黒子ごっこさんで公開されている無料の催眠音声作品。

今回紹介する作品は、色っぽいお姉さんの催眠で声に反応する操り人形に変えられた後
それを使って性感を高め、絶頂する催眠音声らしいエッチを楽しみます。

6名の製作者が1つのシナリオを協力して作り上げているのが大きな特徴で
統一されたテーマ性を持ちつつ所々で作者さんらしいアプローチがされています。
現在のところ男女合わせて6名の読み手さんが音声化されてますから
好きなバージョンを聴くのはもちろん、他のバージョンと聴き比べてみるのもいいでしょう。

今回はるのあさんのバージョンを聴いてのレビューをお送りします。
声に反応しやすい心と体へ
お姉さんに人形化の催眠をかけられ、声だけで何度もイカされるお話。

「あなたは「催眠術」に興味はありますか?」
お姉さんは色っぽく落ち着いた声の女性。
自己紹介など前置きにあたる部分はすべて省略し
日常生活に潜んでいる催眠っぽい体験に関するお話を始めます。

本作品はkuroko.さんという催眠音声の製作者さんがtwitter上で主催し
それに賛同した他の製作者さんとリレーをする形でひとつのシナリオを作り
後日何名かの読み手さんが音声化されました。
今回参加された製作者さんは以下の通りです(敬称略)。

Yanh(Hypnotic_Yanh)、tareme(F・A・S)、あのん(Tuberose kiss
MarKuS(.␣(Dot-Space))、蓮れい(Lotophagos)、kuroko.(ftnr×kuroko.ぷろじぇくと

作者名の横にあるリンク先を見ていただければわかるように
男性向け、女性向けの両方で活躍されている方ばかりです。
催眠音声は1~2名程度の少数でシナリオを書くケースがほとんどなだけに
ここまで多くの方々が協力して催眠音声を作るという試み自体が非常に珍しいです。

催眠はおよそ12分30秒間。
最初は我々が日常的に体験している催眠の感覚を彼女が具体的に説明し
それをイメージしながら声に耳を傾けリラックスします。

催眠と聞くと自分とは縁遠いものに感じる人もいるでしょうが
実は人間なら誰もが毎日のようにそれに近い体験をしています。
よく例に挙げられるのが楽しいことをしていると時間があっという間に過ぎ去ってしまう感覚です。

「うーん そうですねー では高速道路で運転している時 同じ景色ばかり見てボーっとしちゃったこととか…無いですか?」
彼女もわかりやすい例を用いて催眠が身近なものであることを教えてくれます。
催眠慣れしている人ならこれだけでも軽くボーっとするでしょうね。

「今からほんの少しの間だけでいいから 私の言葉に耳を傾けて 集中して下さい」
また彼女はお話をしながら適度に自分の声に集中するよう呼びかけます。
ヘッドホンあるいはイヤホンをつけて聴いていれば声は自然と耳に入ってきますから
無理に意識しなくても音声を聴いていれば勝手にそうなります。
ですからあまり身構えずリラックスして聴くのがいいでしょう。

声を聴く心の準備が整ったところで彼女は体が温かくなる、あるいは力が抜ける暗示を入れ
こちらをさらに深い催眠状態へと導きます。

「そう 私の声があなたの耳に入って鼓動を揺らすたびに そのエネルギーは優しい熱へと変わり あなたを温める」
「私の声があなたの全てを上書きしていく そう あなたは私のお人形 私が全て塗りつぶしちゃったから」

最初は単なるコミュニケーションの手段と思っていた声に対して
聴いていると妙に気分がいいとか、心地よく感じる人がきっといるはずです。
彼女もそう感じてもらえるように声に関連付けながら暗示を入れています。
そうやって声に反応しやすい心と体に作り変えてくれるわけです。

声への集中力を高め、それ維持しつつ上手に暗示を入れるシンプルな催眠です。
聴き手を声に操られる人形にすることを目的に
まずは軽いお話で催眠への疑念を解くと同時に両者の信頼関係を構築し
声への興味を引きながらよりリラックスできる言葉を投げかけます。

