生田薫の囁き声で「シコシコ」ってたくさん言われて、ちょっぴり苛められて射精したい!~ワンコインプライス~

サークル「human chair」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、音声作品やAVGに多数出演されてる声優の生田薫さんが
左右から個別に、あるいは同時に囁きかけてオナニーをサポートします。

囁き声によるシコシコボイスと言葉責めが最大の魅力で
彼女は左右でキャラを若干変えながらある時は優しく、またある時はちょっぴり厳しく接し
その合間に変化に富んだ「シコシコ」の掛け声を投げかけて少しずつ射精感を高めてくれます。
囁き声でバッチリリード
生田薫さんが密着しながらオナサポするお話。

「今から あなたの耳元で シコシコって囁いてあげるね」
生田さんは穏やかな声のお姉さん。
自己紹介など前置きにあたる部分はすべて省略し
早速シコシコボイスを使って主人公を射精へ導き始めます。

本作品は右耳、左耳、両耳の3パートに分かれており
どれもシコシコボイスでオナニーのペースを指示したり、ややM向けの言葉責めをしてくれます。
各パートの時間は15分程度と手頃な長さです。

右耳と左耳のテーマは同じですが彼女のキャラやプレイの流れが若干異なり
それぞれを別のプレイとして楽しむことができます。
そして両耳は左右の声が同時に流れます。

「あなたは命令されることでしかオナニーできない 変態さん」
このプレイ最大の特徴は全編囁き声なこと。
音声開始1秒の段階から耳元至近距離に寄り添い穏やかな口調で語りかけてきます。
最中に「変態」と言ったりちょっぴり意地悪をしてくるシーンがあるものの
囁き声のおかげでM度がかなり抑えられており、彼女からのご褒美の色が強いです。

もうひとつの特徴はシコシコボイスと言葉責めのバランスの良さ
シコシコボイスをひたすら言い続けるのではなく、30秒~1分程度の間隔で状況に応じたセリフを言ってくれます。

タイトルから連想されるイメージよりもシコシコボイスのボリュームは意外に少なく
分量は言葉責めと同じくらいといったところです。
シコシコボイスに完全に合わせてしごくのではなく、大まかなペースを示してくれる感じです。
淫語をそこまで言ってくれないのを考えると画像とセットで使ったほうが効果的かなと。
15分間ずっとしごき続けますから時間内の射精は普通に可能です。
優しい生田さんと意地悪な生田さん
エッチシーンは3パート30分間(両耳は右耳、左耳と内容が重複してるので引いてあります)。
プレイはオナニーのみです。
エッチな効果音はありません。

「耳元で シコシコって囁かれてるだけで エッチな気分になってきちゃった?」
主人公の耳元でシコシコボイスを言い始め、彼がオナニーしたそうなのを確認すると
生田さんは優しい口調で掛け声の通りにおちんちんをしごくように言います。

エッチは終始彼女に言われた通りに手を動かしてオナニーを楽しみます。
最初の右耳バージョンは近所の優しいお姉さんキャラでのオナサポ。
シコシコボイスのペースを全体的に緩く設定し、その分変化をつけながら前半は言葉責めとバランスよく
後半はシコシコボイスの分量を増やしペースを若干速めて射精しやすい環境を整えます。

「シコシコシコシコ シコシコ しーこしーこ しーこしーこ シコシコシコシコ」
本作品のシコシコボイスは一定のペースをだらだら続けるタイプではなく
2~8回ごとにペースが切り替わる緩急のあるリードになっています。

前項でも書きましたが合間合間に言葉責めを挟んでくるため言う通りにしごくのはちょっと難しいです。
ですから彼女の指定したペースに近い速さや強さでしごくように進めるのがやりやすいと思います。
「言われた通りにしごかなきゃ」と思うとかえって射精しにくくなりますからね。

「シコシコすると とっても気持ちいいね あなたの右手と あなたのおちんちん とっても仲良しだね」
「イっちゃっていいよ もう どぴゅどぴゅって イっちゃっていいよ」

言葉責めについては甘やかしを意識したものが多いです。
オナニーしたくなったらすぐさせてくれますし、もっとシコシコ言って欲しいと言われたらすぐにそうしてあげます。
終盤の射精もより気持ちよく出せるように軽く我慢させてから合図を出します。

囁き声=彼女に密着されてるシチュもあり、開始3分にはすっかり勃起してました。
オナニーも継続的にゆっくりしごかせてくれるので結構気持ちよくなれます。
ですが射精の直後に音声がすぐ終わってしまうところだけは残念です。
事後の余韻に浸る間もなく次のパートが始まってしまいます。

「(シコシコボイス)言って欲しい? お願いしますは?」
「シコシコって囁かれながら 右手 おちんちんに持っていって おちんちんシコシコするの」

対する左耳バージョンはややMをメインターゲットにしたオナサポ。
音声開始時にはこちらのおねだりを要求し、開始後も軽く指示を出してオナニーを制御します。
右耳に比べて全体的に彼女の語気が強く、シコシコボイスのペースも速いです。

ただし、彼女が女王様っぽい態度を見せるのはパートの前半だけです。
後半にさしかかると彼にもっと焦らしてほしいと言われてその通りにしたり
オナニーのペースに大きな落差をつけて射精感をより高めてあげます。
Mな主人公の願いを叶えてあげる感じのリードです。

最後の両耳バージョンは右耳と左耳の音声が同時に流れます。
編集が特にされてないため左右のコンビネーションはまったく取れてません。
開始のタイミングやおちんちんをしごくペース・強さがバラバラです。
ただし射精の瞬間だけはきっちり揃ってます。
オカズとして使うのは左右片方ずつまでで、両耳は囁き声を楽しむ目的で聴くのがいいでしょう。

このように、囁き声によるシコシコボイスと言葉責めを軸にしたややM向けのエッチが繰り広げられています。
コンパクトなオナサポ作品
気軽に、手軽に抜くことを目指したシンプルな作品です。

生田さんはMっ気のある主人公が時間内に興奮し射精を迎えられるように
音声の最初から密着し囁き声でオナニーをリードします。
オナサポは音声作品におけるメジャージャンルのひとつになってますが
最初から最後までずっと囁き声で行うものは他に聴いたことがありません。
目まぐるしく変化するシコシコボイスも含めて個性が見られます。

そして右耳と左耳でプレイスタイルを若干切り替えてます。
アドリブを交えた演技ということでキャラ・セリフ・プレイの流れに明確な違いを持たせ
シコシコボイスの平均ペースも右は緩く、左は速めにと異なる部分があります。
特に左は序盤結構ハイペースだったのが中盤あたりになるとゆっくりになり
終盤に入ったところで元に戻るといった変則的なプレイスタイルを採ってます。

もうひとつの両耳は左右に比べるとオマケの色が強いです。
human chairさんは他でも似た構成の作品をリリースされてますし
個別のプレイはしっかりしてるので特に問題は感じません。
2人の女性から別々に話しかけられるシチュも十分に魅力的です。

射精シーンは全部で3回。
淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

タイトル通りのプレイが楽しめる実用性重視のオナサポ作品です。
価格がたったの100円ですから興味を持った方は是非お試しください。

CV:生田薫さん
総時間 30:48(右耳15:24 左耳15:24 両耳15:24)

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2016年09月12日まで半額の50円で販売されてます。
その場合の点数は8点です。