、おちんちん全体にローションをゆっくり塗り始めます。

エッチはパートごとに違う男性を彼女がひたすらお世話します。
一番最初の「すぐにヌきたい患者さま」パートで行うのは耳舐め手コキ。
竿、裏筋、カリ、タマタマなど重要な部位にローションをしっかり塗り込み
それから左右の耳を舐めつつおちんちんを優しく刺激します。

本作品のエッチは手コキ音のクオリティが極めて高く
「にゅちゅっ ちゅぴっ」という粘性高めの水音が責める部位によって微妙に違うだけでなく
本格的な手コキが始まるとペースや手の動かし方もそれこそ数秒単位で変化します。

多くの作品で見られるループ音とはまったくの別物です。
サークルさんがプレイに合わせて実際に手を動かして録音されたのではないでしょうか。
しかもプレイが始まったらほぼずっと鳴らし続けるので雰囲気も結構エロいです。
作品の持ち味である「音の良さ」を活かしたリアルな責めを聞かせてくれます。

対する耳舐めについてはちゅぱちゅぱと唇で軽く吸ったり舌をゆっくり動かすソフトなものです。
耳かきなどの癒し系作品で行われる耳舐め音に近く、エロさがかなり弱く感じました。
ひとつひとつの音を鳴らす間隔が長いのもあります。
手コキがメインで耳舐めはおまけに近い位置づけと思ってください。

「自分でもおちんぽ触れるのに もういい歳なのに こうやって人にシコシコしてもらっちゃって 恥ずかしいな うふふっ」
「ぷりぷりして 健康なザーメンですね」

最中の広瀬さんは耳を舐めながらプレイの様子を実況したり
Mな人が喜びそうな言葉責めを優しい口調で時折ぶつけます。
患者を貶めるのではなく、気持ちよく射精を迎えてもらうためのサービスです。
そして事後はたっぷり出た精液を満足げに見つめ後処理に取り掛かります。

ちなみに彼女はすべてのパートで精液をティッシュで拭き取ります。
舐めたり飲んだりしないのは多少の距離感を持たせたかったからでしょう。

2番目の「深刻な癒し不足の患者さま」パートで行うプレイは授乳手コキ。
診察の結果患者が精神的に相当参ってると判断した広瀬さんが
自ら服をはだけて乳首を吸わせ、おちんちんが勃起してきたところで手コキを追加します。

「よしよし いい子ですね 今日も一日 お疲れさまです よく頑張りましたね」
「おちんちん かたーくなっちゃったね ほら 触っちゃうよー?」

プレイだけを見ると前のパートと被ってる部分があるのですが
最中の彼女のセリフが実の子供に語りかけるような柔らかいものばかりですごく癒されます。
赤ちゃん言葉は言ってくれませんのでイメージプレイに近い内容ですね。

手コキについても最初は意識してゆっくりペースにし
合間に玉揉みを交えつつ少しずつ速度を上げていきます。
3つのパートの中で癒しのパワーが最も強いおかげもあり、射精後の余韻も長く楽しめました。
事後に優しい言葉をかけて寝かしつけてくれるなど至れり尽くせりです。

最後の「フェラチオ不足の患者さま」パートは名前の通りフェラがメイン。
前半は亀頭や裏筋など感じる部位に的を絞って、後半はおちんちんを咥え込み口全体で責めます。

プレイ時間が20分近くあるのを利用しここも緩めのペースで舐めるシーンが多いです。
他の2パートに比べてセリフが少ないですし、もう少し激しくしたほうが抜きやすいように思えます。
せっかく口で受け止めてくれたのに精液を飲む描写が無いのも残念です。

このように、パートごとにスタイルの異なる甘くリアルなエッチが繰り広げられています。
充実した射精を提供してくれる作品
いい気分に浸りながら抜ける使い勝手のいい作品です。

多くの男性たちに癒しと性的な充足感を与え続けている優しい女医さんが
相手の求めてるものを瞬時に理解し、それに合わせたスタイルで癒し特化のエッチをします。
大事な部分を女性が心を込めてお世話してくれる幸せなシチュ
体にできるだけ負担をかけないよう気遣った緩く長い責め、広瀬さん自身のキャラなど
音声を聴いた男性が安らぎ、喜び、満たされる要素をいくつも持ってます。

「いっぱい吸っていいからね」
個人的に最も印象的だったのが事後のやり取りもしっかり描いてることです。
例えば2番目のパートでは射精後もなかなかおっぱいから離れない患者を見て
彼女が嫌な顔ひとつせず好きにさせて寝かしつけてあげます。

音声作品は射精させたら「はい、おしまい」みたいなものが割と多いので
余韻に浸る時間を大事にしてくれてる点はすごく良いです。
といっても各パート2分程度ですからそこまで長いわけではありません。

プレイについてはちゅぱ音やくちゅ音といったエッチな音をできるだけ多く鳴らしてます。
時間に対する実況のセリフが少ないのも音だけで伝わると判断されたからでしょう。
実際のところ特に手コキはどんな風にしごいてるかが直感的に掴めます。
体験版にも少しだけ入ってますので手コキ音は是非聴いてみてください。

射精シーンは全部で3回。
くちゅ音多め、ちゅぱ音それなり、淫語そこそこ、喘ぎ声はありません。

女性の愛に包まれながら気持ちよくなれる作品です。
現実世界に疲れてる方、リアルな音を使ったエッチを聴きたい方には特におすすめします。

CV:秋葉よいこさん
総時間 1:09:07(本編…1:07:31 NG集…1:36)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は8点。
69分400円とコスパがいいので+1してあります。