時間が短いのでどちらかといえば経験者向けの催眠だと思います。
しかし序盤の心の掴み方や中盤以降の暗示の入れ方はかなりの大衆性があります。

何より面白いのが複数の製作者さんが共同でシナリオを書いてるのにもかかわらず
聴いててそこまで大きな違和感がないことです。
言い回しに多少の違いはあっても催眠の流れや使用している素材は統一されています。
製作時間もかなり短かったようですし、そういったハンデを考えれば十分な完成度を誇ると言えます。
自分の行為に羞恥を感じながら
エッチシーンは20分ほど。
プレイは声による絶頂、記念撮影です。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

「ほうら どんどん快感が込み上げてきますね じくじくとした黒い快感が とめどなく湧き出てきますね」
催眠を使って主人公を自分の声の虜にしたお姉さんは
引き続きそれを使って感度を高め、射精とは違うオーガズムへと導きます。

エッチは肉体的な刺激を一切与えず暗示やイメージだけで気持ちを高めます。
先ほどの催眠で育ててきた声に対する印象を活用したプレイをしてますから
うまく催眠に入っていれば自然に体が熱くなり、股間がムズムズする感覚が湧いてくるでしょう。

「今の自分 アヘ顔人形の姿を もっと鮮明にイメージして そうすれば ほら ますます気持ちよくなる」
「アヘ顔ダブルピース? 本当に無様 本当にふしだら 本当にみっともないね そう そうすることで あなたの快感はますます強くなっていく」

もうひとつの大きな特徴はこちらが羞恥を感じるポーズを取らせ
それによって性的興奮を促してくれること。
彼女は途中でアヘ顔になったり、股を開いてダブルピースをする指示を出します。

Mな人なら実際にやってみるといい感じに興奮できるのではないでしょうか。
催眠とは打って変わったやや変態的なプレイが繰り広げられています。

「0! 0! 0! 甘い快感が電流のように体を駆け抜けて あなたはイく! …もう頭の中は真っ白 意識の全てが漂白されて何もわからない」
終盤の絶頂シーンも3回続けて行うややハードなものです。
1回ごとに別の製作者さんが担当されていることもあり
それぞれで多少違う快感が味わえるかもしれません。
私個人は一番最初が最も強く大きな快感を得られました。

このように、それなりのM性を持った催眠音声らしいプレイが楽しめます。
声の力を活かした作品
声に対するイメージを軸に据えた比較的オーソドックスな作品ではありますが
ところどころで製作者さんたちの持ち味が垣間見える面白い部分も持っています。

お姉さんは主人公が声だけで気持ちよくなれるように
最初から声への興味を引き、それに関連付けながら様々な暗示を入れます。
そしてエッチも声で性的興奮を高め、絶頂へと追い込みます。
6名の作者さんが思い思いに作られたとは思えないほどテーマ性がしっかりしています。
私はこの部分に最も感銘を受けました。

そして細かな言い回しやエッチのプレイ内容に個性が見られます。
アヘ顔ダブルピースはその最もわかりやすい例です。
ただし、いきなりそれを持ってくるのではなく前後の調整もしたうえで行っています。
どの作者さんも聴き手に違和感を与えないよう気をつけながらシナリオを書かれています。
作風は違っても根幹的な部分は皆さん同じなんだなってすごく思いました。

エッチは引き続き声でイカせる流れにスパイスとして多少の変態要素を加えています。
絶頂シーンは全部で3回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

同人活動をそのまま具現化したような極めて個性的なスタイルの作品です。
興味を持った方は男女を問わずお試しください。

CV:るのあさん、三森愛乃さん、綾坂めろさん、ftnrさん、豆腐屋ジョニーさん、想さん
総時間 41:12(読み手さんによって多少前後します)

黒子ごっこ
http://kur0k0kk0.blog.fc2.com/blog-entry-75.html